日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2014.01.09

「Better」と「Better off」の使い分け(英語でアドバイスの仕方)

「Better」と「Better off」の使い分け(英語でアドバイスの仕方)

今日は「Better」と「Better off」の違いについて説明します。多くの日本人の「ベター」の感覚と、英語本来の「Better」との意味では、若干ニュアンスに違いがあるようなので気をつけましょう!

Better

「より良い」意味する“Better”

◎ 他と比較をして「より上手」「より優れている」を表す。

  • He is better than you.(彼の方が上手だ)
  • John is better at golf than soccer.(ジョンはサッカーよりゴルフが上手だ)

Better off

「〜をした方がいい」を意味する“Better off”

◎ 相手にアドバイスや提案をする時に使う。
◎ 使い方は「You would be」+「better off 〜」。
◎ 喋るときは「You’d be better off 〜」を使いましょう。

  • You would be better off staying here tonight.(今夜ここに泊まった方がいいと思うよ)
  • You’d be better off resting at home.(家で休んだ方がいいと思うよ)
「You’d be better off」を「You should」と考えたら分かりやすいでしょう。但し、「Better off」は、「〜をした方がもっとよい状態になる」のニュアンスがあります。

次回、友達にアドバイスをする時に是非使ってみてください!

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム