日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第385回「刺激を与えてくれるもの」

Released: 2022.05.20

第385回目のポッドキャストのテーマは「刺激を与えてくれるもの」です。みなさんはどこでインスピレーションをは見つけていますか?今日の会話では、ケリーとキーシャがどこでインスピレーションを得るかについて話しています。ケリーは特に、自分の人生においてインスピレーションを与えてくれるものについて話しています。今日の会話を聞きながら、ケリーがどうやってインスピレーションを得ているのか、考えてみましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「刺激を与えてくれるもの」

【Kesha】Okay Kelly, where do you find your inspiration at?

【Kelly】So hard. This is going to sound corny, but definitely, I feel like—especially since COVID when everybody’s been, like stuck at home, and everybody’s been switching to virtual, and I definitely started teaching a lot more because we could do this virtually—like, not being in Japan I obviously can’t, like fly there at midnight and teach a class and then come home.
It’s going to sound corny, but I definitely—students that I see at the level that they’re at definitely inspire me because when I was teaching—or, when I was learning Japanese, I remember how hard it was. So my major in college was Japanese and I was super passionate and I really loved it. And then you, like hit that plateau where you feel like, “I don’t understand anything. It’s so hard. I hate this. I love this, but I hate it.”
And it gets, like really depressing once you get to, like an intermediate level. And I see students that I’ve had for a couple of months to a couple of years now that were at that level. And then still made the effort to have 2-3 hours of English classes every week. And I just don’t know if I would’ve had that motivation. I don’t know if I would’ve looked at a goal that I tried for so long and said, “You know what? I’m going to—I’m going to keep going. And I’m going to find my own time.”
Like, I have students that take classes at 1 o’clock in the morning. Like, I don’t…I want to be that motivated and I want to be that inspired. And I think it’s really hard to keep that habit up. So I look at them and I think, “Wow! I don’t know if I could do this in Japanese.” I don’t know if I could do this after being out of school for so long where you’re just used to that habit of studying. So it’s not as hard to just kind of be like, “All right, I’m going to take a test. I’m going to study. I’m going to do this.”
Where I am in my life right now, like they really inspire me to actually start studying again. So I—I bought some Japanese books. I bought some grammar books. I got my old textbook out and I was like, “I got to…I got to look through these again. I got to, like get back up because I did all of this work.” And then life got busy. I moved to the States where I was working, like 18-hour days. I just didn’t really have time.
And I see students in the same situation, working 18-hour days, busy with family, busy with everything else…a hundred times busier than me. And they still can put that effort in and they still can make that progress. And they still can find that passion.

Questions of the day(今日の質問)

  1. What experience did Kelly have studying Japanese in college?
    ケリーは大学で日本語を学んで、どのような経験をしましたか?
  2. What is it about Kelly’s students that inspires her?
    ケリーは自分の生徒からどのような刺激を受けましたか?
  3. What did Kelly buy after her inspiration from seeing her Japanese students?
    ケリーは生徒から刺激を受けて、何を購入しましたか?

 

Answers(解答)

  1. She loved studying Japanese, but felt she had reached a plateau in her learning where progressing in her studies became much harder.
    彼女は日本語を勉強するのが好きでしたが、次第に停滞期に突入し、学習意欲を継続させるのが難しくなっていきました。
  2. Kelly is inspired by her students’ dedication to learning English and how they find time in their busy schedules to continue their studies.
    ケリーは生徒が忙しいスケジュールの中で、熱心に英語を勉強する姿勢に刺激を受けました。
  3. She bought Japanese language and grammar books to help her master the Japanese language.
    彼女は日本語を上達させるために、日本語の本や文法書を購入しました。

 

Summary(要約)

In this episode, Kelly talks about things that inspire her in her life. In particular, she is inspired by the dedication of her Japanese students learning English.
このエピソードでは、ケリーは人生で感銘を受けたことについて話します。彼女は特に、生徒が熱心に英語を学ぶ姿勢に刺激を受けました。

Since the transition to virtual work brought about by COVID-19, Kelly has had the opportunity to teach more often. As a result, she has seen the commitment of her Japanese students and been inspired by how serious they are in learning English.
ケリーはコロナになってから(コロナが流行してから)、リモートで仕事するようになり、英語を教える機会が増えました。この経験を通して、彼女は日本人の生徒たちが熱心に英語を学ぶ姿を目の当たりにし、刺激を受けました。

Kelly majored in Japanese in college, and while she loved studying it, she found at a certain point she plateaued and struggled to progress in her studies. However, seeing her students persevere in their English studies motivated her to continue her study of Japanese.
ケリーは大学で日本語を専攻しました。日本語の勉強は好きでしたが、ある時期からなかなか上達せず、学習意欲が停滞気味になってしまっていることに気づきます。しかし、生徒が熱心に英語を勉強している姿を見て、また日本語を学びたいと思うようになりました。

To that end, Kelly has not only revisited her old Japanese textbook, but also purchased additional Japanese language and grammar books. Despite how hard her students work in their professions and with their families, they still find time to study English. And Kelly hopes to emulate their determination in her own studies.
その結果、ケリーは以前使っていた日本語の教科書を引っ張り出し、さらに日本語の本や文法書も購入しました。生徒は、どんなに仕事や家族のことが大変だとしても、時間を見つけては英語を勉強しています。ケリーは生徒たちの意欲を見習い、自分の勉強に励もうと誓います。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Corny(ダサい)

cornyは「ダサい」や「くだらない」という意味の単語で、オリジナリティーがなく使い古された言動に対してよく使われます。例えば、「布団がふっとんだー」や「電話にでんわー」のような親父ギャグを言った人に「その冗談はダサいよ」と言う場合は、“That’s a corny joke.”と表現します。ただし、必ずしも悪い意味とは限らず、cornyな映画や冗談などを面白いと思う人もいるので、状況に応じて判断しましょう。

  • My dad always tells corny jokes.
    (私の父はいつもくだらない冗談を言う)
  • It was a corny joke, but I thought it was funny.
    (くだらないジョークだったけど、私は面白いと思ったよ)
  • I know this is going to sound corny but I love my job.
    (陳腐に聞こえるかもしれませんが、私は自分の仕事が大好きです)

2) Stuck at(〜で足止めになる)

stuckは何かが引っかかって動けない状態を表し、日常会話では「足止めされる」の意味として使われます。例えば、パンデミックで外出できなかった時に、“I was stuck at home.”、空港で足止めになった時に、“I’m stuck at the airport.”という具合に、stuck at の後には足止めになる場所を入れるだけでOKです。

  • My flight got delayed and I’m stuck at the airport.
    (飛行機が遅れて、空港で足止めを食らっているんだ)
  • I was stuck at work until 8 last night because the meeting dragged on.
    (昨日はミーティングが長引いて、8時まで会社にいないといけませんでした)
  • He tested positive for COVID and he’s been stuck at a hotel for the past week.
    (彼はコロナの検査で陽性となり、この1週間ホテルで足止めを食らっています)

3) Hit a plateau(停滞期に入る)

ダイエットで減っていた体重が急に減らなくなったり、英語の勉強で壁にぶつかりうまくいかなくなった時など、停滞期に入ることをhit a plateauと言います。「停滞期に入っています」は“I hit a plateau.”、「停滞期を抜け出す」は“Break a plateau”や“Break through a plateau”のように表します。

  • I feel like I’m hitting a plateau. My English isn’t improving at all lately.
    (停滞期に入っているような気がする。最近英語が全然伸びない)
  • How did you break through your plateau?
    (あなたはどうやって停滞期から抜け出しましたか?)
  • Hitting a plateau means you’re getting closer to your goal. Don’t stop and keep going.
    (停滞期は目標に近づいている証です。諦めないで、頑張ってください)

4) Make an effort(努力をする)

make an effort は「努力をする」や「頑張る」ことを意味します。例えば、「私は毎日1時間英語の勉強をするように努力している」は“I make an effort to study English for an hour every day.”、「朝に運動するように努力している」は“I make an effort to exercise in the morning.”という具合に、make an effort toの後には動詞が続きます。

  • I make an effort to speak English every day.
    (毎日、英語を話すように努力しています)
  • I make an effort to cook at home, but it’s hard.
    (自炊をするように頑張っていますが、難しいです)
  • He didn’t even make an effort to show up to the event.
    (彼はイベントに参加する努力もしなかった)

5) Look through(目を通す)

look throughは本や雑誌、書類などに「目を通す」ことを意味します。内容を細かく読んだり調べたりするというよりは、全体的にざっと見るニュアンスがあり、例えば、同僚に「この報告書に目を通してくれますか?」と聞く場合は“Can you look through this report?”と言います。

  • When you get a chance, can you look through my essay?
    (都合の良い時に、私のエッセイに目を通してもらえますか?)
  • I looked through it and everything looks great.
    (目を通しましたが、特に問題はありませんでした)
  • I’ll look through the report after the meeting.
    (ミーティングの後に報告書に目を通します)

 

Vocabulary(単語)

  • Major・・・専攻
  • Depressing・・・落ち込む

Expressions(表現)

  • COVID・・・コロナ
  • Find my own time・・・時間を確保する
  • Be out of school・・・学生じゃなくなって
  • Put effort in・・・努力する

登場人物紹介

Kelly

大阪と福岡で英会話講師として働いた経験を持つフレンドリーな講師。大学では日本語を専攻していたことから、日本語を流ちょうに話せるので、日本語での説明が必要な場合でも対応可能。フリーカンバセーションだけでなく、TOEFLやTOEICなど試験対策、ビジネス英会話などのレッスンも提供中。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Kesha

フォニックスを専門とし、大人から子供まで様々なレベルの英語学習者にフォノグラム(発音)を教えている。和歌山県の高校で6年間英語講師として働いた経験を持つ。カフェトークの子ども向けレッスンでは、一人一人のニーズに合わせた独自の教材を使ったレッスンを行っている。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト