日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2015.06.02

「気遣い」や「気を使う」を英語にすると?

「気遣い」や「気を使う」を英語にすると?

「気遣い」は英語に直訳できない表現の一つで、日本文化が反映されている言葉だと思います。英語で「気遣い」や「気を使う」に相当する単語はありませんが、その意味に近い表現は幾つかあるので、それらの適切な使い分けとニュアンスの違いについてご紹介しようと思います。

1) Considerate
→「気遣い・気を使う・思いやり」

日本語の「気遣い」に最も近い表現は“Considerate”でしょう。“Considerate”は相手の気持ちや感情を考慮して言動をとったり、相手が必要としていることを察知して手伝ってあげたりすることを指します。自分のことばかり考えるのではなく、相手の身になって考えることを表し、日本語の「思いやり」に近い表現です。

  • 「お気遣いありがとうございます」 → 「Thanks for being so considerate」「Thanks. That’s so considerate of you.」
  • 「気遣い上手な人」「思いやりのある人」は、“Thoughtful”や“Caring”と表現します。 → 「He is a thoughtful person.」「She is very caring.」
We’re going to a vegetarian restaurant? Thanks! That’s so considerate of you.(ベジタリアンのレストランに行くのですか?お気遣いありがとうございます。)
You need to be more considerate of others.(相手に対して、もうちょっと気を使わないと。)
He is a very kind-hearted, considerate person.(彼はとても親切で思いやりのある人です。)

2) Concern
→「気遣い・気を使う」

“Concern”は「心配する」という意味合いが強いため、相手に何か悪い出来事や好ましくないことが起こるかもしれない、または既に起こってしまった時に、心配して声を掛けたり手助けするニュアンスが含まれます。例えば、病気で寝込んでいる時に友達から「Are you OK? Let me know if there’s anything I can do(大丈夫ですか?もし私に何かできることありましたら言ってください)」と連絡があったら、「Thanks for your concern.(お気遣いありがとうございます)」と返事をするのがナチュラルでしょう。

  • 「お気遣い(ご心配)ありがとうございます」 → 「Thanks for your concern.」
Thanks for your concern, Mike. I’ll let you know if I need anything.(マイクさん、お気遣いありがとうございます。何かあったら連絡しますね。)
We really appreciate your concern.(お気遣いに感謝します。)
I really appreciate your concern but I’ll handle it on my own.(お気遣いありがとうございます。でも 自分で何とかやります。)

3) Be yourself
→「気を使わなくてもいい・気楽に」

“Be yourself”は「自分らしくいる」「自然のままでいる」ことを意味し、人に気を使わずに振る舞うことを指します。例えば、上司やお客さんと出かけると気を使うが、友達と遊びに行く時は気を使わなくて気楽だと言いたい場合は「I love hanging out with my friends because I can be myself.」と表すことができます。

  • 「気を使わなくていい」 → 「I can (just) be myself.」
I love spending time with you because I can just be myself.(あなたと一緒にいても気を使わなくていいので気楽です。)
Stop worrying about everyone and just be yourself.(気を使わず自然のままでいなよ。)
It’s draining when I’m out with my clients because I can’t be myself.(取引先の方と一緒に出かけると気を使うので疲れます。)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログの筆者Jun Senesacによる英会話セミナーの開催決定!

HAPA英会話セミナー2017第2弾の開催決定!

Advertisement

コメント

  1. Aki Motoki より:

    Hi Jun,

    「お気遣いありがとうございます」は、日本語ではメールでも会ったときでも、頻繁に使う慣用句のようなもので、特にビジネスの世界では必須です。
    ただ実際のアメリカ人は生活のなかで、Thanks for being so considerate. や、That’s so considerate of you. などの表現をどの程度、どんな場面で使うのかな~って思う。
    アメリカのクライアントと見積書のやりとりをメールでするときも、Thanks for your consideration.って私は書いたりするけど、実際って本当に使われてるのかなって思いながら使ってます。日本人はこういう前置きみたいな言葉がないと気持ち悪いけど、アメリカ人はいきなり本文を書いてくる。親しい間柄だからか、誰にでもそうなのかわからないけど・・。
    ちょっと親切なことをされたときに、you are so caring.って言うのがいい感じなら、今度使ってみようかな。

    Congratulations on your new journey! Much love!

    Aki

    • Jun より:

      Hi Akiさん

      確かに英語では日本語ほど、「お気遣いありがとうございます」と会話では言わないでしょう。シンプルに”Thank you”で感謝の気持ちを伝えることが一般的だと思います。Thanks for your kind message! Our journey begins! 🙂

  2. Ikuko Sanada より:

    Junさん いつもためになるブログをありがとうございます。
    お伺いししたいことがあります。
    息子が最近、私の体の調子を気づかって、よく電話をくれたり、訪ねてきてくれたりします。こういう場合、いつも気を使ってくれてありがとう、と英語でいいたいのですが、
    Thank you for always oncerning me. といえますか?
    こういう時、どういうのが自然なのでしょうか?

    • Jun より:

      Ikukoさん

      こんにちは。息子さんのように気づかって、電話をしてくれたり、会いに来てくれる人にお礼を言いたい場合は「Thank you for always thinking of me」が最も自然だと思います。日本語に直訳すると「私のことをいつも考えてくれてありがとう」になり、電話をしたり、会いに来る理由はその人のことを常に考えているからです。You have such a kindheardted son! And I hope you are feeling better too!

  3. KOKO より:

    いつも楽しく勉強させていただいております。
    日本語では「お構いなく」や「お気遣いなく」のような
    相手に気が遣わせないよう、気遣う表現がありますが(笑)、こういったフレーズはどう訳せば良いでしょうか?

    • Jun より:

      KOKOさん

      状況にもよると思いますが、パッと思いつくのが「Make yourself at home」です〜。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム