日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2018.12.13

「振り返ると」や「今思えば」は英語で?

「振り返ると」や「今思えば」は英語で?

「あの時ああしておけばよかった」や「あの頃が一番よかったなぁ」と過去を振り返ったり思い返したりする時に、日本語では「今思うと」や「今になって考えると」などの台詞を口にすることがよくありますが、英語でも同じような表現があるのでしょうか?

In retrospect / Looking back
→「(過去のことを)思い返してみると/今になって思えば」

この2つの表現(In retrospect / Looking back)が、日本語の「今思うと」や「振り返ってみると」に最も近い表現でしょう。基本的に「今にして思えば~すれば良かった」のように、当時は分からなかったが後になって気づいたり理解するなど、多少後悔の気持ちを表すときによく使われるので、「I should have 〜(~すべきだった)」の文章がフォローするパターンが一般的です。しかし、「あの頃は良かったな」と単純に過去を振り返るシチュエーションで使うこともできます。

  • 「In retrospect」と「Looking back」は意味も使い方も全く同じで、基本的に文頭で使われる。
  • In retrospect, I should’ve studied harder in high school.
    (今にして思えば、高校生の頃にもっと勉強するべきだった。)
  • In retrospect, studying abroad was my best year in college.
    (振り返ってみると、大学時代に交換留学した時が一番楽しかった。)
  • Looking back, that was the turning point in my life.
    (今になって考えると、あの時が人生の転機でした。)
  • Looking back, those were the best times.
    (思い返してみると、あの頃が一番楽しかったです。)

〜会話例1〜
A: In retrospect, I should’ve never done that.
(今になって思うねんけど、あんなことせんかったらよかったわ。)
B: That’s life. Everyone makes mistakes.
(人生なんてそんなもんやで。誰にでも間違いはあるんやし。)
〜会話例2〜
A: Looking back, I should’ve traveled more when I was younger.
(今になって思うけど、若い頃にもっと旅行しておくべきだったよ。)
B: It’s never too late.
(今からでも決して遅くないですよ。)

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム