日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2018.05.25

英語で「(予定が)空いている」や「都合がいい」は?

英語で「(予定が)空いている」や「都合がいい」は?

先日の記事『英語で「何時が都合いい?」を自然に(カジュアル&ビジネスシーン)』では「何時がいい?」の質問の仕方について触れましたが、今回はその質問に対して「〜なら都合いいです」と返答する際、ネイティブが使っている定番の英表現をいくつかご紹介しようと思います。

1) I’m free _______
→「〜なら空いています」

この表現は日常会話において、特に何の予定もなく空いていることを伝える際によく使われる表現です。例えば、「今週の水曜日午前10時以降でしたら空いています」と伝えたい場合は、「I’m free on Wednesday after 10.」、「来週月曜日の午後4時前でしたら都合がいいです」は「I’m free next Monday before 4.」と表現します。

  • カジュアルシーンでもビジネスシーンでもよく使われる表現。
  • I’m free Wednesday morning.
    (今週の水曜日の午前中だったら都合いいよ。)
  • Are you free on Saturday?
    (土曜日は空いてる?)

〜会話例1〜
A: When are you available to meet up next week?
(来週は何曜日だったら空いてる?)
B: I’m free next Tuesday. How about you?
(来週の火曜日なら空いてるよ。あなたは?)

〜会話例2〜
A: What’s your schedule like next week? Can I drop by on Monday?
(来週のスケジュールってどんな感じ?月曜日に立ち寄ってもいい?)
B: I have a couple meetings in the morning but I’m free after 1PM.
(朝はミーティングがいくつか入っているけど、午後1時過ぎだったら空いてるよ。)

2) I can make it
→「都合がつく」

この表現は、相手から「〜は都合どう?」や「〇〇日は空いている?」と予定を尋ねられ、「大丈夫だよ」や「その日程なら都合いいです」の意味として返答する際によく使われます。ポイントは、自分から相手のところへ伺う意味合いが含まれていることです。「I can make it on Sunday」と言うと、「日曜日は都合がいいです。(なので、そちらへ伺いますね)」を意味することになります。

  • カジュアルシーンでもビジネスシーンでもよく使われる表現。
  • 「都合がつかない」は「I can’t make it」
  • I can make it Friday afternoon.
    (今週の金曜日の夕方だったら都合いいです。)
  • I’m sorry. Something came up and I can’t make it to dinner tonight.
    (すみません。急用が入って、今夜の食事に行けません。)

〜会話例1〜
A: We’re going to throw a surprise birthday party for Jack tomorrow night. Do you think you can make it?
(明日の夜、ジャックのためにサプライズ誕生日会を開く予定なんだ。来れる?)
B: From what time? I have work till 8 but I can swing by after work if you guys are still there.
(何時から?明日は8時まで仕事をしないと行けなくて。その時間にまだ誕生日会しているんだったら仕事の後に立ち寄るよ。)
〜会話例2〜
A: Can you make it to the meeting tomorrow?
(明日のミーティングに参加でますか?)
B: Yeah I can make it. It’s from 8 AM right?
(大丈夫です。午前8時からですよね?)

3) I am available _______
→「〜でしたら都合がいいです」

この表現は「〜でしたら都合がつきます」のようにフィーマルな響きがあるため、ビジネスシーンや予約を取るときによく使われます。友達や家族など親しい関係の会話で使うのは違和感があります。

  • I’m available on Thursday.
    (木曜日でした都合がつきます。)
  • Sorry. I’m not available tomorrow.
    (すみません。明日は都合がつきません。)

〜会話例1〜
A: Hey Tom. I want to come in for a hair cut tomorrow. Are you available around noon?
(トムさん、こんにちは。明日、カットしてもらいたいんだけど、お昼頃って空いてる?)
B: Let me check my schedule. I can get you in at 12:30. Does that work for you?
(スケジュールを確認するね。12時半だったら大丈夫だよ。どう?)

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Jun Senesacが全国7都市を訪問!
待望のHAPA英会話セミナーが遂に来月スタート!!

Junが全国7都市を訪問!待望のHAPA英会話セミナーが遂に来月スタート!!

Advertisement

コメント

  1. 神田ゆかり より:

    毎日、送られて来る音声を楽しみにしています。
    また、何人かのYouTubeを見ましたが、やはり、生理的に受け付けない方の動画は無理です。
    ジュンさんが、日本的にいうところのハーフとは後から知りました。
    また、YouTubeも見ては息子のラインに送って、また見ています。
    英語を話せるようになりたいと思ってます。しかし、仕事が余りにも忙しくて、そんなに時間はとれません。そこで、なるほど、きちんとのソレーシーさんの本から、ジュンさんの本ななり、毎日聞き更に送られて来る音声を聞いて、シャドウイングしています。
    今、プライム英会話?を購入しようかと悩んでいます。
    ハパ英会話も、もちろん考えました。しかし、海外旅行を主にしているとあり、私は当分海外旅行に行く暇もお金もありません。3月より、スマホ留学とか20万とかも拝見しましたが、余りにも高額で無理だと思いました。
    ジユンさんには、ジャーナリングのことも教えて頂きました。日本人が、英語が話せるようになる環境が、普通に整って欲しいです。
    また、話す機会がないのは、全ての日本人の悩みだと思いました。

    • Jun より:

      神田さん

      こんにちは。いつもHapa英会話で学習していただき、ありがとうございます。学習の目的、仕方、そして学習のために費やす時間は人によってそれぞれですが、最も重要なことは自分自身が継続できる学習法を見つけ出すことだと思います。そして、期間を決めて最後までやり通すことです。シャドウイングであれば、1ヶ月間、毎日15分間すると決め、1ヶ月間そのトレーニングに励むといいでしょう。色々なことに手を出すよりも、一つや二つに絞って徹底的に学習した方が効果があると思います。頑張ってください!

  2. Fujibei より:

    いつも楽しく拝見しています。
    質問です。

    Can I drop by next Monday? の代わりに、Can I stop by …? あるいはCan I pass by …?を使っても同じですか。Can I pass by …?は、「通り過ぎて行く」みたいな感じはないですか?

    • Jun より:

      Fujibeiさん

      こんにちは!「drop by」の代わりに「stop by」を使うことはできますが、「pass by」は意味が異なります。「pass by」はFujibeiさんが書いた通り、「通り過ぎて行く」なので、「立ち寄る」にはならないですね。

  3. Haruka より:

    こんにちは。

    一つ質問があります。
    海外ドラマなどで、よく相手に対して、「なぜ、そのようなことしたの?」のようなニュアンスを言うときに、
    「Why did you do that?」
    「Why would you do that?」
    「How could you do that?」
    のような表現を目にするんですが、どのようなニュアンスの違いがあるのでしょうか?

    • Jun より:

      Harukaさん

      こんにちは。良い質問ですね。使われる状況にもよりますが、簡単に言うと、「Why did you do that?」は相手の決断に対して疑問を持つのに対し、「Why would you do that?」は相手のモチベーションや意図に対する疑問になります。「How could you do that?」も相手の意図に対する疑問ですが、「信じられない!」のようなうんざりした気持ちが込められています。

  4. rurumin より:

    Junさん、はじめまして。
    こちらのコラム最近知ったのですが、とっても詳しくて楽しく読ませていただいてます^^

    質問なのですが、

    I can make it Friday afternoon.には、前置詞 for/onなどはつかないのでしょうか?
    つけると不自然ですか??

    たとえば自分の予定がちょうど埋まってしまってる場合、 I’ve got a plan already for Friday afternoon.というような言い方をしてる気がするのですが、この場合はforでOKと考えていいでしょうか?

    • Jun より:

      ruruminさん

      こんにちは!

      Make itに前置詞つきます。例えば、「Can you make it on Friday?」と「Can you make it Friday?」は両方ともOKですが、日常会話では「on」を省いて言うことがよくあります。もし、「Friday afternoon」の場合、「Can you make it (on) Friday in the afternoon?」と言うのが文法的に正しい言い方となります。(Can you make it Friday afternoon、はちょっと砕けた言い方)

      「I’ve got a plan already for Friday afternoon.」はOKです!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム