日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2014.01.14

状況に応じた「おめでとう」を英語で表現

状況に応じた「おめでとう」を英語で表現

「おめでとう」は「Congratulations」だということはご存知かと思いますが、シチュエーションによって適切な表現の仕方があるので、今日は状況に応じた「おめでとう」の表現をご紹介します。

一般的な「おめでとう」

「Congratulations / Congrats」

一言で「おめでとう」と伝えたい場合は「Congratulations / Congrats」だけでOKです。友達や家族など仲のいい関係だったら省略して「Congrats!」と言います。「Congratulation」はNG! 「Congratulations」の「s」を忘れないように!

◎「〜おめでとう」のように、お祝いする対象も含めて言いたい場合は

  • 「Congratulations」+「on」+「動詞+ing」
  • 「Congratulations」+「on」+「your」+「名詞」
Congrats!(おめでとう!)
Congratulations on getting married!(ご結婚おめでとうございます)
Congrats on passing the entrance exam.(入試合格おめでとうございます)
Congratulations on your new restaurant.(開店おめでとうございます)
Congrats on your engagement.(婚約おめでとうございます)

ビジネスシーンやスピーチなどの「おめでとうございます」

「I’d like to congratulate you on ________!」

「on」に続く空欄にはお祝いする対象をいれます。ビジネスシーンやスピーチなどで使われるフォーマルな言い方です。

I’d like to congratulate you on your new job.(新しいお仕事おめでとうございます)
I’d like to congratulate you on your promotion.(昇進おめでとうございます)

誕生日や周年記念、新年の挨拶などの「おめでとう」

「Happy ______!」

Happy birthday!(お誕生日おめでとう)
Happy anniversary!(記念日おめでとう)
Happy New Year!(新年おめでとう)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム