日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第389回「タイムマネジメント」

Released: 2022.06.17

第389回目のポッドキャストのテーマは「タイムマネジメント」です。皆さんはどのように時間を管理していますか?今日の会話では、ケリーとキーシャが、どうやって時間を管理しているのかについて話します。時間管理に関して、ケリーはすごく得意な部分と、すごく苦手な部分があると話します。一体どういうことなのか、今日の会話を聞いて考えましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「タイムマネジメント」

【Kesha】So Kelly, how would you say that you manage your time?

【Kelly】I kind of hate this question because it’s going to sound really bad when I answer. I am amazing at time management and also terrible…time management, at the same time.
I’m the type of person where I’ve always done extra freelancing and had, like side jobs and things like that. Like editing or teaching or proofreading, translating, voice-over stuff. So I’ve always kind of had a lot of jobs at once. And that means that I’m very good at pulling all-nighters. I’m very good at working while I’m at work. I’m very good at not taking days off.
But then within that I feel like sometimes your brain just gets so tired that you’re not being productive and you’re not being efficient. So you’re working but you’re not really working well. So I’m just used to just doing the job until it’s done.
I can’t do those—I think it’s the Pomodoro Technique or something like that, where you, like set a timer and you work for 50 minutes and then you take a 10-minute break. And then 50, and then 10, and then, like a 30-minute break. And it’s supposed to help your efficiency and your productivity and there’s even apps and stuff for it. And I just can’t do it. I’m the type of person where I work until my brain is like, “I need a break!”

【Kesha】Mm hm.

【Kelly】And then I have to, like get up. And I might get up for 5 minutes. Get a cup of coffee. I might get up for two hours, take a nap, and watch TV. I might work for 4 hours straight with no break. I might work for 5 minutes and be like, “I’m done.”
It’s…it’s a good system because I’m flexible but it’s also a really bad system. And I’m also one of those people that works really well under pressure. So in college, I was definitely a procrastinator because I would write, like 3-page papers in about 30 minutes and they’d be awesome.

【Kesha】(laughs)

【Kelly】If I tried to start it the week before, like I could just never concentrate even if I was like—I would go to the library, into a private room, and just sit there and be like, “I just…I don’t…I’m not feeling it.” So I really…it’s good and it’s bad. I’m really good at time management and I also suck at time management. It’s not…it’s not an amazing answer.

Questions of the day(今日の質問)

  1. What types of freelance jobs does Kelly mention she has had over the course of her career?
    ケリーはこれまでのキャリアで、どのようなフリーランスの仕事をしてきましたか?
  2. What time management technique does Kelly mention in this episode that she is bad at practicing?
    このエピソードで、ケリーはどのような時間管理術が苦手と感じていると話しましたか?
  3. What kind of student/worker was Kelly during her college years?
    ケリーは大学時代はどのように課題をこなす生徒でしたか?

 

Answers(解答)

  1. She has had freelance jobs as an editor, proofreader, translator, teacher, and even jobs doing voice-overs.
    彼女は副業として、編集者、校正者、翻訳者、さらに講師やナレーターまでしていました。
  2. She says she has trouble practicing the Pomodoro Technique.
    彼女はポモドーロ・テクニックが苦手だと話しました。
  3. Kelly says that when it came to schoolwork, she was a procrastinator.
    ケリーは学業になるとついつい先延ばししてしまう性格でした。

 

Summary(要約)

Kelly talks about how she manages her time in this episode. She believes in some cases she is great at time management and in others she manages her time poorly.
今回のエピソードで、ケリーは時間の管理の仕方について話します。彼女は時間管理が得意な場合もあれば、苦手な場合もあると話します。

Throughout her professional life, Kelly has had numerous freelance jobs alongside her main job. These jobs have included voice-over work, teaching, proofreading, editing, and translating. She believes having these jobs taught her how to manage her time.
ケリーは今までのキャリアで、本業以外にも色々なフリーランスの仕事をしていました。ナレーションや講師、文章の校正、翻訳などといった仕事を経験しました。これらの仕事を通して、時間管理法が身についたと彼女は話します。

Kelly’s approach to work is to simply work until a job is done, rather than stop and start with breaks. She describes the Pomodoro Technique, a time management system involving timed work and break sessions, that she feels she can’t put to good use.
ケリーは普段、休憩をはさみながら仕事をするより、仕事が終わるまで作業をし続けるタイプです。彼女は時間を決めて作業をしたり、休憩を取ったりする「ポモドーロテクニック」をうまく活用できないと感じています。

When Kelly was in college, she was often a procrastinator. She could perform very well under last-minute pressure, often producing her best work with looming deadlines.
大学時代、ケリーは物事を先延ばしにしがちでした。彼女は締め切りギリギリのプレッシャーの中で本領を発揮できると感じています。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Side job(副業)

side jobは「副業」を意味する表現で、本業以外の仕事を表します。例えば、「私は副業をしています」は“I have a side job.”と言います。「副業で〜しています」と言いたい場合、“~ on the side”という言い方がよく使われ、例えば「私は副業で英語を教えています」は“I teach English on the side.”のように表します。

  • I had many side jobs in my twenties.
    (20代は副業をすることが多かったです)
  • How many side jobs do you have?
    (副業をいくつ掛け持ちしているんですか?)
  • I edit YouTube videos on the side.
    (副業でYouTubeの動画編集をしています)

2) Pull an all-nighter(徹夜する)

pull an all-nighterは徹夜することを意味します。徹夜して仕事をしたり、勉強したり、または一晩中遊ぶような状況で使われます。徹夜してプロジェクトに取り組んだ場合、“I pulled an all-nighter to work on the project.” のように表します。

  • I pulled an all-nighter last night.
    (昨夜は徹夜しました)
  • I pulled an all-nighter to study for the test.
    (徹夜でテスト勉強をしました)
  • We missed the last train and ended up pulling an all-nighter.
    (終電を逃し、結局徹夜することになりました)

3) Get up(起き上がる)

get upは座っている状態から立ち上がったり、横になっている状態から起き上がることを意味します。例えば、ソファでゴロゴロしている友達に、「起きて。もう行かなくちゃ」と言う場合は、“Get up. We have to get going.”と言います。その他、get upは目が覚めてベッドから起き上がることも意味し、例えば、午前5時に起床した場合、“I got up at 5 a.m.”と言います。

  • You’ve been sitting in front of the computer all day. You should get up and stretch.
    (一日中パソコンの前に座っているね。立ち上がってストレッチをしたほうがいいよ)
  • Get up. We have guests coming over soon.
    (もうすぐお客さんが来るから、起きて)
  • What time do you usually get up?
    (いつも何時に起きているの?)

4) Straight(連続で)

straightは立て続けに物事が起こることを表す口語表現です。意味はconsecutivelyと同じで、連続して何かが起こる様子を表します。例えば「8時間ぶっ通しで仕事をしました」は“I worked eight hours straight.”と言います。日常会話ではstraightを数字の後に持ってきて、“I worked eight straight hours.”のように表現することもできます。

  • I have a long week ahead of me. I have to work for seven days straight.
    (今週は長いんだ。7日間ぶっ通しで働かないといけない)
  • It’s been raining for five straight days. When is it going to stop?
    (5日連続で雨が降っている。いつになったら止むんだろう?)
  • He won the MVP for the second straight year.
    (彼は2年連続でMVPを獲得した)

5) Suck at(〜が下手・苦手)

suck atは何かが下手だったり苦手である時に使われる表現です。例えば「私はゴルフが下手です」は“I suck at golf.”、「私は絵を描くのが苦手です」は“I suck at drawing.”という具合に、suck atの後には苦手な対象を入れます。決して悪い言葉ではなく日常会話では一般的に使われる表現です。

  • I suck at cooking. I always get food delivered or get takeout.
    (私は料理が苦手です。いつも出前を取ったり、テイクアウトをしたりしています)
  • I really suck at math. It was my worst subject in school.
    (私は数学が本当に苦手なんです。学生時代は一番苦手な科目でした)
  • Is he really a professional dancer? I think he sucks.
    (彼は本当にプロのダンサーなの?彼は下手だと思うんだけど)

 

Vocabulary(単語)

  • Procrastinator・・・ぐすぐすと先延ばしにする人

Expressions(表現)

  • It’s supposed to・・・〜するはず
  • Under pressure・・・プレッシャーをかけられると

登場人物紹介

Kelly

大阪と福岡で英会話講師として働いた経験を持つフレンドリーな講師。大学では日本語を専攻していたことから、日本語を流ちょうに話せるので、日本語での説明が必要な場合でも対応可能。フリーカンバセーションだけでなく、TOEFLやTOEICなど試験対策、ビジネス英会話などのレッスンも提供中。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Kesha

フォニックスを専門とし、大人から子供まで様々なレベルの英語学習者にフォノグラム(発音)を教えている。和歌山県の高校で6年間英語講師として働いた経験を持つ。カフェトークの子ども向けレッスンでは、一人一人のニーズに合わせた独自の教材を使ったレッスンを行っている。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト