日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2013.08.19

「がっかり」や「期待はずれ」を自然な英語で

「がっかり」や「期待はずれ」を自然な英語で

今回のコラムでは、何かに失敗したり、誰かに裏切られたり、期待外れのことが起きたりした時に使う「がっかり」の英語の表現の仕方をご紹介します。日本語の「がっかり」のように、どんな状況でも通じる便利な一言は英語にはありません。。。

1) Bummed (out)
→ 「がっかりする」

日常会話で「がっかりしている」ことをアメリカ人は「I’m bummed out」と表すことが多いです。自分に対してがっかりしているときや、相手に裏切られてがっかりしているときなどの状況で使えるフレーズです。「落ち込んでいる」ニュアンスもあります。

  • 使い方:「Be動詞+bum out」
  • 「◯◯にがっかりしている」→「I’m bummed out (that) ◯◯」
I failed my driving test. I’m pretty bummed out.(運転免許の試験を落ちました。がっかりです。)
Why is he so bummed out?(彼はなんでそんなにがっかりしているんだい?)
I’m so bummed out that I didn’t get the job.(採用されなかったので本当にがっかりです)

2) Let (someone) down
→ 「がっかりさせる/期待はずれ」

この表現は期待を裏切られた「がっかり」すなわち「期待はずれ」を意味します。約束していたことを守らなかったり、期待されていた出来事を達成できなかった時に使われるフレーズです。使い方によってがっかりさせらたのか、させたのか両方を意味します。

  • 使い方:「A」let 「B」down. →「A」が「B」をがっかりさせた。
  • 「◯◯に(私が)がっかりさせられた」→「◯◯ let me down」
  • 「私が◯◯さんをがっかりさせる」→「I let ◯◯ down」
The Japanese soccer team let me down this year.日本のサッカーチームにはがっかりさせられました)
You have let me down.(あなたにはがっかりしました)
I let my parents down.(私は両親をがっかりさせました)
Don’t let me down!(がっかりさせないでね)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム