日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2015.11.24

日本人に馴染みのない?「Get to」の活用法

日本人に馴染みのない?「Get to」の活用法

「Get to」というフレーズは色々な意味を成すフレーズですが、今日はその中でもネイティブはよく使うものの、日本人にはあまり使われていないと思われる表現方法をご紹介します。

1) I got to meet the president.
→「社長に会う機会がありました。」

この場合の“get to”は「何かをする機会を得られる」を意味し、“Have the opportunity to”の代わりに使われる口語的な表現の仕方です。例えば、「セミナーで多くの人たちと会う機会がありました」は「I got to meet a lot of people at the seminar.」になります。

  • “Get to”を“Be able to”に置き換えることも出来る。
  • “Get to”の後は動詞がフォローする。
I got to test drive a Lamborghini last week.(先週、ランボルギーニを試乗する機会がありました。)
Did you get to talk to the baseball players?(その野球選手と話すことが出来ましたか?)
I don’t get to travel very often.(私は旅行をすることがほとんど出来ません。)

2) He got to go home early.
→「彼は早退することを許された。」

「(特権として)何かをすることが許される」の意味として使う表現で“Allow to”や“Have the privilege to”のインフォーマルな言い方です。例えば、会社の上司が好きな時間に出社できると言いたい場合は「My boss gets to come into work any time he wants.」となります。

  • “Get to”の後は動詞がフォローする。
He gets to work from home.(彼は自宅で仕事することが許されています。)
Why does she get to take the day off?(何で彼女は休暇をとることが許されるの?)
You get to play video games if you finish your homework.(宿題を終わらせたら、ビデオゲームをしていいよ。)

3) It will get better once you get to know more people.
→「より多くの人を知るようになれば、楽しくなります。」

何かを徐々に知っていく、理解していく、感じるようになるなど、“Start to”と同じ意味合いで「〜をするようになる」と表現する場合にも“Get to”が使われます。例えば、「大人になるにつれ、健康の重要さを理解するようになった」は「I got to understand the importance of health as I grew older.」と表現できます。

  • Know、Understand、Realize、See、Feel、Appreciateの動詞と組み合わせて使われることが多い。
I got to know her personally once I started working with her.(彼女と一緒に仕事をし始めてから、彼女のことを個人的に知るようになった。)
What do I need to do to get my wife to appreciate me?(妻に感謝されるようになるには、どうしたらいいのでしょうか?)
I got to understand what it feels like to be a foreigner when I went to China.(中国へ行った際、外国人とはどういうことなのか理解するようになりました。)

4) He really gets to me.
→「彼にイライラする。」

何かにイライラしたり不快に思う気持ちを表す際によく使われる表現で、“Annoy”や“Bother”と同じ意味合として使われます。特に何かを失敗をしたり、誰かに癇に障ることを言われたりなどして、そのことが頭から離れず、他の物事に集中できなくなるニュアンスが含まれます。

This humid weather is really starting to get to me.(この湿気にイライラしてきた。)
Don’t let it get to you.(そんなこと気にすることないよ。)
Why do you let little things get to you like that?(何でちょっとしたことですぐにへこたれるの?)

 

動画レッスン

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Ryosuke より:

    I got to know her personally once I started working with her.
    (彼女と一緒に仕事をし始めてから、彼女のことを個人的に知るようになった。
    3)のこの例文の日本語訳ですが  彼女のことを個人的に知るようになった。 ではなく、
    彼女の性格/人格を知るようになった。 の方が良いと思います。

    • Jun より:

      Ryosukeさん

      こんにちは。「Get to know someone personally」は日本語に直訳しにくい表現だと思います。「Get to know someone personally」は性格や人格に限らず、その人のバックグラウンドや経歴、抱えている悩みや問題などその人のプレイベートなことについても知る意味合いが含まれます。その他、その人と個人的な付き合いがあることも含まれ、「Personal」には様々な意味が含まれます。

  2. kyoko より:

    こんにちはJunさん、英語を習うことを初めて数年たっていますが、中々上達しないことに時にはくじけそうになってますが、このサイトはそんな私に、とてもわかり易く解説してくれて助けてくれてます。
    今回のget toも、そうなんだ~と初めて知ることができ嬉しかったです。
    一つ教えてください、I got to know her personally once I started working with herのonceはどのように考えればいいのですか?personallyだけでもいいのでしょうか?
    つまらない質問化もしれませんが、よろしくお願いいたします。

    • Jun より:

      Kyokoさん、

      Hapa英会話が英語の勉強を続ける励ましになっているようで嬉しいです!さて、「Once」は聞きなれない表現だと思いますが、「After」と意味が似ていて「〜をしてから」を表します。彼女と仕事をする前は個人的な付き合いはなかったが、一緒に仕事をし始めてから、個人的に知るようになったという意味合いになります。

      これからも、楽しく英語の学習に励んでくださいね!英語は続けることに意味があるので、諦めないで一歩一歩着実に進んでいってください!

  3. AK より:

    こんにちは。いつも微妙に気になっている疑問にクリアに答えてもらって、とてもありがたいです!ひとつ”get to”に関連しての質問なのですが、”have got to”になると「〜しなければならない」という意味合いの場合もありますよね?今回の”get to”、例えば1の”I got to meet the president.”を、そのニュアンスのまま過去分詞で言うと”I’ve got to meet the president.”となるのでしょうか?その際、「会うことができた」のか「会わなくてはいけなかった」の区別は文脈上の判断となるのでしょうか?

    今回の1のニュアンスの場合は過去分詞を使わないのかとも思ったのですが、例えば「(なかなか会えなかったが)ついに社長に会うことができた」みたいなケースでは、”I’ve go to”と言ってしまいそうです。ご意見伺えればうれしいです。

    • Jun より:

      AKさん

      こんにちは!「I have got to」はAKさんが書いた通り、「〜をしなければならない」を意味します。よって「I’ve got to meet the president」は「社長に会わないといけない」を表します。「Got to」は「何かをする機会を得られる」、「Have got to」は「〜をしなければならない」になります。

      「(なかなか会えなかったが)ついに社長に会うことができた」は「I finally got to meet the president」が最も適切な言い方になるでしょう。

  4. Erika より:

    こんにちは✩
    過去分詞とhave toについて分からなくなってしまって教えて欲しいです!
    have got to「〜しなければならない」という言い回しがあるのか
    この使い方は過去分詞ではないのか?
    haveの後ろにgotがあることで、過去分詞になるのではないか、、
    どうして「〜しなければならない」という和訳になるのかわからなくて教えて欲しいです!
    説明不足なところがあると思うのですが、教えて頂けたら幸いです!

    • Jun より:

      Erikaさん

      こんにちは。「Get」の過去分詞は「got」と「gotten」ですが、アメリカでは「gotten」がよく使われます。アメリカの日常会話では「have got」は「have」と同じ意味合いとして使われ、「〜をしなければいけない」を表す口語的な言い方です。

  5. Naze より:

    ~するようになる。でお聞きしたいのですが、例えば、だんだん中国人がうなぎを食べるようになった。と言いたい時でも、got to が使えるのでしょうか? Chinese got to eat eels each year

    • Jun より:

      Nazeさん

      こんにちは!その状況では「starting to」を使うといいでしょう → ”More and more Chinese people are starting to eat eel.”

      • Naze より:

        返事が遅くなってすみません。ありがとうございました。うまく当てはまるものがなく困っていたので助かりました。

  6. Haru より:

    いつもとても勉強になります。
    職場のアメリカ人はラフな会話の中でよく”ガラ”と言っています。会話の流れから、それはhave got to~、~しないといけない、という意味で使っているのだと思っていました。
    今回、この記事を読んで疑問に思ったのですが、get toを過去形にしてgot toと言う場合もガラと短縮することがありますか?もしそうだとしたら、それはget toをどの意味合いで用いたときも可能でしょうか?

    • Jun より:

      Haruさん

      こんにちは!基本、日常会話では「Have got to」だけを「Gotta」と発音し、この記事で紹介した表現は短縮せず「got to」とはっきり言います。

  7. Mai より:

    こんにちは!よくここの記事から勉強してます!今アメリカに留学中なんですがアメリカ人にI still got to more と言われました。これはどの使い方に当てはまるんでしょうか?まだいっぱい残ってるって意味かなと思ってそれなりの返信をしたんですが間違ってますか?笑
    ちなみに明日のテストの勉強をしたかという質問の答えです。

    • Jun より:

      Maiさん

      こんにちは!”I still got to do more”は”I still have to do more”と意味が同じで、Maiさんが書いたよう「まだいっぱい残っている」です。ようするに、「まだ、勉強をたくさんしないといけない・たくさん残っている」になります。Maiさんの解釈&返信でOKです 🙂

  8. sota より:

    コメント失礼します!
    このビデオでの終わりで、Don’t let a little mistakes get to you. It”s part of learning.
    その後が何回聞いても聞き取れません。
    教えていただければ幸いです。

    • Jun より:

      Sotaさん

      こんにちは。最後の部分ですが、”That’s how you become a good English speaker.(そうすることで、英会話が上達します)”と言いました。

  9. saki より:

    YouTubeでこの動画を見てきました。例文を見て思ったのですが、「He gets to work from home.(彼は自宅で仕事することが許されています。)」はHe gets to work at home.とも言えますか?
    「自宅で、家で」は「at home」だと思っていたので「from home」だと「家から仕事に行っている」と訳してしまうと思ったのですが…どのような違いがありますか?

    • Jun より:

      Sakiさん

      微妙なニュアンスの違いですね。「Work from home」は、基本会社で仕事をしているが、家で仕事することも「許される」という意味合いです。「Work at home」は自営業者など職場が「家」である意味合いが含まれます。Great question!

      • Saki より:

        I see:) やっぱり意味が違ってくるんですね。勉強になりました!!ありがとうございます😊

  10. yuyu より:

    いつも為になる動画ありがとうございます。
    突然ですが、What do I need to do to get my wife to appreciate me?
    なぜこの文だけget to が逆になっているのかわかりません。
    よろしくお願いします。

    • Jun より:

      yuyuさん

      こんにちは。ここは間違った箇所にこの例文があります。ここの「Get to」は使役動詞の役割を果たしております。使役動詞の「Get to」の解説は以前、Hapa英会話のブログに掲載していますので、良ければこちらのリンクをチェックしてください → http://wp.me/p4ZiFb-24p

  11. […] *get toの意味いろいろ* […]

  12. The zizzy より:

    この前リアルスティールという映画で逃げようとしている男が『We got to get out of here』と言っていましたが、このサイトを見てもうまく当てはめることができません。彼はなんと言っていたのでしょうか??

    • Jun より:

      こんにちは!

      「We’ve got to get out of here」ですね。「Have got to」は「have to」と同じ意味合いを持ち、「〜をしなければならない」を意味します。よって、「逃げなければいけない!」になります。

      • The zizzy より:

        ありがとうございます!!getは意味が広くて大変です( *`ω´)
        新しい記事たのしみにしてます!!

  13. Maiko より:

    こんにちは!
    いつもこちらのpodcastでて勉強させてもらっています。
    私はいつも〜する機会がない、というとき have no chance to〜を使うのですが、
    ニュアンス的には合っているのでしょうか?
    例えば、日本にはパーティ文化がないからドレスを着る機会がないんだよ
    ということを伝える時、unfortunatlyの意味も込めて、I have no chance to wear the dress.と使います。
    have chance to doとhave an opotunity、got to の使い分けの仕方やネイティヴが使うニュアンスの意味の違いを教えて頂きたいです。
    よろしくお願いいたします!

    • Jun より:

      Maikoさん

      こんにちは!いつもPodcastで学習していただき、ありがとうございます。「I have no chance to」でも間違いではありません。「Chance」と「Opportunity」は同じ意味合いを持つので、このような状況で使う場合は置き換えても特にニュアンスの違いはありません。「Get to」は「Opportunity/Chance」より口語的な響きがあります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム