日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2016.06.09

アメリカの若者は「Bomb」をこう使う

アメリカの若者は「Bomb」をこう使う

ニュースや社会時勢などの内容をもとに英語の勉強をされている方にとって、爆弾や爆撃を意味する「Bomb」は良く耳にする単語かと思います。しかしこの「Bomb」という単語、実はネイティブの日常会話、特に若者の間では様々なスラングとしても用いられているので、今日はその中でも代表的なフレーズを4つご紹介します。

1) It’s the bomb
→「(物凄く)美味しい」

食べ物や飲み物が「超うまい!」と表す際によく使われる口語的な言い方です。“delicious”の代わりに“bomb”を用いて表現します。例えば、「This hamburger is delicious!(このハンバーガー美味しい!)」の代わりに「This hamburger is the bomb!(このハンバーガー最高に美味い!)」と表現します。

  • 使い方:「〜が物凄く美味しい」→「_____ is the bomb」。ここでは“bomb”の前に“the”を加えることがポイント。
  • 「〜めっちゃ美味しそう」と言う場合は「_____ looks bomb.」で、ここでは“the”は必要なし。
This is the best pizza I’ve ever had. It’s the bomb!(これまでに食べた中でもベストのピザだね。めっちゃ美味しい!)
That looks bomb. Can I have a bite?(それ、すごく美味しそうだね。一口もらってもいい?)
My buddy makes the bomb salsa.(私の友達は最高に美味しいサルサを作ります。)

2) I bombed it
→「大失敗した・失態をおかした」

プレゼンや面接、スピーチや演奏などを失敗したことを表現する際によく使われるフレーズです。あまりにも悲惨な失敗で泣きたくなるような心境を示すニュアンスがあります。また「試験に落ちる」を「I bombed the test.」と表現することも出来ます。

  • 使い方:「〜を大失敗した」→「I bombed the _____.」
  • “totally”や“completely”を“bomb”の前に加えて、強調する言い方もよくされる。
I bombed my presentation today. I’m so embarrassed.(今日のプレゼンは大失敗でした。とても恥ずかしい・・・)
Tom said he bombed his job interview.(トムさんは、就職の面接で大失態をおかしたようです。)
Have you ever bombed on stage?(出演中に大失敗をしたことはありますか?)

3) Photobomb
→「関係ない人が写真に写っていること」

この表現は、意図しないところに関係のない人が偶然写ってしまっていた為に台無しになった写真、または友達が自分とは関係ないところで写真を撮ろうとしている時に、ふざけて故意にその写真に紛れ込む行為を意味します。

  • 動詞または名詞として用いる。
Jason loves to photobomb pictures. He always makes that same weird face.(ジェイソンは人の写真に紛れ込むが大好きだよね。しかも、あのいつもの変顔で。)
This dude in the back totally photobombed our picture.(この後ろにおる人、うちらの写真を完全に台無しにしとるがな。)
Check out some of these photobombs. They’re hilarious.(この台無しになった写真[フォトボム]を見て。超おもしろい!)

4) Drop the F-bomb
→「〜が“Fuck”と言う」

誰でも“Fuck”という単語は、下品で汚い表現ということは理解しているかと思います。しかしアメリカでは、友達同士や仲の良い人との会話において“Fuck”という言葉を口にするのは良くあることから、自分は使いたくないと思っていても、どうしても言わざるを得ない状況があります。そんな時にこのフレーズ「Drop the F-bomb」が用いられます。例えば「〜がFuckと言った」と失礼なく表現したい場合は「He/She dropped the F-bomb.(彼/彼女が“Fuck”と言いました)」となります。“F-bomb”は“Fuck”の丁寧な言い回しになりますが、基本的に「Drop the F-bomb」の組み合わせで使います。

  • 「F-Bomb」の代わりに「F-word」とも言う。その場合は「Say the F-Word」の組み合わせで表現する。
My English teacher dropped the F-bomb in class today.(今日、私の英語の先生が授業中に「Fuck」と言いました。)
I don’t think it’s appropriate to drop the F-bomb in that situation.(その状況で「Fuck」を使うのは良くないと思います。)
Joshua always drops the F-bomb. He has a foul mouth.(ジョシュアはいっつも「Fuck」って言うねん。ほんま言葉遣いが下品やわ。)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

いよいよ開催間近!Hapa英会話セミナー2017

Hapa英会話セミナー2017『英語を話す習慣づくり』の開催決定!

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム