日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2019.05.06

「なんでもできる人」は英語で?

「なんでもできる人」は英語で?

何をやっても器用な人や、どんな仕事でも要領よくこなす人っていますよね?今回は、そのような人を表すのにピッタリの英語表現をご紹介いたします。

Jack of all trades
→ 「なんでも屋」

様々な仕事や雑事を器用にこなす人、いわゆる「何でも屋」のことをJack of all tradesと表現します。しかし、「Jack of all trades, master of none」のように、色々な事について幅広い知識を持っている一方で、(各分野の知識が浅く)一つも秀でたスキルを習得していないニュアンスとしても使われることもあるので使い方には注意が必要です。

  • Wear many hats(いろいろな仕事を担う)」も同様の表現として使われます。
  • My friend is a jack of all trades.
    (私の友達はなんでも屋です。)
  • Do you think it’s better to be a specialist or a jack of all trades?
    (専門家と万能型どっちがいいと思いますか?)
  • I’m a jack of all trades but master of none.
    (私は色々な雑事をできますが、特に特化した分野がないんですよね。)
  • I wear many hats. I do accounting, marketing, sales, just all kinds of stuff.
    (私は色々な仕事をこなしています。会計からマーケティング、セールスなど様々なことをやっています。)

〜会話例1〜
A: You are seriously a jack of all trades. Is there anything you don’t know how to do?
(本当に色々なことができますね。できない仕事ってあるんですか?)
B: I just like to learn how to do everything. I’m just not a master at one thing though.
(何でも学ぶのことが好きでね。でも特化した分野はないんですけどね。)
〜会話例2〜
A: Sounds like you wear many hats.
(色々な仕事をこなしているようですね。)
B: Yeah that’s how it is when you start a business.
(自分でビジネスを始めるとそうなりますよ。)

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. 白川貴子 より:

    横浜でのイベントでは、大変お世話になりました。さて、多才な人とは、”a versatile person” とは、言えないのですか?

    • Jun より:

      白川さん

      横浜のセミナーに参加していただきありがとうございます!多才な人を “versatile person”といます!

  2. Chihiro より:

    Omg, it’s soooo useful and helpful!!!
    Thank you so much 🙂

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム