日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2013.08.01

部屋が広いことを「wide room」とは言いません!

「この部屋広いね」は「This is a wide room.」で正しいんでしょうか?

皆さんは「部屋が広い」を英語で正しく表現できていますか?多くの人が「This room is wide」と表現している気がするのですが、wideは幅が広いという意味なので、部屋や場所が広いと言う時には使うことができません。そこで今回は、「部屋が広い」を正しく表現する言い方をご紹介しますので、しっかり覚えておきましょう。

Spacious
→「広い / 広々とした / ゆったりした」

SpaciousはSpaceの形容詞で「広々とした」「ゆったりとした」と言う意味で、部屋などの空間が広いことを表す際に用いられ、日本語の「広い」に最も近いフレーズでしょう。

  • シンプルにBig(大きい)やHuge(とても大きい)を使うのも一般的。
  • 「狭い場所」の場合もシンプルにSmall(小さい)を使うのが自然。
  • This room is spacious.(この部屋広いね。)
  • That’s a huge living room.(あのリビングルーム広いね。)
  • Your office is small.(オフィス狭いね。)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Cho より:

    large はどうでしょう?

  2. タン より:

    small以外での狭いの英語はなんでしょう?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム