日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2018.01.10

「ハマる」や「夢中」の英語表現3パターン

英語で「ハマる」や「夢中」の表現3パターン

大好きなアイドルに夢中になったり、バスケや野球などスポーツにのめり込むことを日本語で「ハマる」と言いますが、ネイティブは英語でどのように表現しているかご存知ですか?今回は、ネイティブが「はまっている」や「夢中になっている」と表す際によく用いる表現3つをご紹介したいと思います。

1) I’m into _____.
→「〜にはまっている / 〜に夢中」

Be intoは「積極的に興味を持つ」という意味になることから、「ハマっている」の意味としても使うことができます。この表現は、一時的に夢中になっている場合と、ずっと好きな場合の両方に使うことができます。スポーツ、音楽、趣味、食べ物などの物事に限らず、誰か(人)に夢中になっている状況でも使うことができ、ネイティブが日常会話で頻繁に使う口語的な表現です。

  • 多くのネイティブは「I’m really into _____」のようにReallyを加えて、夢中になっていることをより強調した言い方をする傾向がある。
  • Lately, I’ve been really into golf.
    (最近、ゴルフにハマっています。)
  • My daughter has been really into coloring ever since Grandma gave her a crayon set.
    (おばあちゃんにクレヨンのセットをもらって以来、娘は色塗りにハマっています。)
  • My sister has always been into music. She was in a band in high school, and now she works as a DJ!
    (妹は昔から音楽好きなんだよね。高校の時はバンドに入っていて、いまではDJとして働いているんだ。)

2) I’m obsessed with _____.
→「〜にすごくはまっている / 〜で頭がいっぱい」

直訳すると「~に取りつかれている」を意味するこの表現は、ハマり具合の大小を問わず使われますが、どちらかと言うと、少ししたら熱がさめるような一時的な状況で使われることが多いです。例えば、子供が新しいビデオゲームをもらって熱中している時や、オンラインショッピングに夢中になっている状況にピッタリの表現です。

  • アメリカでは、多少ハマっているだけの場合でも、皮肉でObsessedを「かなりハマっている」の意味としてを使うことがある。
〜会話例1〜
A: Why don’t we eat sushi tonight?
(今夜お寿司食べない?)
B: Again? You are obsessed with sushi!
(えー?また?本当に寿司にハマってるよね。)

〜会話例2〜
A: My son is obsessed with everything Mickey!
(息子がミッキーのことで頭がいっぱいなんだよね!)
B: Oh, my daughter went through that too. She’ll grow out of it I’m sure.
(うちの娘もそうだったよ。そのうちきっと卒業するよ。)

〜会話例3〜
A: When I was in high school, I was obsessed with SMAP!
(高校生だったころ、SMAPが大好きだったよ。)
B: Really? The kids now are all obsessed with Hey! Say! JUMP.
(そうだったんだ。今の子たちはHey! Say! JUMPにハマってるみたいだよ。)

3) I’m hooked on _____.
→「〜にはまっている / 〜の虜になっている(口語的)」

Hookedは、もともと麻薬などに対する「中毒」を表す場合に使われていましたが、現在では「買い物中毒」や「コーヒー中毒」などを表現する場合にも使われています。一般的に「hooked on _____」のようにhookとonはセットで使われることが多いですが、「I am/was hooked!(ハマってしまった)」という風にonを省いた使い方でもOKです。

  • 「I’m addicted to」も似たような意味を持つが、addictは薬物中毒のように結果的にプラスにならない娯楽に対して使われる傾向があり、スポーツや語学の勉強に対して使うのは違和感がある。
  • Once you try surfing, you’ll be hooked!
    (サーフィンを始めたら、ハマるよ!)
  • I think I’m addicted to coffee. I have to have at least 2 cups as soon as I wake up!
    (わたし、コーヒー中毒かも。朝起きたらまず2杯飲まないとダメなのよ。)
  • My dog is hooked on these doggy-treats.
    (うちの犬がこの犬用お菓子にハマってるのよ。)

 

ここで紹介した表現の他にも、「I like」や「I love」の表現に飽きた方へにも、「ハマっている」のニュアンスとして使える表現が紹介されているので合わせてご覧ください。
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

スペシャル企画『HAPAフェス 2018』

スペシャル企画『HAPAフェス 2018』

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム