日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2018.06.04

「気にしないでね」は英語で?

「気にしないでね」は英語で?

日本語の「気にしないでください」や「何でもないです」は、英語ではどのように表現するのでしょうか?

Never mind

アメリカ人が咄嗟に言う一言「Never mind」は色々なシチュエーションで使われます。基本、「気にしないで」を意味しますが、その他にも、何か言おと思ったことけど、やめたときの「Never mind(何でもないです)」や、質問をはぐらかす時の「Never mind(まぁ、いいじゃん)」、相手に質問をして相手が答える前に自分が答えが分かった時の「Never mind(あ、何でもない。わかった)」などの意味合いとして用いられます。

  • Never mind. It’s not important.
    (何でも無いです。大したことではありません。)

〜会話例1〜
A: Did you call me?
(呼んだ?)
B: Never mind. I fixed it already.
(気にしないで。もう自分で直したよ。)

〜会話例2〜
A: What’s his name again?
(彼の名前何だっけ?)
B: Who?
(誰?)
A: Oh never mind. It’s Timmy.
(あ、気にしないで、思い出した。ティミーだ。)

〜会話例3〜
A: Hey have you seen my keys?
(僕の鍵、見なかった?)
B: Your keys? Did you check the counter?
(鍵?台所のカウンターはチェックした?)
A: Never mind! (I) Found it! It was in my pocket.
(気にしないで。見つけた!ポケットに入ってたよ。)

他の言い回し

No worries

「No worries」は「心配しないで」や「気にしないで」を意味し、特に相手から何かしらの気遣いの言葉をかけてもらったことに対し、「大丈夫だよ」や「問題ないよ」のように、状況でよく使われます。

  • No worries. It’s not a big deal.
    (気にしないで。大したことじゃないから。)

〜会話例1〜
A: Hey Jack, I’m stuck in traffic right now and I’m probably going to be about 10 minutes late.
(ジャック、今渋滞につかまっていて、10分くらい遅れるかもしれない。)
B: No worries. I’m running late too.
(気にしないで。私も遅れているから。)
〜会話例2〜
A: I’m so sorry! I accidentally spilled my wine on your carpet.
(ごめん!うっかりワインをカーペットにこぼしちゃった。)
B: No worries. Let me grab some paper towels.
(気にしないで。今、ペーパータオルを持ってくるね。)

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログ筆者Jun Senesacが手掛ける
プレミアムコースの受講生を現在募集中!

当ブログ筆者Jun Senesacが手掛けるプレミアムコースの受講生を現在募集中!

Advertisement

コメント

  1. うぷ より:

    はじめまして。
    いつもYoutubeを観ておりますが、ブログははじめてです。とてもわかりやすい構成と内容で、これから愛読していきたいと思います。

    今回のブログの内容とは関係ない質問ですが、英語で会話する際、日本在住の外国人が休みを利用し、自分の国にしばらく帰る場合や〇〇(国名や地名)に行っている、行ってきた、行ってたなど、日本語では頻繁に使う表現を英語ではどう表現したらいいでしょうか?
    例えば、彼は
    ・アメリカに帰ってた。
    ・今アメリカに行ってる。
    ・来週アメリカにしばらく帰る予定。
    ・アメリカに旅行にいく。
    ・アメリカに旅行に行ってきた。
    ・アメリカに旅行に行ってる。
    など、特に旅行の場合はtripよりもっとネイティブな表現はあるのでしょうか?
    ブログやYoutubeにまとめていただけたら、とても勉強になると思います!
    よろしくお願いします。

    • Jun より:

      うぶさん

      こんにちは。いつもHapaで学習していただき、ありがとうございます!

      その場合、国の名前を具体的に示すか、「back to(国名)」で表現のするといいでしょう。
      ・He went back to the U.S.(アメリカに帰ってる)
      ・He is back in the U.S. now.(今アメリカに行ってる)
      ・He’s planning on going back to the U.S for a while.(来週アメリカにしばらく帰る予定)

      旅行に行っている場合は、「visiting(国名)」でOKです。「He’s visiting the U.S.」のように表現します。

      • うぷ より:

        詳しくありがとうございます!
        今まで何となく使っていた表現がすっきり整理され、とても助かりました。
        これからも楽しみにしています!

  2. せりな より:

    いつもありがとうございます。
    「遠慮しないでね」は、英語で何て言うのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    • Jun より:

      せりなさん

      こんにちは!「遠慮しないでね」は状況によって表現の仕方はいろいろあります。“Go ahead and order whatever you want. (遠慮しないでなんでも注文して)」というこよもできれば、「Don’t be shy. Say what’s on your mind. (遠慮しないで、思ったことをはっきり言いな)」と表現することもあり、状況次第ですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム