日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2014.01.30

英語で「何曜日?」と「何日?」の質問をしっかり出来ていますか?

「何曜日」と「何日」のどっちを知りたい?曜日と日付に関する英語

皆さんは「今日は何曜日ですか?」と「今日は何日ですか?」を英語で聞くとしたら、どのように表現しますか?一見、簡単なようで意外とすんなり答えがでない方も多いのではないでしょうか?「What day is today?」だけですと、曜日と日付のどちらが知りたいのかまでは伝わりません。

1) 今日は何曜日ですか?
「What day is (it) today?」

このフレーズが「今日は何曜日?」の意味として最もよく使われる表現でしょう。「What day is today?」または「What day is it today」のどちらもOKです。

2) 今日は何日ですか?
「What’s the date today? / What’s today’s date?」

日付を尋ねる場合の定番フレーズです。「What’s the date today?」もしくは「What’s today’s date?」のどちらでもOKですが、上記の曜日の聞き方のように「What date is today?」とは言いませんので注意しましょう。もし「What date」の文章構成で尋ねるのであれば「What date is it today?」のように“it”を加えるとナチュラルになります。

  • 「What’s today?」と言う人もいますが、この表現は「何曜日ですか?」と「何日ですか?」の両方を意味する紛らわしい聞き方になる。

 

「一昨日と明後日の表現について」
決して間違いではないのですが、日本の方は「一昨日」を「The day before yesterday」、「明後日」を「The day after tomorrow」のように表現する人が多いかと思うのですが、アメリカ人の日常会話では、一昨日は「Two days ago(2日前)」、明後日は「in two days(2日後)」のように表現するのが自然です。因みに「先日」は「The other day」です。
    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. eu より:

    最後のポイントの「一昨日と明後日の表現について」についてですが、自然であるのは米語の場合ではないでしょうか?イギリス英語の場合は、とにかくきちんと言いたがる印象があるので、(例えば、時間の表現も、アメリカの “eight forty-five” に対して、”a quarter to nine” など)イギリス系の英語を使う国では「The day before yesterday」や「The day after tomorrow」も「あり」のような気もしますが、どうなんでしょう?

    • Jun より:

      euさん

      そうですね、おっしゃる通りここはアメリカ人の感覚からで書いています。イギリス英語では “the day before yesterday”や”the day after tomorrow”を使う可能性は十分にあると思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム