日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2014.05.28

「I worry about」と「I’m worried about」の違い理解していますか?

「I worry about」と「I’m worried about」の違いがわかりますか?

「Worry」は「心配をする」を意味する動詞ですが、英語では能動態「I worry」と受動態「I’m worried about」と2通りの使い方があります。両方とも「〜のことを心配する」を意味しますが、若干ニュアンスの違いがあるので、それらを適切に使い分けするための簡単なルールを覚えましょう。

能動態で使う場合

1) I worry about
→「〜が(普段から)心配です」

普段から常に心配していることを表す場合は「I worry about」を使います。例えば、母親は自分の子供を常に心配しています。子供が元気でも、成績が良くても、全てが上手くいっていても心配しているでしょう。この場合「I worry about my kid」が使われます。文末に「all the time」を加える人もいます。「All the time」は「いつも」を意味する表現なので、「I worry about ◯◯ all the time」ようするに「◯◯をいつも心配する」になります。

  • 「I worry about ◯◯」 → 「◯◯のことを(常に)心配している」
I worry about you.(私はあなたのことを常に心配しています)
I worry about the future all the time.(将来のことをいつも心配しています)
I worry about everything.(私は心配性です)

受動態で使う場合

2) I’m worried about
→「〜が(今)心配です」

今、心配している具体的なことを表す場合は「I’m worried about」を使います。例えば、飼っているペットが病気になった時は「I’m worried about my cat」と言います。常にペットのことを心配しているのではなく、病気をしているから心配しているので「今、心配している具体的な事」になります。

  • 「I’m worried about ◯◯」 → 「◯◯のことを(今)心配している」
John got fired again? I’m worried about him.(ジョンまた首にされたの?彼のことが心配だな・・・)
I went for my yearly checkup yesterday. I’m worried about the results.(昨日は年に1度の健康診断に行きました。結果が心配です)
I’m worried about my presentation tomorrow.(明日のプレゼンが心配だな)

 

基本的に日常会話では「今、具体的な心配」を表すことが多いので「I’m worried about」のほうがよく耳にするでしょう。

動画レッスン

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Masa より:

    はじめまして!
    最近youtubeの動画を見て勉強させてもらってます。
    質問なのですが、誰かに自分が心配されている場合はどう表現するのか。それと、I’m worrying about で心配しているとするのは間違っているのか。この2つを教えていただきたいです。

    • Jun より:

      Masaさん

      こんにちは。誰かに心配されている場合は「_____ is worried about me.(誰々が私のことを心配しています)」というのが適切でしょう。
      「I’m worrying about」でも間違いではないですが、日常会話では「I’m worried about」のほうが一般的に用いられます。

  2. クリピーのママ より:

    Junさん、

    英語というよりは、文化に関する質問かもしれませんが、日本では、OKの意味で、◯印を使用し、ダメの意味で×印を使用する事があります。アメリカでは通用するでしょうか?

    宜しくお願いします。

    • Jun より:

      こんにちは!

      メールや手紙など、文章を書くときは「◯」=「OK」、「X」=「ダメ」で通じますが、ジェスチャー(手振りを使って)で示すとアメリカ人は混乱するでしょう(笑)アメリカでは「◯」「X」のジェスチャーがないので、そのような状況では注意が必要です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム