日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2018.04.19

「担当者」や「責任者」は英語で?

「担当者」や「責任者」は英語で?

ビジネスシーンでよく使われる「~を担当しています」や「~の責任者です」を、英語ではどのように表現すればよいのでしょうか?

英語表現 1

In charge of

ビジネスシーンで「〜を担当しています」や「〜を任されています」のように、何かの担当者である事を表現する際に最もよく使う表現が「in charge of」でしょう。

  • 「Be動詞 + in charge of _____.(〜を担当しています)」
Who’s in charge of the sales department?
(営業部の担当者はどなたですか?)
I am in charge of accounting.
(私は経理を担当しています。)
〜会話例1〜
A: Can I talk to someone who’s in charge of customer service?
(顧客サービス担当者とお話がしたいのですが。)
B: Sure, can you hold on one moment please.
(かしこまりました。少々お待ちいただけますか?)

英語表現 2

Responsible for

「Responsible for」も会話の流れによっては「〜を担当しています」の意味になります。しかし、単に担当しているだけではなく、「〜に対して責任がある」といった意味合いが含まれているので、間違いや失敗などに対して責任を負わねばならない立場である場合には、「In charge of」ではなく「Responsible for」を使いましょう。

  • 「Be動詞 + responsible for _____.(〜の責任者です)」
Who’s responsible for this mistake?
(この間違いは誰の責任ですか?)
〜会話例1〜
A: What do you do?
(どんな仕事をされているんですか?)
B: I work for ABC company. I’m in charge of the marketing department. Our department is responsible for marketing our products.
(ABC社に勤めています。私はマーケティング部を担当しています。商品をマーケティングする部署です。)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

大好評プレミアムコースがさらに進化!
レベルに応じて学習カリキュラムを大幅に改良!!

Junが指導する7週間の学習プログラム『HAPA英会話プレミアムコース』現在受講生を募集中!

Advertisement

コメント

  1. Yusa より:

    “Responsible for” の会話例が “in charge of” になってます。
    I’m responsible for the accounting department. では?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム