日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2016.09.01

日本語の「ぶっちゃけ」にピッタリの英語表現

日本語の「ぶっちゃけ」にピッタリの英語表現

日本語では、ある程度の親しい関係の相手に正直な気持ちを打ち明けるときに「ぶっちゃけ」と表現しますが、英語にもそれと全く同じような言い方があるので紹介しようと思います。「To be honest」や「Honestly」でもいいのですが、今回はあえてより「会話的」な表現に特化してみました。

1) I’m not going to lie, _____.
→「ぶっちゃけ〜」

直訳すると「嘘はつきません」となりますが、使い方としては日本語の「ぶっちゃけ」と非常によく似ています。良い意味でも悪い意味でも思っていることや感じていることを包み隠さず相手に率直に伝える場合に用いる、かなり口語的でインフォーマルな表現です。

  • 文頭で使う。
  • “going to”を“gonna”に省略して「I’m not gonna lie」と言うことが多い。
  • 「To be honest」や「Honestly」も同じ意味だが「I’m not going to lie」の方がより口語的。
I’m not gonna lie, I’ve been playing Pokemon Go too. It’s actually pretty addicting.(ぶっちゃけ、私もPokemon Goをやってるんだ。結構ハマるよね。)
I’m not gonna lie, this is the best sushi I’ve ever had!(はっきり言って、こんな美味い寿司はこれまでに食べたことがないよ!)
I’m not gonna lie, Peter is really starting to get on my nerves.(しょうみ、ピーターにほんまイライラしてきたわ〜。)

2) To tell you the truth, _____.
→「正直に言うと〜 / 実を言うと」

この表現も正直な気持ちを伝えるということでは上記1)と同じですが、相手が快く受け入れられない、または受けれてくれないかもしれないようなネガティブなことを正直に伝える場合に用いる口語的な言い方になります。例えば、友達が作った料理が「美味しくない」と正直に言う場合は「To tell you the truth, it’s not that good.(正直なところ・・・あまり美味しくない)」という具合に使います。

  • 基本的に文頭で使われがちだが、文末で使ってもOK。
  • 「To be frank」や「Quite frankly」も同じ意味とニュアンスを持つが、多少かしこまった響きがある。
To tell you the truth, I never graduated college. I actually dropped out my freshman year.(実を言うと、大学を卒業していないんだ。大学一年生の時に中退しちゃったんだよね。)
To tell you the truth, I don’t want to go out tonight.(正直、今夜は出かけたくないねんな。)
To be frank, I don’t think you’re going to make it as a musician.(正直なところ、あなたはミュージシャンとしてはやっていけないと思います。)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログの筆者Jun Senesacによる英会話セミナーの開催決定!

HAPA英会話セミナー2017第2弾の開催決定!

Advertisement

コメント

  1. しろの より:

    to be honestと言えば昔外国人の友達がやたらとtbh tbh書いててtbhって何だよと思っていた時期がありました^_^;

    • Jun より:

      SMSやテキストなどで、tbhと略しますね(笑)今は略語はあまりにも多くて私もついていけません(汗)

  2. にゃNYA より:

    はじめまして、にゃNYAといいます。いつも楽しく拝見しています♪今回の「ぶっちゃけ」にピッタリの英語表現、いいですね。なぜなら日常、会社の同僚とこんなとき英語でどう表現するのか?が話題になるからです。最近だと「超概算」(super estimate ?)とか「かっこかり:(※(仮)のこと)(tentitive ?) など合っている/いないは無視でフィーリングで発言しています。そうそう「しょうみ」って大阪弁なんですね。正直なところ…という意味なのでしょうか。おもしろいですね。初めて知りました。これからもこんな「日本語のxxにぴったりな英語表現」の記事を楽しみにしています。それでは~。

    • Jun より:

      にゃNYAさん

      こんにちは!「ぶっちゃけ」に相当する英語が見つかったようでよかったです。「超概算」や「かっこかり」、「しょうみ」は初耳ですね(笑)「かっこかり」は日本語らしくない、面白い響きですね。私もこういう日本語をもっと身につけて、それらに相当する英表現をこれからアップするように励みます〜。

  3. Hayato より:

    I’m not gonna lie   ってよく耳にしてたのでスッキリしました!
    意味はわかるけど、日本語でそんな言い方しないから使ってなかったです。

    例文: I’m not gonna lie, this the is best sushi I’ve ever had!

    これはtheとis 逆ではありませんか?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム