日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2014.02.14

「了解」を「OK」以外の英語で表現!

「了解」を「OK」以外の英語で表現!

今日のコラムでは「了解」や「分かった」の意味として、ネイティブがよく使う定番の相槌を「OK」を除いていくつかご紹介します。どれもとても簡単なフレーズなので、マスターして相槌のバリエーションを増やしておきましょう!

1) That sounds good!
→「いいね / いいですよ」

この表現は「OK」と同様、若しくはそれ以上の頻度でネイティブは使っているかもしれません。「OK」に続けて「that sounds good」と言うこともよくあります。

  • “That”を言わないで「Sounds good」だけでもOK!
〜会話例1〜
A: I’ll be over in 1 hour.(1時間後に伺いますね。)
B: OK. Sounds good.(了解です。)
〜会話例2〜
A: Let’s grab dinner tomorrow.(明日、晩ご飯いっしょにどない?)
B: That sounds good. What time?(せやな、そうしょ。何時にする?)

2) That sounds like a plan
→「そうしよう / 面白そうだね / 楽しそうだね」

相手が立てた計画や提案に「そうしよう」や「面白そうだね」のように賛成・賛同するときによく使う表現です。

〜会話例1〜
A: Let’s go running at the beach this weekend.(今週末、ビーチで走りましょう!)
B: That sounds like a plan!(いいね、そうしよう!)
〜会話例2〜
A: We’re going to throw him a surprise party.(彼のためにサプライズでパーティーしよかっ!)
B: Sounds like a plan! I’m so excited.(おもろそう!楽しみやな〜。)

3) Perfect
→「了解です / 完璧です」

相手の発言に対し、「完璧」や「ぴったり」などといったニュアンスを含めて「了解です」と言う場合に使います。

〜会話例1〜
A: I will call later.(後で電話するね。)
B: Perfect. Talk to you later.(了解です。では、また後ほど。)
〜会話例2〜
A: John’s going to pick you up at the airport.(ジョンが空港まで迎えに行ってんで〜。)
B: Perfect. I should arrive around 1.(了解。1時頃に到着やわ。)

4) Got it
→「了解」

「I got it」を省略した表現で、相手の言ったことを理解できたときに使う表現です。会話では“I”を省いて「Got it」と言います。

〜会話例1〜
A: The meeting is at 8 a.m. on Friday.(そのミーティングは金曜日の午前8時からです。)
B: Got it.(了解しました。)
〜会話例2〜
A: He is going to be 10 minutes late.(彼は10分遅れるんやて。)
B: Got it. Let me know when he gets here.(了解。ほな、着いたら教えてや。)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. コウイチ シミズ より:

    Thanks for an instructive lecture!
    I now got a small question.
    (Since I study English, please let me ask you in English.)
    What about “understood” or “copy that”? When I watch movies (war or military movies in particular), I often hear those words.
    My question is when people use those and what differences of nuance they have.
    Thank you!!

    • Jun より:

      Hey Kouichi!

      “Understood” is used in more formal conversation. “Copy that/Roger that” are expressions usually used over radio transmissions. They are terms commonly used by military, aircraft or police officials, which is probably why you hear them used frequently in war movies. But in everyday conversation, using “copy that/roger that” is a little unnatural.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム