日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第387回「子どもの頃の母の思い出」

Released: 2022.06.03

第387回目のポッドキャストのテーマは「子どもの頃の母の思い出」です。皆さんのお母さんはどんな人ですか?今日の会話では、キーシャとケリーが自分たちの母親について語ります。キーシャは自分の母親を厳しい親だと言い、母親がどんなふうに自分に対して厳しかったのか、思い出話をたくさんシェアしてくれます。今日の会話を聞いて、キーシャのお母さんについて学びましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「子どもの頃の母の思い出」

【Kelly】Kesha, what is your mom like? Tell us about your mom.

【Kesha】My mom—she’s very traditional.

【Kelly】Okay.

【Kesha】So she was never really the—she’s not the fun-loving “go play with your friends. Come back home by 5” type mom.

【Kelly】Okay.

【Kesha】She was more of the “you will be here. I will know where you are at all times” type of mother.

【Kelly】Okay.

【Kesha】So it wasn’t a lot of “go be free.” It was always very structured. Still very loving, but my mom’s personality is very military because my grandfather was military.

【Kelly】Ah, okay.

【Kesha】She’s very regimented in her daily life, regimented in what we do.

【Kelly】Mm hm.

【Kesha】So very sweet, very loving. She likes to do sewing, cooking—all that traditional stuff that, you know, millennial girls are like, “I’m not cooking.”

【Kelly】(laughs)

【Kesha】“I’m not sewing.”

【Kelly】We just don’t know how. (laughs)

【Kesha】Yeah, she sewed all of my dresses from—when I was a little girl.

【Kelly】What?

【Kesha】Like Little House on the Prairie. She thought the dresses for little girls were, like too flashy and too, like sexy. So she’s like, “Uh-uh. You’re not wearing sexy clothes. You’re 8.” So she sewed every single dress I had.

【Kelly】Wow.

【Kesha】And there are literally, like Little House on the Prairie—like, you know, Scarlett—or, Scarlett, Gone With the Wind style.

【Kelly】Yeah, yeah.

【Kesha】That’s what we wore. She even sewed our socks.

【Kelly】She sewed your socks?

【Kesha】There’s—there’s stores you can go to have your socks handmade where they—they put ribbons through it. So she would have ribbons professionally sewn into our socks.

【Kelly】That is…

【Kesha】So you can imagine being a little girl, how fun that was up until the age of almost 13…

【Kelly】Yeah!

【Kesha】…wearing Little House dresses to school.

【Kelly】Yeah.

【Kesha】And ribbon socks and ribbons in your hair.

【Kelly】That sounds kind of amazing. I’m not going to lie. That sounds amazing.

【Kesha】It is until it isn’t, when all your friends are, like in shorts and you’re not allowed to wear shorts because they’re too sassy.

【Kelly】They’re sassy. (laughs)

【Kesha】You can’t wear nail polish. Red nail polish—that’s too sassy! “Why do you want to be sassy?”

【Kelly】Sassy, today? (laughs)

【Kesha】“Sassy! Too sassy!” So she’s cool. I love her. But definitely strict. Definitely always wanting to be in your life. You know a meddling mother. Like, you know “smother” and “mother.” We call her “smotherer.

【Kelly】Yeah. She’s a “smotherer?”

【Kesha】She’s a “smotherer.” Yes, she’s a smothering mother—smotherer.

【Kelly】Yeah.

【Kesha】They love you but they smother you. (laughs)

【Kelly】(laughs)

【Kesha】What about you? What’s your mom like?

Questions of the day(今日の質問)

  1. Why does Kesha think her mom was so strict in her parenting?
    キーシャはなぜ母親が子育てに厳しかったと思っているのでしょうか?
  2. What did Kesha’s mother do with all of Kesha’s clothes?
    キーシャの母親はキーシャの洋服をどのようにしていましたか?
  3. What nickname did Kesha’s family give to her mother?
    キーシャの家族は母親にどのようなあだ名を付けましたか?

 

Answers(解答)

  1. She believes this is because her grandfather was in the military and so her mother inherited the regimented lifestyle of the military and applied some of it to parenting.
    彼女の祖父が軍隊に入っていたため、母親もその厳格主義を受け継いでおり、その一部を子育てにも応用しているからだと思っています。
  2. Kesha’s mother sewed all of her clothes together.
    キーシャの母親は彼女の洋服を全部手作りしていました。
  3. Kesha’s family called her mother “smotherer” due to her strict parenting style.
    キーシャの家族は厳しい子育てをする母親の事を、“smotherer(息苦しくさせる母親)”と呼んでいました。

 

Summary(要約)

In this episode, Kesha shares what her mother was like as a parent growing up. Overall, Kesha describes her mother as a very strict parent.
このエピソードでは、キーシャが母親にどのように育てられたかについて話します。キーシャは母親は普段からとても厳しい親だと言います。

Kesha believes her mother adopted a strict parenting style because her grandfather was a member of the military, and so imparted to her a regimented lifestyle. Kesha’s mother always wanted to know where Kesha was at all times.
キーシャは母親が厳格主義でしつけに厳しいのは、軍隊に入っていた祖父の影響だと思っています。キーシャの母親は彼女の居場所を常に把握したいと思っていました。

Kesha’s mother also was strict about clothing, making sure Kesha dressed conservatively to school. She would even sew Kesha’s clothes, giving her outfits reminiscent of Little House on the Prairie and Gone With the Wind.
キーシャの母親は服装にも厳しく、キーシャが控えめな服装で学校に通うようにしていました。キーシャの母親は洋服を手作りして、キーシャは「大草原の小さな家」や「風と共に去りぬ」に出てくるような服ばかり着させられていました。

Kesha thought the dresses her mother gave her to wear were cool until she got a little older. Her peers in school were wearing very different clothes, but Kesha’s mother insisted that she wear the dresses she made for her.
キーシャは少し大きくなるまでは、母親の手作りの洋服がオシャレだと信じ込んでいました。キーシャの友達は全く違う服装をしていたにも関わらず、キーシャの母親は自分が作った洋服を着るように言っていました。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Fun-loving(遊び心がある)

直訳で「楽しくて愛情がある」となるこの表現は、物事を真面目に受け止めるのではなく、ゆとりがあり、楽しいことが大好きな人を指し、日本語の「遊び心がある」に近い表現です。人生を楽しんでいるような人を表し、愉快な人を指します。「彼女は遊び心がある」は “She is a fun-loving person.”と言います。

  • He is a lighthearted, fun-loving person.
    (彼は明るい性格で、楽しいことが大好きな人です)
  • She’s charming, fun-loving, and has a great sense of humor.
    (彼女は魅力的で、楽しいことが大好きで、ユーモアのセンスもある)
  • Most of my friends are laid-back, fun-loving people.
    (私の友人たちは、のんびりしていて、愉快な人が多いです)

2) At all times(いつも)

at all timesは「いつも」や「常に」を意味する表現です。alwaysやall the timeと意味はほぼ一緒ですが、at all timesは若干フォーマルな響きがあるように思います。at all timesは一般的に文末に使われ、例えば、「私はいつもマスクを持ち歩いています」は“I carry a mask at all times.”という具合に言います。

  • You must wear your seatbelt at all times.
    (シートベルトは必ず着用してください)
  • Make sure you keep an eye on your luggage at all times.
    (常に荷物から目を離さないようにしましょう)
  • When I travel to Japan, I keep cash on hand at all times.
    (日本へ旅行するときは、常に現金を持ち歩くようにしています)

3) Flashy(派手な)

flashは本来「ピカっと光る」を意味することから、flashyは「派手な」を意味する単語として使われます。特に服装や格好について使われることが多く、「派手なドレス」は “a flashy dress”、「派手な腕時計」は“a flashy watch”という具合に表します。

  • She loves wearing bright and flashy clothes.
    (彼女は明るくて派手な服を着るのが好きです)
  • When I was young, I used to love flashy things.
    (若い頃は派手なものが好きでした)
  • When you travel, you should avoid wearing flashy things.
    (旅先では、派手なものを身につけるのは避けたほうがいいよ)

4) Up until(〜まで)

up untilは「〜まで」を表す表現です。untilだけでも同じ意味ですが、up untilの方がより口語的なニュアンスがあります。例えば、「私は先週までニューヨークにいました」は“I was in New York up until last week.”という具合に言います。

  • I lived in Australia up until I was 10 years old.
    (私は10歳までオーストラリアに住んでいました)
  • We worked up until midnight last night.
    (私たちは昨夜は夜中まで仕事をしました)
  • I wonder what happened. Everything was working perfectly fine up until now.
    (どうしたんだろう。さっきまではすべて問題なく動いていたのに)

5) Sassy(生意気な、活発的な)

sassyは状況によって、ポジティブにもネガティブにも用いられる単語ですが、基本的には、自分の考えをはっきりと言うような自信と気迫に満ちていることを表します。sassyな性格は、友達同士なら強気でかっこいいというようなニュアンスになり問題ありませんが、年配者や初対面の相手であれば、「生意気」「なれなれしい」「偉そう」といったネガティブな印象を与えてしまうこともあります。10代や20代に対して使われ、特に女性に対して使われることが多いです。

今日の会話でキーシャの母親は、10代の女の子が短いパンツを履くのは“sassy”だと言っており、ここでは「色気づいている」のようなネガティブな意味で使われています。

  • She is smart, sassy, and outgoing.
    (彼女は賢く、活発で、外向的です)
  • My sister was a bit sassy as a kid. She talked back to mom all the time.
    (私の妹は子どもの頃、ちょっと生意気でした。いつもお母さんに口答えしていました)
  • She is an outspoken person with a sassy attitude.
    (彼女は生意気なことをはっきり言う人です)

 

Vocabulary(単語)

  • Traditional・・・古風な
  • Structured・・・きちんとしている
  • Regimented・・・厳しく管理
  • Sewing・・・裁縫
  • Meddling・・・おせっかい

Expressions(表現)

  • Millennial・・・ミレニアル世代
  • Smotherer・・・息苦しくさせる母親

登場人物紹介

Kelly

大阪と福岡で英会話講師として働いた経験を持つフレンドリーな講師。大学では日本語を専攻していたことから、日本語を流ちょうに話せるので、日本語での説明が必要な場合でも対応可能。フリーカンバセーションだけでなく、TOEFLやTOEICなど試験対策、ビジネス英会話などのレッスンも提供中。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Kesha

フォニックスを専門とし、大人から子供まで様々なレベルの英語学習者にフォノグラム(発音)を教えている。和歌山県の高校で6年間英語講師として働いた経験を持つ。カフェトークの子ども向けレッスンでは、一人一人のニーズに合わせた独自の教材を使ったレッスンを行っている。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト