日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2014.06.18

「Speak」と「Talk」の違いについて

「Speak」と「Talk」の違いについて

「Speak」と「Talk」は両方とも「話す」を意味する言葉です。基本的に大きな違いはなく、どちらを使っても問題はありませんが、状況によりナチュラルで好ましい言い方があるのも事実です。今日はこれらを使用するにあったて適したシチュエーションをみなさんにご紹介します。

Speak

「Speak」はフォーマルな状況や深刻な状況で使われることが多いです。

1) フォーマルな状況

セミナーや講演などフォーマルな場で話す時は「Speak」を使いましょう。その他、電話で誰かと話したい時も一般的に「Speak with/to」が使われます。

In today’s seminar, he spoke about environmental pollution.(本日のセミナーで、彼は環境汚染について話しました)
The C.E.O. spoke passionately about the future of the company.(代表取締役は会社の将来について熱く語りました)
Hi. May I speak with the manager, please?(マネージャーとお話しできますか?)

2) 深刻な状況

トラブルがあったり、深刻な問題について話す時も「Speak」が使われることが多いです。

They haven’t spoken to each other since yesterday.(昨日からあの二人は互いに話をしていません)
The boss already spoke to him about this issue.(この問題について、上司はもう彼に話しました)

3) 言語

言語を話す、外国語を話すは必ず「Speak」を使いましょう。

I speak English and Japanese.(私は英語と日本語を話します)
He speaks 3 languages.(彼は3カ国語話します)

Talk

「Talk」はカジュアル&インフォーマルで、「Speak」より使われる頻度が高いでしょう。友達と話す、うわさ話をする、電話で話すなど一般的な「話す」を表す場合は「Talk」で間違いないです。

I talked to my dad for about an hour yesterday.(昨日、父親と1時間程話しました)
He always talks about his job.(彼はいつも仕事の話をします)
Let’s talk about World Cup.(W杯について話しましょう)
I need to talk to you. Do you have a minute?(話がしたいんだけど、ちょっといいですか?)

 

  • 「Speak」はフォーマル・深刻な状況
  • 「Talk」はインフォーマル
  • 言語を話すは必ず「Speak」

但し、「Speak」と「Talk」の間にはほとんどニュアンスの差はないので、置き換えて話しても問題はありませんし、そこまでシビアになる必要もありません。

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Kitty より:

    I talked to my dad for about an hour yesterdayのforの意味は何ですか?

    • Jun より:

      Hello Kitty,

      ここの「for」は時間や期間を表す時に使われます。例文を参考にしたら分かりやすいと思います。
      ・I talked to him for an hour.(彼と1時間話しました)
      ・I studied English for 30 minutes.(30分間英語を勉強しました)
      ・I lived in Tokyo for 3 years.(東京に3年間住んでいました)

      簡単に言えば「間」を表します。

  2. なかちゃん より:

    こんにちは!
    いつも役に立つコラムをありがとうございます♪

    早速ですが、

    talk to someone

    talk with someone

    の違いを教えて頂きたいのですが。
    よろしくお願いします!

    • Jun より:

      なかちゃん、

      こんにちは。お返事が遅くなりましてすみませんでした。”Talk to”と”Talk with”は置き換えて使えることができますが、微妙なニュアンスの違いがあります。”Talk to”は相手に何かを話したいことがある、伝えることがあるを表す一方的なニュアンスがあるのに対し、”Talk with”は相手と意見交換をしたい、相手の意見を聞きたいニュアンスが含まれます。その他にも、状況の使い分けがあるので詳しい解説は将来ブログで取り上げさせていただきます。

  3. Yuko より:

    Hello Jun!!!
    I’m off to work.とI’m off from work.ではoff to,off fromの使い分けがわかりません。

    • Jun より:

      Yukoさん

      こんにちは。”I’m off to work”は「これから仕事に行きます」に対して”I’m off from work”は「仕事が終わりました」と意味が異なります。

  4. みかん より:

    こんにちはJunさん

    I can speak English と I speak English の違いは何ですか?

    • Jun より:

      みかんさん

      こんにちは!意味は両方とも同じで、ニュアンスの違いは特にありません。

  5. Ted より:

    talk to とtalk withですが、英語、日本個の解説を複数見ると、仰るようにwithは意見交換で、toは一方通行のニュアンスがあって、どちらかというとtoは、上司から部下、本部から支店への、指示、通知など、悪く言い方で言えば上から目線(悪い意味ではない)のような場面も想定されようですが、如何でしょうか?
    なので、私はビジネスで取引先に電話する時は、意識してCan I talk with Mike?のようにwithを使うようにしています。toを使っても失礼ではないのかもしれませんが、withの方が対等な感じでmore politeかと思っていますが、如何でしょうか?

    • Jun より:

      Tedさん

      こんにちは!「Talk to」は「一方的に話す」&「互いに話す」ことを意味し、状況により上から目線の響きもあります。「Talk to」と「Talk with」の違いについては以前ブログで掲載しましたので、こちらのリンクをご覧ください → http://wp.me/p4ZiFb-2aB

  6. Ted より:

    Junさん、コメントありがとうございました!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム