日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2017.09.25

やんわり否定したい時は「It’s not like」

普段会話をしていると、「~ってわけじゃないんだけど」や「~っぽくないよね」のように、完全否定ではなくやんわりと軽く否定をすることって結構ありますよね?そんな時に使えるのが、「It’s not like」です。今回は、ネイティブの会話で良く耳にする「It’s not like」を使った3つのフレーズをご紹介します。

1) It’s not like _____.
→「別に〜というわけではい」

この表現は「別に〜というわけではない」を意味し、日常会話で使われるカジュアルな表現です。「別に好きな・嫌いなわけではないけれど・・・」のように、微妙な気持ちを表したいときに使われます。

  • It’s not like you’re busy. Help me out.(別に忙しいわけじゃないでしょ。手伝ってよ。)
  • It’s not like I don’t like her. She’s nice but just not my type.(別に彼女が嫌いなわけじゃないんだ。いい人だけど、僕のタイプじゃないんだよ。)
  • It’s not like I want to go but I have no choice.(別に行きたいわけじゃいないんだけど、行かないといけないんだよ。)

2) It’s not like someone
→「(人が)〜らしくない」

この表現は、「あなたらしくないね」や「ジョンさんらしくないね」のように、人の言動や行動が普段とは違う時に使われるフレーズです。例えば、友達の言動が普段と違うので、「あなたらしくないね」という場合は「It’s not like you.」、「〜するなんて君らしくないね」とより具体的に言う場合は「It’s not like you」の後に「to+動詞の原形」が続きます。

  • It’s not like you to be late. Did something happen?(遅刻するなんて君らしくないね。何かあったの?)
  • Did he really say that? It’s not like him.(彼がそんなこと言ったの?彼らしくないね。)
  • It’s not like Jesse to be so negative.(あんなネガティブな発言するなんて、ジェシーらしくないね。)

3) It’s not like that
→「そんなんじゃない」

相手に誤解されたり、冷やかされたことに対して否定したり、相手の考えが間違っていると注意をするときに使われる決まり文句が、「It’s not like that!」です。例えば、同じクラスの子と付き合っているんじゃないかと友達から冷やかされた場合、「It’s not like that. We’re just friends.(そんなんじゃないよ!ただの友達だよ)」という具合に使われます。

  • Trust me. It’s not like that.(信じてよ。本当にそんなんじゃないんだ。)
  • Don’t get me wrong. It’s not like that.(誤解しないでくれ。そんなんじゃないんだ。)
  • It’s not like that. You’re completely misunderstanding me.(そんなんじゃないんだ。完全に勘違いしているよ。)

 

動画レッスン

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログの筆者Jun Senesacによる英会話セミナーの開催決定!

HAPA英会話セミナー2017第2弾の開催決定!

Advertisement

コメント

  1. より:

    行きたいわけじゃなかったんだ は
    it was not like I want to go
    it is not like I wanted to go
    どっちなんですか?
    過去形にする場所の質問です!

  2. しろの より:

    日本人が大好きな
    「〜ってわけじゃない」という意味で
    It’s not that〜
    を使う方もいらっしゃいますが、どらちも正しいですか。

  3. Nico より:

    It’s not like I don’t like him, just because.

    彼のこと嫌いじゃないんだけど、、、何となく。

    という意味に使えるでしょか:)??

    • Jun より:

      Nicoさん

      ここでは「just because」を使うのはちょっと違和感がありますすね。「Why?(なんで?)」と質問をされたら、「Just because」と言えますが、この場合は「It’s not like I don’t like him」だけで言うのが自然でしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム