日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2014.02.12

「優柔不断」を英語で表現する

「優柔不断」を英語で表現

物事をなかなか決断できない人のことを日本語では「優柔不断」と言いますが、英語ではどのように表現するのかご存知ですか?英語では「優柔不断な人」を表現する口語的な言い方と、「決断力がない人」を意味する英単語の2つの言い方がありますのでご紹介します。

「優柔不断」の口語的な表現

Wishy-washy

「優柔不断」や「曖昧な、いい加減な」を意味します。元々はスープやお茶がうすかったり、水っぽかったりすることから「中身がない」と表現されるようになりました。下記のように覚えると分かりやすいでしょう!

  • 態度や性格が「薄い」=「優柔不断・弱々しい」
  • 考えに「中身がない」=「曖昧」
  • You’re so wishy-washy.(本当に優柔不断なんだから)
  • Don’t give me a wishy-washy answer.(いい加減な返事はやめて)

「決断力がない人」を意味する単語

Indecisive

「決断力がない」を意味する単語です。「Decision (決断)」から成り立っており、頭に「In」加えることで真逆の意味の「Indecision (決断できない)」となり、それを形容詞(Indecisive)にすることで「決断力のない人」を指すようになります。

  • A decisive person.(決断力のある人)
  • An indecisive person.(決断力のない人)
  • Quit being so indecisive!(早く決めて!)
  • You are indecisive about everything!(何に関しても優柔不断なんだから)

 

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム