日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2015.10.13

「〜へ行く」は「Go to」だけども・・・

「〜へ行く」は「Go to」だけども・・・

「〜へ行く」という表現は、誰しもが日常会話で頻繁に使う機会があり、大半の方は「Go to」を使って表現しているかと思います。しかし、ネイティブの日常会話では他にもよく使われる表現があるのでご紹介します。使用頻度が多いだけに、表現にバリエーションを増やしておきましょう!

1) Head to/for
→「〜に向かう・〜へ行く」

ネイティブが日常会話で「〜へ行く」を表現する際に“go to”の代わりによく使う口頭的な表現です。“Head to”と“Head for”は意味は同じですが、カリフォルニアでは“Head to”のほうが一般的に感じます。例えば、「海に行きます。」は「I’m heading to the beach.」になります。

  • “Up”を加え「Head up to」というと「北の方角に向かう」を意味する。
  • “down”を加え「Head down to」というと「南の方角に向かう」を意味する。
  • “out”を加え「Head out」というと「出発する」を意味する。
  • “back”を加え「Head back」というと「帰る」を意味する。
I’m heading to the grocery store. Do you need anything?(スーパーに行くけど何かいる?)
I’m heading up to San Francisco this weekend.(今週末、サンフランシスコへ行きます。)※(サンフランシスコより南に位置する)ロスに住んでいる場合。
I’m heading down to San Diego tonight.(今夜、サンディエゴへ向かいます。)※(サンディエゴより北に位置する)ロスに住んでいる場合。
What time are you heading out tomorrow?(明日は何時に出発するの?)
We have to head back in one hour.(一時間後に帰らないといけません。)

2) Off to
→「〜へ行ってくる・出かける」

このフレーズは「これから〜へ行ってくる(出かける)」といったニュアンスで「Going to」の代わりに使われます。例えば、「これから仕事へ行ってきます」は「I’m off to work」になります。しかし、「食事へ行きましょう!」を「Let’s off to dinner」とは言わないので使い方には注意しましょう。

  • 「Off to」=「Going to」
  • 「もう寝ます」を「I’m off to bed」と表現することもできる。
I’m off to New York.(これからニューヨークへ行ってきます。)
Where are you off to?(どこへ行くの?)
I have to get up early tomorrow morning. I’m off to bed.(明日の朝、早く起きないといけないのでもう寝ます。)

動画レッスン

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログの筆者Jun Senesacによる英会話セミナーの開催決定!

HAPA英会話セミナー2017第2弾の開催決定!

Advertisement

コメント

  1. KT より:

    Hi Jun,

    いつも楽しく拝見しています。

    今回のコラムとは少しズレるかも知れませんが、

    ungoing とはどういう意味でしょうか?

    例えば、ungoing music など…

    困った時のJun頼み!よろしくお願いします。 こなつ

    • Jun より:

      小林さん

      こんにちは。おそらく、”Ongoing”のことですね。”Ongoing”は「継続」や「進行」を意味する単語で、何かが続いている状態や進行中であることを表します。例えば、”It’s an ongoing problem”というと「今でも続いている問題」のことを指します。

      Learning English is an ongoing process! 😉

  2. ちえ より:

    こんにちは
    Heading to
    は、人だけじゃなくて、乗り物などにも使えますか?
    This train is heading to Tokyo.
    のように。

    • Jun より:

      Hi Chie,

      こんにちは。「Heading to」は人に限らず乗り物でも使えます。「This train is heading to Tokyo.」・・・完璧なセンテンスです!

      • NY より:

        楽しく拝見しております。

        なぜ今から行くのに現在進行形にするのでしょうか?
        head toではダメなのでしょうか。

        • Jun より:

          NYさん

          こんにちは。”Head to”の使い方は”Go to”と同じです。「これから〜へ行く」と表現するときは「I am going to」を使うように必ず現在進行形になります。

  3. E より:

    こんにちは
    I am heading to go to the beach.ではダメなんですか?
    be going to 動詞と覚えていたので。

    • Jun より:

      Eさん

      こんにちは。「Be going to 動詞」は未来のこと言う時に使います。例えば「I’m going to exercise tonight.(今夜ランニングをします)」や「I’m going to study English later.(後で英語の勉強をします)」のように用いられます。よって、「I’m going to head to the beach. / I’m going to go to the beach.(海へ行きます)」だったらOKですが、「I’m heading go to the beach.」のようには使いません。

  4. ちゃちゃ より:

    いつもJunさんのブログや動画を見て勉強しています。heading toやoff to は口語的と説明がありましたが、メールやテキストなどの文章で使っても問題はありませんか?

    • Jun より:

      ちゃちゃさん

      こんにちは!いつもHapa英会話を活用していただき、ありがとうございます!家族や友達など仲の良い相手に送るメール・SMSだったら問題ありません。しかし、両方とも口語的な表現なので、フォーマルな文章を書くときは避けたほうがいいでしょう。

  5. non より:

    こんにちは。
    いつも楽しく拝見させて頂いています。
    head out/back の使い方で質問なのですが、
    これは旅行や留学の際にも使えますか?
    例えば、
    I am finally heading back to Japan.
    I am heading out to France for trip.
    は使えるでしょうか?

    • Jun より:

      こんにちは。「Head out」と「Head back」の使い方は両方ともPerfectです!「for a trip」と表現したほうがいいでしょう。Great job!

  6. Mana より:

    NYでタクシーに乗った時Where are you headed?と聞かれました。 まだ出発していないからheadingじゃないのかな?と勝手に解釈してしまいました。heading to またはheadedどちらを使っても問題ないですか?

    • Jun より:

      Manaさん

      こんにちは!そうなんです、「heading」と「headed」は両方とも全く同じ意味を持ち、どちらを使ってもOKです。使い分けは個人差ですね。

  7. hide より:

    Hi Jun san,
    いつもYoutubeやPodcastで勉強させてもらってます!少し違う話なのですが、最初の例文でgo to grocery store とありますが、Native はgo to buy groceries の方が一般的と聞いたことがあります。地域性があるのでしょうか?また、その場合、head to buy groceries でも正解ですか?

    • Jun より:

      Hideさん

      こんにちは!地域性かもしれませんね・・・「スーパーへ行く」という場合、私は基本「I’m going to the grocery store」と言いますが、具体的に「食料品を買いに行く」と伝える場合は「I’m going to go grocery shopping」と言いますね。「Heading to buy groceries」でも間違いではありません。

  8. MIEUX より:

    こんにちは。
    つい最近からこちらを拝見させて頂いております。

    このheadを使いたくて実際にお客様のタクシーの手配の際、
    「どちらまでいらっしゃいますか?」を
    私は”May I ask where you are heading?”と言いましたが、
    あるサイトで”May I ask where you are headed to?” というのを見つけました。
    “headed”の使い方がいま一つしっくりとこないのですが、私の聞き方ではおかしいのでしょうか?

    • Jun より:

      MIEUXさん

      こんにちは。「Heading」と「Headed」の使い分けは個人差です。意味と使い方は全く同じなので、覚えやすい/使いやすいほうを使ってください。

  9. Mary より:

    初めまして。いつも楽しく拝見しております。2点質問させてください。

    例文で、I’m heading down to San Diego tonight.となっていますが、tomorrowやthis weekendなど今すぐ起こりうることでなくてもbe going to head to ではなく進行形be heading to を使うのでしょうか?

    また、過去形went to をhead toを使って表現することはできますか?

    • Jun より:

      Maryさん

      こんにちは。「Tomorrow」や「this weekend」など、将来の出来事を表す際、「heading to」と「going to head to」両方の形式が使えます。
      ・I’m heading down to San Diego tomorrow/this weekend.
      ・I’m going to head to San Diego tomorrow/this weekend.

      しかし、過去形では「head to」は使えないので、使い方には気を付けましょう。

  10. Narumi より:

    いつも拝見してます!
    なぜlet’s off to dinner は使えないのですか?

    • Jun より:

      Narumiさん

      こんにちは!「Let’s」と「off to」は組み合わせて使うことができます。「We are off to dinner.(私たちはこれから食事に行きます)」ならOKです!

  11. Shin より:

    相手のところに行く場合、comeを使いましよね。日本人には馴染みのない表現なので、説明して頂ければ。

    • Jun より:

      Shinさん

      こんにちは。話し相手がいる場所に行くことを伝えるときは“Come”、話し相手から離れたり、どこか違う場所へ行くことを伝える時は“Go”を使って表現します。「Come」の解説はこちらの記事をご覧ください〜 → http://hapaeikaiwa.com/?p=5651

  12. Cia より:

    I’m off to work. これから仕事に行ってきます。

    この様に使ったら、Go be lazy! Enjoy your free time! と言われました。

    相手はアメリカ人です。

    • Jun より:

      Ciaさん

      これはアメリカ独特の皮肉、、、冗談ですね。「Don’t work too hard!(働き過ぎないように)」と意味が似ていますー。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム