日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2013.01.24

【日本人の怪しい英語 その1】「Almost」と「Most」の使い分け

Almost people in Japan go to a shrine on New Years.”

この文章は「Almost」で正しいんでしょうか?

「Almost」「Most」の使い分けが難しい!と思っている人少なくないのではないか?
難しいと感じるのは両方とも「ほとんど」だと教われてきているからだろう。使い分けを説明しよう!
 
Almostは「あと少しで、もうちょっとで」というニュアンスで一般的に日常会話で使われる。
・We are almost there. もうちょっとで着くよ。
・The movie is almost over. 映画はもうすぐ終わる。
  ※Almost = 副詞
 
Mostは「大部分、大抵」を意味する。
Most people in LA drive cars. ロスに住んでいるほとんどの人が車を運転します。
Most countries in the world celebrate New Years. 世界ほとんどの国は新年を祝います。
  ※Most = 形容詞、名詞(今回は形容詞として使われています)

  ※もちろん、「大部分」の他に「最も」という意味でも使われる。

但し、Almost に「all」を付け加えることで「大部分、ほとんど」の意味に変わる → 「Almost + all」

Almost all people in LA drives cars. ロスに住んでいるほとんどの人が車を運転します。

Almost all countries in the world celebrate New Years. 世界ほとんどの国は新年を祝います。
 
今日のフレーズの正しい表現の仕方は:
① Most people in Japan go to a shrine on New Years.
② Almost all people in Japan go to a shrine on New Years.
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Yukiko Shimoju より:

    例文をあげて詳しい説明ありがとうございました。もう一つmostがこの場合は形容詞で、almostが副詞であると追加説明されていたらもっと納得がいくかと思いました。差し出がましいことで恐縮です。

    • Jun より:

      Shimojuさん

      ご指摘有難うございました!確かに文法の追加説明があったほうが分かりやすいですね。先程、アップデートしました。

      Thanks for your feedback! 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム