日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第394回「仕事を断ることの大切さ」

Released: 2022.07.22

第394回目のポッドキャストのテーマは「仕事を断ることの大切さ」です。みなさんが最後に「ノー」と断ったのはいつですか?今日の会話では、ケリーとキーシャが、これまで受けた最高のキャリアアドバイスについての話を続けます。ケリーは、最初の仕事の話と、何にでもイエスと言ってしまうことから学んだことについて話します。その教訓とは何だったのか、今日の会話を聞いて考えてみましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「仕事を断ることの大切さ」

【Kelly】For me, I think mine is kind of a—it’s a weird one on the surface—that you can say, “no.” Learn to say, “no.” I think a lot of times—especially our generation—we were taught that you always have to do every sport. You always have to do every after-school activity. You always have to do every language, every instrument, every—like, you have to constantly be doing things, even if you’re not interested.
“Well, you’ll learn something.” “It’ll help you get into college.” “It’ll help you do this.” “It’ll benefit you later in life.” Meanwhile, if you’re miserable right now, what’s the point? If you’re—especially a woman in an office—there’s a lot of…and not just women, but like, if you’re a rookie—if you’re a younger member of staff…

【Kesha】Mm hm.

【Kelly】…if you are trying to, like look good to your boss, there’s always a way that you want to say, “Well, I’m doing extra. So this is going to get rewarded later.” That’s kind of what we were taught in, like the 9th grade.

【Kesha】Yeah.

【Kelly】It was like, “the more you do, the more reward that you’ll get.” So a little bit of effort and pain and exhaustion now is going to pay off in the end. Right? You’ll get that good job. You’ll go to that good college. You’ll be happy. But I think a lot of times there’s this danger of—I’ll get burned out. I’ll take on way too much at a job.
And I remember my very first job, a friend of mine was working at a country club restaurant—and this was in Pennsylvania, so kind of like, middle of nowhere, little bit countryside—but they had kind of, like—it was Poconos. There was kind of a wealthier crowd. And I remember it was my first day and I wasn’t a waitress. I was just a busser. So a runner. Like, you help clear tables. You help set tables. You take things back and forth.
And we had this pasta bar that they wouldn’t reuse this little frying pan. They needed a new one every time. So that means every single order was custom pasta shape, custom sauce—whatever. So you had, like marinara and then pesto and then this. And they needed a new one every time. And they had these stacks and stacks and stacks of dirty pans. And I actually was running back and forth so much I got blisters on my heels from that very first night. It was only, like a 6-hour shift. I was maybe 15.
And I looked around and nobody else was running back and forth. And I would be walking by doing something else. And they were like, “Can you take these back?” And I’m like, “Yes, yes. Of course. Always say ‘yes.’ Always say ‘yes.’ Figure it out later. Always say ‘yes.’” And everybody else would was just chilling in the back and letting me pick up all of their slack because I was volunteering to do more than my job.
And then they didn’t work at all and at the end of the night they all got paid more than me. They all got more tips than me. I got one comment from one manager that said, “Oh, you’re a really hard worker.” I was like, “But what did that get me?”

Questions of the day(今日の質問)

  1. What piece of advice did Kelly say she learned growing up?
    ケリーはどのようなアドバイスを受けて育ちましたか?
  2. What was Kelly’s first job?
    ケリーの一番最初の仕事はなんでしたか?
  3. Why did Kelly get blisters on her feet at her first day on her first job?
    ケリーはなぜ仕事の初日から、足に水ぶくれができたのでしょうか?

 

Answers(解答)

  1. Kelly learned that she needs to take advantage of every opportunity that comes her way because it will pay off in the end, such as extracurricular activities.
    ケリーはどんなチャンスも逃さないように、課外授業なども頑張れば、必ず報われると信じていました。
  2. She was a busser at a restaurant in Pennsylvania.
    彼女はペンシルベニアのレストランで、ウェイトレスの助手として働いていました。
  3. She got blisters because she was doing so much running back and forth.
    彼女はあまりにも動き回っていたため、靴擦れして水ぶくれができてしまいました。

 

Summary(要約)

Kelly and Kesha continue their conversation about career advice they’ve received growing up. Kelly shares that growing up, she was always told to take every opportunity that comes her way, with the idea being it will help her get into good schools or find good jobs.
ケリーとキーシャは、成長する中で教わったキャリアアドバイスについて話し合います。ケリーは、幼い頃からいい仕事やいい学校に入るために、どんなチャンスも逃さないようにと言われてきたと言います。

Despite this, Kelly found herself prone to burnout as she used to be too willing to take on too much responsibility for herself. She believes that one should learn when to say “no” to taking on additional work.
しかし、一方でケリーはいつも責任を請け負い過ぎてしまう傾向があり、最後には燃え尽きてしまいます。彼女は自分以外の仕事や雑用にちゃんと”ノー”と言えるようになった方がいいと言います。

Kelly’s first job was a busser at a restaurant in Pennsylvania. On her first day, she moved dishes back and forth from a pasta bar. She did so much moving that first day that she got blisters on her feet.
ケリーの一番最初の仕事は、ペンシルベニアのレストランでのウェイトレスの助手でした。初日はパスタバーからキッチンまで、何度も皿を運びました。あまりにもたくさん動いたため、彼女は初日から足に水ぶくれができてしまいました。

Kelly noticed however that her coworkers weren’t doing nearly the amount of work that she was. It was then that she realized it’s important to learn how to say “no” and not take on too much work, because her coworkers received more pay and tips than she did and she was physically exhausted as a result of taking on too much work.
そんな中、ケリーは同僚が自分と同じくらいの仕事をしてないことに気付きます。自分より同僚の方が給料が高いにもかかわらず、彼女は他の同僚の分まで仕事をした結果、心身共に疲れ果ててしまいます。その時に、彼女は”ノー”と断ることも大事だと気付きます。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Meanwhile(その間に)

meanwhileは何かが同時に起こっている様子を表す時に使われ、「その間に」を意味します。一般的には、同時に起こっている物事を対比するときに使われ、例えば、自分の奥さんに「部屋の掃除をしてくれる?その間、僕がお風呂を磨くよ」と言う場合は、“Can you clean the room? Meanwhile, I’ll scrub the bathtub.”のように表現します。日常会話ではmeantimeも使われており、どちらも同じ意味を持ちます。

  • You can get dinner ready. Meanwhile, I’ll go and pick up the kids.
    (夕食の準備をしてくれる?その間に僕が子どもたちを迎えに行くよ)
  • I’ll email you the info later. Meanwhile, you can read about it on this site.
    (後で情報をメールで送るね。その間、このサイトでその情報について読むことができるよ)
  • The movie is going to start in an hour. Meanwhile, let’s go and grab a coffee.
    (映画は1時間後に始まります。それまでの間、コーヒを飲みに行こう)

2) Pay off(報われる、借金を完済する)

一般的にpay offは2つの意味でよく使われるフレーズです。
1つ目の用法は、一生懸命頑張ったことの成果が出ることや、努力が報われることです。例えば、「一生懸命頑張れば報われる」は“Hard work pays off.”と言います。

2つ目の意味は、クレジットカードやローンなどの借金を全額返済することです。例えば、「借金を完済しました」は“I paid off my debt.”と言います。

  • Keep working hard. It’ll eventually pay off.
    (頑張って。いつかきっと報われるから)
  • All of the work that you are putting in right now will pay off in the end.
    (今やっていることは、最後には必ず報われます)
  • I paid off my student loans and I’m finally debt free.
    (学生ローンを完済し、やっと借金から解放されました)

3) Take on([仕事や責任を]引き受ける)

take onは仕事や責任を「引き受ける」ことを意味します。仕事で新しいプロジェクトを引き受けたり、昇進して新しい役割や責任を引き受けるような状況で使われ、例えば、「新しいプロジェクトを引き受けました」は“I took on a new project.”と言います。
しかし、就活中や転職活動中に「(〇〇会社の)仕事のオファーを受ける」と表現する時はtake onは使えないので、使い方には気をつけましょう。

  • I can’t take on any more work at the moment.
    (現時点では、これ以上仕事を引き受けられません)
  • I’m taking on a new role at my company.
    (私は会社で新しい役割を担うことになりました)
  • I have a tendency to take on more than I can handle.
    (私は、自分のキャパ以上に仕事を引き受けてしまう傾向があります)

4) Stack of(大量の)

stackは本来、書類や本などを積み重ねることを意味する単語で、何かが大量にあることを a stack of ~と言います。例えば、「書類の山」は“a stack of documents”、「本の山」は “a stack of books”という具合に、何かが積み重なって山のような状態になっていることを表すときに使われます。

  • I have a stack of dirty dishes I need to clean.
    (洗わないといけない大量の汚れた食器があります)
  • That is a huge stack of pancakes!
    (そのパンケーキの山、すごいね!)
  • What are you going to do with that stack of magazines?
    (その雑誌の山をどうするんですか?)

5) Pick up the slack(不足を補う)

slackは本来、ロープの緩みを意味し、直訳で「ロープのたるみを取る」となるこの表現は、日常会話では「不足を補う」という意味で使われます。slack offは仕事をサボったり、手を抜くことを意味するので、pick up the slackは人が怠けてちゃんとやっていない仕事、人がやりたくない仕事やできない仕事を引き受けて代わりにやることを意味します。例えば、「私は仕事で不足を補わないといけませんでした」は“I had to pick up the slack at work.”と言います。
今日の会話でケリーは“pick up all of their slack”と言いましたが、一般的にはpick up the slackが使われます。

  • We have to pick up the slack and get the job done.
    (私たちは不足を補って、仕事を終わらせないといけません)
  • The new workers are unreliable so I have to pick up the slack.
    (新入社員が頼りないので、私が代わりに仕事をしないといけません)
  • Five people called in sick today. I’m going to need you to pick up the slack.
    (今日、5人が病欠の連絡をしてきたんだ。君は今日その分を補わなくちゃいけないよ)

 

Vocabulary(単語)

  • Instrument・・・楽器
  • Miserable・・・悲惨な
  • Rookie・・・新入社員

Expressions(表現)

  • On the surface・・・表面上では
  • Burn out・・・燃え尽きる
  • Middle of nowhere・・・何もない場所
  • Back and forth・・・行ったり来たりする
  • Every single・・・一つ一つの
  • Figure out・・・考える

登場人物紹介

Kelly

大阪と福岡で英会話講師として働いた経験を持つフレンドリーな講師。大学では日本語を専攻していたことから、日本語を流ちょうに話せるので、日本語での説明が必要な場合でも対応可能。フリーカンバセーションだけでなく、TOEFLやTOEICなど試験対策、ビジネス英会話などのレッスンも提供中。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Kesha

フォニックスを専門とし、大人から子供まで様々なレベルの英語学習者にフォノグラム(発音)を教えている。和歌山県の高校で6年間英語講師として働いた経験を持つ。カフェトークの子ども向けレッスンでは、一人一人のニーズに合わせた独自の教材を使ったレッスンを行っている。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト