日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2018.11.14

「試着してもいいですか?」は英語で?

「試着してもいいですか?」は英語で?

買い物中に気になる洋服を見つけて、店員さんに「試着できますか?」と尋ねる場合、英語ではどのように表現するのが自然でしょうか?

Can I try this on?

I’d like to try this on.

試着することを英語では「Try on」と表現します。店員さんに試着できるか尋ねる時は、「Can I try this on?」や「I’d like to try this on」と表現するのが一般的です。試着する洋服が複数の場合は、Thisの代わりにTheseを使いましょう。また、「Can I try this shirt on?(このシャツを試着したいのですが)」のように具体的に試着をしたいものを示してもOKです。注意して欲しいのが、「Can I try this on?」の代わりに「Can I try on this?」のように表現するのはちょっと不自然です。「Try on _____」の流れで表現する場合は「Can I try on this shirt?」や「Can I try on these shoes?」のように表現することで自然な響きになります。

  • Can I try these jeans on? / Can I try on these jeans?
    (このジーンズを試着したいのですが。)
  • I’d like to try these on, please.
    (これらを試着したいのですが)

〜会話例〜
A: Excuse me, can I try these pants on?
(すみません。このズボンは試着できますか?)
B: Sure. The dressing room is right this way.
(もちろんです。試着室はこちらです。)

Where is the dressing room?

Where is the fitting room?

試着室のことを英語では「Dressing room」や「fitting room」と表現します。この文章を直訳すると「試着室はどこですか?」となりますが、「試着してもいいですか?」=「試着室はどこですか?」と捉えることができるので、この表現の仕方でも問題ないでしょう。

  • Excuse me. Where is the dressing room?
    (すみません。試着室はどこですか?)

〜会話例〜
A: Excuse me. Where’s the dressing room?
(すみません。試着室はどこですか?)
B: It’s to your left.
(左側にあります。)

 

その他の買い物表現

過去のブログ記事『買い物中の店員さんとのやり取り英語(ベーシック編)』では、試着前の「~を探しています」や「~はどこにありますか」の英表現を紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログ筆者Jun Senesacが手掛ける
プレミアムコースの受講生を現在募集中!

当ブログ筆者Jun Senesacが手掛けるプレミアムコースの受講生を現在募集中!

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム