日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2018.07.11

「今日は雨が降りそうですね」は英語で?

今日は雨が降りそうですね

どんより曇った空を見て「今日は雨が降りそうだね〜」と言いたい場合、英語ではどのように表現するのが自然でしょうか?

It’s likely to rain today

「〜しそうである」や「〜なりそうである」のように、確実ではないものの、何かが起こる可能性が高いと表現する場合は「likely to」を使って表現することができます。ちなみに、veryを付け足し「very likely to ___」とすることで「大抵~するに決まっている」のようにより高い可能性を示すことができます。Veryをmostに置き換えて「Most likely to ___」にすると、「~する可能性が最も高い」のように更に高い可能性を示すことになります。

  • The party is likely to be next week.
    (パーティーは来週になりそうです。)
  • She’s very likely to quit her job.
    (彼女は仕事を辞めるだろうね。)
  • That team is most likely to win this year.
    (今年は、あのチームが最も勝つ可能性が最も高いでしょう。)

〜会話例1〜
A: Are you going to visit us in Japan next year?
(来年、日本に会いにきてくれるの?)
B: Yeah of course! Most likely next summer.
(もちろん。恐らく来年の夏だろうね。)
〜会話例2〜
A: Do you think that company is likely to succeed?
(あの会社は成功する可能性はあると思う?)
B: We’ll see. They have a great concept.
(様子を見ないと分からないね。良いコンセプトは持っていると思うよ。)

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログ筆者Jun Senesacが手掛ける
プレミアムコースの受講生を現在募集中!

当ブログ筆者Jun Senesacが手掛けるプレミアムコースの受講生を現在募集中!

Advertisement

コメント

  1. RRKM より:

    いつも楽しく勉強させて頂いております。
    質問なのですが、例文の、most likely next summerの文章では、なぜlikelyのあとにtoをつけないのですが?
    宜しくお願い致します。

    • Jun より:

      RRKMさん

      こんにちは。いつもありがとうございます。toの後に動詞が続く場合はlikelyの後にtoをつけます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム