日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2018.11.05

「ついてない」や「残念」は英語で?

「ついてない」や「残念」は英語で?

何か不運な出来事に遭遇した時に「ついてない」と口にしたい場合、英語ではどのように表現するのが自然でしょうか?

It was a tough break.

「Tough break」は、一言で言えば「不運」を意味します。順調に進んでいた物事が不運に見舞われ、上手く行かなかった時に「ついてない」や「残念」のニュアンスとしてよく使われる表現です。日常生活だけではなく、ビジネスシーンおよびスポーツシーンでもよく使われます。

  • Tough luck」も「不運」を意味する表現ですが、皮肉として使われることが多く、「残念だ」や「ついていない」というよりは「自業自得だ」のように冷たいニュアンスが含まれる。
  • Sorry to hear your accident. That’s a tough break.
    (事故のことを聞いて気の毒に思います。不運ですね。)
  • He’s had a lot of tough breaks recently. I feel bad for him.
    (彼は最近不運が続いています。気の毒だ。)
  • They came so close to winning that game! Tough break.
    (もうすぐで勝てたのに。残念だ。)

〜会話例1〜
A: They backed out of the deal at the last minute.
(彼らは土壇場で取引から手を引きました。)
B: That’s a tough break. Looks like we’re back to square one.
(残念だ。一からやり直しですね。)
〜会話例2〜
A: Oh my gosh. The ref totally missed that call.
(信じられへん。あれは完全に審判の判定ミスやって。)
B: Tough break. That might cost us the game.
(ほんまついてへんわ〜。おかげさんで試合に負けてまうかもしらんで。)

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Jun Senesacが全国7都市を訪問!
現在、HAPA英会話リアルセミナーを開幕中!!

Junが全国7都市を訪問!現在、HAPA英会話リアルセミナーを開幕中!!

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム