日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2018.11.22

「(スポーツの試合が)最後の最後まで接戦ですね」は英語で?

「(スポーツの試合が)最後の最後まで接戦ですね」は英語で?

スポーツの試合もみていて、「最後の最後まで接戦ですね」言いたい場合、英語ではどのように表現するのが自然でしょうか?

This game is coming down to the wire.

This game is going down to the wire.

最後の最後まで大接戦が続くスポーツの試合もみている時に「最後の最後まで予断を許さない展開ですね」や「最後まで接戦だね」と言いたい場合は、「最後の最後まで」を意味するフレーズ「Down to the wire」を使って、「This game is coming down to the wire.」または「This game is going down to the wire」と言うのが自然でしょう。「Come down to the wire」と「Go down to the wire」は意味もニュアンスは全く同じです。

  • 「Come/go down to the wire」は、締め切りが近づいてきた仕事の追い込みにかかっていることを表す場合にも用いられる。
  • 「土壇場で」と言いたい場合は「At the (very) last minute」または「At the (very) last second」が使われる。「彼が土壇場でゴールした」は「He scored at the very last minute!」
  • This game went down to the wire.
    (この試合は最後の最後まで接戦でしたね。)
  • We’re coming down to the wire. Let’s finish strong.
    (最後の追い込みです。頑張って終わらせましょう。)

〜会話例1〜
A: Did you watch the USA vs Belgium game?
(アメリカ対ベルギーの試合見ました?)
B: Yeah, it was such an exciting game. It came down to the wire!
(ええ、ハラハラドキドキする試合でした。最後の最後まで大接戦でしたね。)
〜会話例2〜
A: What a game!
(最高な試合でしたね!)
B: I can’t believe he scored at the last second!
(彼が土壇場でゴールを決めたのが信じられないよ!)

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログ筆者Jun Senesacが手掛ける
プレミアムコースの受講生を現在募集中!

当ブログ筆者Jun Senesacが手掛けるプレミアムコースの受講生を現在募集中!

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム