日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第392回「先延ばし癖」

Released: 2022.07.08

第392回目のポッドキャストのテーマは「先延ばし癖」です。皆さんはものごとを先延ばしするタイプですか?今日の会話では、ケリーとキーシャが時間をどのように管理するかについて議論を続けます。キーシャは自分が先延ばしするタイプであることを認めていますが、絶対に先延ばしにしない状況があると説明しています。今日の会話を聞きながら、それがどんな状況なのかを考えてみましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「先延ばし癖」

【Kelly】What about you? Are you more responsible with this type of thing or are you like me?

【Kesha】It depends on who it’s for. So if it’s for one of my students, especially if they’re, like the babies…

【Kelly】Mm hm.

【Kesha】…and they make that little sad face and they need something, like, “Oh, I want it. I need this for my speech.” I’m like, “Okay”—and I’m going to do it immediately so they have it. But if it’s Kesha-centric

【Kelly】Yeah.

【Kesha】…oh, it’s going to be procrastinated.

【Kelly】(laughs)

【Kesha】It’s not going to happen. I remember I lived in Ghana to do a thesis for my undergraduate. So I had, like 7 months to write this 50-page paper.

【Kelly】No.

【Kesha】I waited until two weeks before graduation…

【Kelly】Yeah.

【Kesha】…to write 50 pages for a thesis and prepare to go in front of the board. And I had 7 months. But that’s completely me where I will just let things slide and slide. If it’s not work-centered or other people—I don’t want to disappoint people so when it’s them, I—I literally make a list of check-check-check and due dates and timelines that are self-imposed.

【Kelly】Yeah.

【Kesha】But if it’s Kesha’s doctor’s appointment…

【Kelly】(laughs)

【Kesha】…or if it’s something specifically where it only impacts me and my little world, I’m like, “Eh, I don’t know. I’m not feeling that.” And then five minutes beforehand I am full of panic…

【Kelly】Yeah.

【Kesha】…and doom and self-judgment.

【Kelly】Yeah.

【Kesha】But other people motivate me to do the right thing. I cannot motivate myself to do the right thing. I live on the edge of terror and panic…

【Kelly】(laughs)

【Kesha】…for every single deadline, due date. And it works for me.

【Kelly】Right?

【Kesha】I think let’s…keep it going.

【Kelly】Yeah, it’s kind of like having that pressure makes you know that, like “I can’t slack off.” Like, “There’s a deadline. I have five hours of work and three hours to do it. So get it done.” Right? Like, if you have 7 months, it’s so hard to find the motivation just randomly within those 7 months, right?

【Kesha】I know. And you’re just chilling in a new country, looking at monkeys, pulling mangoes off trees. It’s like, “Why would I go to work? There’s a mango outside on my tree. I’m going to pick this mango!” Yes. And then mango time was over and my professor was like, “So did you get the 70 pages done?” “I’m sorry, how many? I thought it was, like 20. No?” (laughs)

【Kelly】“What now? What now?”

【Kesha】“I’ve got outlines. It’s cooking. It’s cooking up here.”

【Kelly】(laughs) And they’re like, “It’s not written down.”

【Kesha】“I didn’t do anything!”

Questions of the day(今日の質問)

  1. Kesha avoids procrastinating in some situations. What are they?
    キーシャは、ある状況の場合は物事を先延ばしにしないと言っています。それはどんな状況ですか?
  2. In what country did Kesha study in for her undergraduate thesis?
    キーシャはどの国に滞在しながら卒業論文を書きましたか?
  3. What fruit did Kesha love eating while studying abroad?
    キーシャが留学中に好んで食べたフルーツは何ですか?

 

Answers(解答)

  1. She avoids procrastinating when it comes to requests from her students or anything work-related.
    彼女は生徒からのリクエストがあった場合や仕事に関しては先延ばしにしません。
  2. She lived and studied in Ghana.
    彼女はガーナに住んで、研究していました。
  3. She enjoyed eating mangoes.
    彼女はマンゴーを食べることが好きでした。

 

Summary(要約)

Kelly and Kesha continue their discussion of how they manage their time. Kesha admits that she is a procrastinator.
ケリーとキーシャは引き続き、タイムマネジメントについて話します。キーシャは自分が面倒くさがり屋だと言っています。

Kesha will avoid procrastination when it comes to anything work-related, or if she receives a specific request from one of her students. She admits however that if a task is related to herself, she almost always puts it off until the last minute.
キーシャは仕事や生徒からのリクエストになると先延ばしをしません。しかし、彼女は自分の事になるといつもギリギリまで先延ばしにしてしまいます。

One example she provides of this was from her time studying abroad in Ghana, where she had 7 months to complete a 50-page undergraduate thesis. Rather than gradually work on the paper during those 7 months, she waited until the last two weeks to work on it.
キーシャはガーナに留学していた頃を例に出します。彼女は50ページの卒論を終わらせるのに7ヶ月もありました。しかし、7ヶ月もあったにもかかわらず、彼女は時間をかけながら卒論に書き上げる事ができませんでした。結局、締め切りの2週間前から卒論に取り掛かりました。

Part of why Kesha procrastinated for so long on her paper was because of how much she enjoyed studying abroad. Mangoes were growing everywhere around her and she often chose to pick mangoes or enjoy the nature around her rather than work on her thesis.
キーシャは留学があまりにも楽しかったため、卒論に取り掛かるのを先延ばしにしてしまいました。マンゴーがあちこちに生えていたため、彼女は論文を書くよりも、マンゴーを収穫したりして自然を楽しみました。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Centric(中心の)

centerは「中心」を意味することから、centricは「中心の〜」を意味する形容詞になります。例えば、「顧客中心主義志向」は“customer-centric”、「若者中心の」は“youth-centric”のように、centricの前に中心となる対象を入れます。また、centricの前にハイフンを入れることが多いです。

  • Our company always puts customers first. We take a customer-centric approach.
    (我が社は常にお客様を第一に考えています。私たちは顧客中心主義をとっています)
  • She’s written many popular teenage-centric novels.
    (彼女は10代を中心とした人気小説をたくさん書いています)
  • In recent years, more companies are becoming tech-centric.
    (近年、技術中心主義をとる企業が増えています)

2) Let something slide(許す、大目に見る)

slideは本来、「滑る」や「流す」を意味しますが、日常会話では人のミスや失敗を見逃したり、大目に見ることを表します。例えば、先生が遅刻した生徒を見逃した場合は“The teacher let him slide.”、上司が自分のミスを大目に見てくれた場合は“My boss let me slide.”という具合に言い、許して流すというようなニュアンスになります。

今日の会話でキーシャは、卒論についてlet things slide and slideと言っており、ここでは卒論を書くことを延期する意味合いとして使っています。

  • I was late to class, but my teacher let me slide.
    (授業に遅刻してしまいましたが、先生が見逃してくれました)
  • I’ll let it slide this time, but make sure it doesn’t happen again.
    (今回は大目に見ますが、二度と同じことを起こさないように)
  • He’s a very lenient boss. He lets everything slide.
    (すごく甘い上司なんです。何でも許してくれます)

3) Live on the edge(ギリギリの生活 をする)

on the edgeは崖っぷちにいる状態を表すことから、live on the edgeはギリギリの生活をすることを意味します。危険やリスクの多いライフスタイルを送ったり、リスクの高い行動を取ることを表します。今日の会話でキーシャは“I live on the edge of panic and terror”と言いましたが、これは「パニックと恐怖に苛まれながら生きている」ことを表します。

  • He is the kind of person who likes to live on the edge.
    (彼はギリギリのところで生きるのが好きな人です)
  • She lost her job a couple of months ago and she’s been living on the edge.
    (彼女は数ヶ月前に職を失い、ギリギリの生活を送っています)
  • When I was a young, I was a daredevil that loved to live on the edge.
    (私は若い頃、ギリギリのところで生きるのが好きな、向こう見ずな人間でした)

4) Slack off(サボる)

slack offは「サボる」や「怠ける」を意味する口語表現です。ダラダラと仕事をしたり、運動をサボり気味だったり、英語の勉強をサボっているような状況でslack offが使われます。一般的には、“I’ve been slacking off.(サボり気味です)” や“Stop slacking off.(サボるな)”の組み合わせがよく使われます。

  • I haven’t studied English for a while. I’ve been slacking off.
    (しばらく英語の勉強をしていません。サボっています)
  • I need to stop slacking off and get back to work. I’ve been out of it all day.
    (さぼってないで仕事に戻らないと。一日中、ぼーっとしている)
  • I was slacking off all day and I didn’t get anything done.
    (一日中だらだらしていて、何もできなかった)

5) Pick(〜を採る)

pickは本来「選ぶ」を意味する単語ですが、りんごやいちごなど、フルーツと組み合わせて使う場合は、「採る」を意味します。りんごの木からりんごを収穫したり、いちご畑からいちごを採る様子を表します。ちなみに、「りんご狩り」は“apple picking”、「いちご狩り」は“strawberry picking”と言います。

  • Can I pick those lemons off your tree?
    (木からレモンを採ってもいい?)
  • I picked these apples from my grandma’s backyard.
    (おばあちゃんの家の裏庭で採れたリンゴです)
  • I’m going to go strawberry picking with my family this weekend.
    (今週末は家族でイチゴ狩りに行く予定です)

 

Vocabulary(単語)

  • Procrastinate・・・先延ばしにする
  • Thesis・・・卒業論文
  • Doom・・・破滅

Expressions(表現)

  • Type of thing・・・〜のようなこと
  • Make that little sad face・・・悲しい顔をする
  • Self-imposed・・・自らに課した

登場人物紹介

Kelly

大阪と福岡で英会話講師として働いた経験を持つフレンドリーな講師。大学では日本語を専攻していたことから、日本語を流ちょうに話せるので、日本語での説明が必要な場合でも対応可能。フリーカンバセーションだけでなく、TOEFLやTOEICなど試験対策、ビジネス英会話などのレッスンも提供中。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Kesha

フォニックスを専門とし、大人から子供まで様々なレベルの英語学習者にフォノグラム(発音)を教えている。和歌山県の高校で6年間英語講師として働いた経験を持つ。カフェトークの子ども向けレッスンでは、一人一人のニーズに合わせた独自の教材を使ったレッスンを行っている。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト