日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2020.09.30

日常会話をよりスムーズにする「Make」の用法35選

日常会話でよく使われる基本動詞のmakeは「~を作る」以外にもさまざまな意味を持つ動詞です。今日は、そんなmakeを使った35の表現をご紹介していきます。

「~する」を表すmakeの使い方(make + a/an + 名詞)

電話をしたり、提案をしたり、大騒ぎをしたりなど、何らかのアクションを起こす時は「make + a/an + 名詞」の形式で使い、日本語の「〜する」を表します。

  • Make a mistake(ミスをする)
  • Make a suggestion(提案する)
  • Make a call(電話する・電話をかける)
  • Make an effort(努力する)
  • Make a fuss(大騒ぎする)
  • Make a silly/funny face(変顔をする)
  • He makes a lot of careless mistakes.
    (彼は不注意なミスが多い)
  • Can I make a suggestion?
    (提案してもいいですか?)
  • I’m going to make a quick call to my office.
    (ちょっとオフィスに電話するね)
  • I’m making an effort to stay in touch my parents more often.
    (両親にもっと連絡するように努力しています)
  • He always makes a fuss over little things.
    (彼はいつも小さなことで大騒ぎをする)
  • Let’s take a selfie. Make a silly face!
    (セルフィー撮ろうよ。変顔して!)

その他、予定や計画を立てる時や予約するするとき、または決定する時にも make が使われます。ちなみに、美容室や歯医者など「人と会う約束をする」場合は make an appointment、レストランやホテルで「部屋や席など場所を予約する」場合は make a reservation が使われます。

  • Make a plan(計画を立てる)
  • Make an appointment(アポを取る)
  • Make a reservation(予約する)
  • Make a decision (決断する)
  • I’d like to make an appointment for a haircut tomorrow.
    (明日カットの予約をしたいのですが)
  • I’d like to make a reservation for 2 at 7 tonight.
    (今夜7時に2人で予約したいのですが)

「作る」を表すmakeの使い方

食べ物や飲み物を作る時にも make が使われます。例えば、「夕食を作る」は make dinner、「パスタを作る」は make pastaと言います。料理を作るときは cook も使いますが、cookは一般的に焼いたり煮たりなど、火を使って料理する時に使われます。そのため、「ステーキを焼いています」は“I’m cooking a steak.” と “I’m making a steak.”の両方で表すことができますが、「サラダを作っています」という場合は“I’m making a salad.”を使いましょう。“I’m cooking a salad”と言ってしまうと、「サラダを焼いています」という意味になってしまうので気を付けましょう。その他に、コーヒーやお茶をいれる時には“Make coffee”や“Make tea”と言います。

  • I’ll make you a nice cup of coffee.
    (美味しいコーヒー入れるね)
  • I’m going to make some tea. Do you want some?
    (お茶入れるけど、いる?)

「お金を稼ぐ」を表すmake

Make は「お金を稼ぐ」意味としてもよく使われます。

  • Make money(お金を稼ぐ)
  • Make a living(生計を立てる)
  • Make a profit(利益を得る)
  • How do YouTubers make money?
    (YouTuberってどうやってお金を稼いでいるの?)
  • Apparently, she makes over $5,000 a month on Instagram.
    (彼女はインスタで月に5千ドル以上稼いでいるらしいよ)
  • She makes a living as a yoga instructor.
    (彼女はヨガの先生として生計を立てています)
  • That company made a profit of a million dollars last year.
    (あの会社は去年、1000万ドルの利益を上げました)

誰かに「~させる」を表すmakeの使い方

1) 誰かを「~の状態にする」は「make + 人 + 〇〇」

人を幸せな気持ちにさせたり、悲しませたり、怒らせたり、笑わせたりするなど、相手の気持ちやムードを変化させる時にも make が使われ、誰かを「~の状態にする」と表現する場合は「make + 人 + 〇〇」の形式が使われます。

  • Make someone happy(幸せな気持ちにさせる)
  • Make someone angry(怒らせる)
  • Make someone laugh(笑わせる)
  • My cat makes me happy.
    (私の猫は私を幸せな気持ちにさせます)
  • You always make me smile.
    (君はいつも僕を笑顔にしてくれる)
  • He said that? That makes me mad.
    (彼、そんなこと言ったの?腹が立つな)
  • That movie made me cry.
    (あの映画、泣けるわー。)
  • Your haircut looks great. It makes you look younger.
    (君の髪型イイね、若く見えるよ。)

2) 誰かに「~を(無理やり)やらせる」は「Make + 人 + 動詞の原形 + something」

人に何かをさせたり、やらせたりすることを表すときは「make + 人 + 動詞の原形 + something」の形式を使います。この表現には、相手がやりたがらないことを無理矢理やらせるニュアンスがあります。例えば、宿題をやりたくない息子に強制的に宿題をさせる場合は「I made my son do his homework.」と言います。

  • My boss made me do a speech in front of everyone.
    (私の上司は、私にみんなの前でスピーチをさせました)
  • My mom made me study English when I was young.
    (子供の時に、私の母親は私に英語を勉強させました)

Make itの代表的な3つの使い方

1) 「時間に間に合う」を表すmake it

Make itは日常会話で主に3つの使い方をしますが、そのうちの一つが「時間に間に合う」です。電車や飛行、ミーティングやイベントなどに間に合う、または間に合わないと表現するときに使います。例えば、「終電に間に合った」は “We made the last train.”、もしくはシンプルに「間に合った」と言う場合は “We made it.”、「終電に間に合わなかった」は “We didn’t make the last train.”、もしくはシンプルに “We didn’t make it.”と表現します。
ちなみに、「〜へ無事到着した」の意味として使うこともでき、友達に「ロスに無事到着したよ」と言いたい場合は“We made it L.A. safely.”と言い、「到着する」を意味するarriveに置き換えて使うことができます。

  • The show is starting in 10 minutes. Do you think we’ll make it?
    (後10分でショーが始まるけど、間に合うと思う?)
  • There’s so much traffic. I don’t think we’re going to make it.
    (渋滞がすごいね。間に合わないと思うよ)
  • We still have 30 minutes. If we hurry, we’ll make it.
    (まだ30分あるよ。急げば間に合うよ)

2) 「都合がつく」を表すmake it

二つ目の意味は、「都合がつく」または「都合がつかない」です。例えば、週末に食事に誘われて「行けるよ」と返答する場合は“I can make it.”、他の予定が入っていて「行けない」と返答する場合は“Sorry. I can’t make it.”と言います。逆に相手に「来れる?」聞くときは “Can you make it?”と言います。

  • Can you make it to dinner tonight?
    (今夜食事に来れる?)
  • Can you make it to international exchange party tomorrow?
    (明日の国際交流会に来れる?)
  • If you can’t make it to the meeting, no worries at all.
    (もしミーティングに参加できなくても心配しないで。)

3) 「乗り越える」や「回復する」を表すmake it

三つ目の意味は、「乗り越える」や「回復する」です。特に重体の人の命が助かる、助からないといった表現をする際に使われます。“He is going to die.(彼は死んでしまう)”はストレート過ぎる言い方になるため、代わりに“He is not going to make it.(彼は助かりません)”のように表現することがよくあります。

  • Don’t worry. We are going to make it.
    (心配しないで。乗り越えるから。)

 

動画レッスン

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Mutsuko kosuda より:

    いつも楽しみにしてます。お金を稼ぐの欄で
    Money money とありますが Make money の間違いではないでしょうか。

    • Kiki より:

      Mutsuko kosuda 様、

      コメントありがとうございます。
      こちらは入力ミスとなります。ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。
      下記の通り修正いたしました。

      誤: Money money

      正: Make money

      どうぞよろしくお願いいたします。

      Hapa英会話スタッフ

  2. Haru より:

    Hell,Jun-san Thank you for your kindness to teach English for every Japanese speakers.
    Today,I decided to start writing with English to Instagram, Facebook.
    I ‘ve been watching your Youtube program for few years , but only watching could not make me speaker
    and English user.
    So,I try to write this comment.
    Believe in myself to make it continue to learning English.

    • Jun より:

      Hi Haru,

      I’m excited to hear you started writing in English on IG and FB! The best way to learn is to apply it! Have fun 😃

  3. 富岡麻理子 より:

    英語をある程度話せるようになっても、make をなかなかうまく使いこなせませんでしたが、この解説でとてもよくわかりました!
    いつもためになるレッスンをありがとうございます。

  4. A.K より:

    make の語法・用法に関し、詳細な説明ありがとうございました。
    まさに、Bilingual のJuneさんでないと説明できないと思います。

    これから、make を色々な場面で使っていきたいと思います。
    今後また機会がありましたら、その他の基本動詞の take / get / have
    等も取り上げて頂くと、嬉しいです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム