日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2018.12.03

「お力になれるかもしれません」は英語で?

「お力になれるかもしれません」は英語で?

日本語の「お力になれるかもしれません」と同じようなニュアンスを英語で言うには、どのように表現すればよいでしょうか?

Maybe I can help.

「力になる」を英語に直訳しようとすると、混乱してしまいがちですが、英語では単純に「help」を使って表現するのが自然でしょう。「I can help you」と言っても問題ないかと思いますが、日本人らしくちょっと控え目なニュアンスで言いたいのであれば、文頭に「Maybe」を付け加えるといいでしょう。

  • Let me know if there is anything I can do to help.
    (何かお力になれそうななことがありましたら、おっしゃってください。)
  • Is there anything I can help you with?
    (何かお力になれることはありますか?)
  • Maybe I can help. I’m familiar with student visas.
    (もしかしたら、力になれるかもしれません。学生ビザに関して詳しいので。)

〜会話例 1〜
A: I have a big project coming up next month.
(来月、大きなプロジェクトがあります。)
B: Let me know if there is anything I can do to help.
(何かお力になれることがあればお知らせください。)

〜会話例 2〜
A: I need to write a resume but I don’t know how to write one in English.
(履歴書を書かないといけないのですが、英語でどのように書くかわからなくて困っています。)
B: Maybe I can help. I’m not a native speaker but I wrote a resume in English before.
(お力になれるかもしれません。私はネイティブスピーカーではありませんが、以前英語で履歴書を書いたことがあります。)

おまけ

If you need further assistance
→「他にも何かお役に立てることがございましたら」

この表現は、ビジネスシーンで頂戴した問い合わせに対する返答のなかで、よく使われる決まり文句の一つなので覚えておきましょう。

  • If you need further assistance, feel free to contact me.
    (お役に立てることがございましたら、お気軽にご連絡ください。)

〜会話例〜
A: If you need further assistance, please don’t hesitate to contact us.
(その他にもお役に立てることがございましたら、遠慮なくご連絡くださいませ。)
B: Thank you.
(ありがとうございます)

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログ筆者Jun Senesacが手掛ける
プレミアムコースの受講生を現在募集中!

当ブログ筆者Jun Senesacが手掛けるプレミアムコースの受講生を現在募集中!

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム