日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第386回「インスピレーションを与えてくれる音楽」

Released: 2022.05.27

第386回目のポッドキャストのテーマは「インスピレーションを与えてくれる音楽」です。みなさんは音楽からインスピレーションを受けることはありますか?今日の会話では、ケリーとキーシャがインスピレーションについての会話を続けます。キーシャは、音楽からインスピレーションを受け、気分によって様々なジャンルの音楽を聴いていると説明します。今日の会話を聞きながら、どんな音楽がキーシャにインスピレーションを与えているのか、考えてみましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「インスピレーションを与えてくれる音楽」

【Kelly】How about you? Where are you inspired? Where do you find your inspiration?

【Kesha】I think I’m most inspired listening to music.

【Kelly】Ooh.

【Kesha】So whenever I’m, like having a horrible day or something’s going on, I will just dive into music and lose myself in it because it completely transforms my mood. It transforms my world. When—if it’s, like super sad—like, three weeks ago, my dad died. And it was just, like this horrible sad moment. But I was able to get music and it completely gets me going, especially if I’m listening to, like Nina Simone, jazz.

【Kelly】Oh, yeah.

【Kesha】I love that kind of music. Or if I’m really angry, it inspires me to calm down, or it inspires me to keep going—like, if I’m listening to classical music.

【Kelly】Oh yeah. Sure.

【Kesha】That’s my go-to. Anger is either classical music or, like gangster rap.

【Kelly】(laughs)

【Kesha】And I don’t know which one. But…

【Kelly】So you, like…you, like lean into the anger and listen to, like the angry music, or you try and listen to music to calm yourself down?

【Kesha】If I’m going to confront the anger…

【Kelly】Yes.

【Kesha】…like if I’m mad at someone and I’m going to confront you, definitely gangster rap.

【Kelly】 (laughs)

【Kesha】Because I’ve got to get jazzed up. Like, “All right.”

【Kelly】Right, you’ve got to get the heart rate up.

【Kesha】Got to get the heart rate up. We’re going to confront this person. It’s going down. But if I need to be an adult about it, like, “I’m adulting. Just ignore them. Now’s not the time. This isn’t the place.” I’m (going to) hit Beethoven up, maybe some Bach. It has to happen because then I need to, like calm it down. So music always has inspired me to bring the best out of me and be the best person. I could not live without music. It completely gets me where I need to go every single day.

【Kelly】Do you have—are you the type of person that has, like a specific playlist for specific moods that you’ve, like curated?

【Kesha】I do, and that’s…

【Kelly】Yeah.

【Kesha】Thank you. Thanks for embracing my crazy.

【Kelly】Oh, yeah, no.

【Kesha】I have, like my morning playlist. I have my “I should go to the gym but I don’t want to” playlist.

【Kelly】(laughs) Like, mentally you’re at the gym. Yeah.

【Kesha】Yeah, so mentally you’re at the gym. Like, it’s…like, “Come on! You can do it! Get out!”

【Kelly】Right?

【Kesha】“Don’t sleep.” So I have a playlist for every single season. Of course, the angry one is completely DMX.

【Kelly】Okay.

【Kesha】That…that one I really love. That one is my epic playlist that everyone in my family knows, like if they hear DMX, she’s…

【Kelly】Oh, no!

【Kesha】Someone’s about to get it. Someone is about to get it.

Questions of the day(今日の質問)

  1. What two types of music does Kesha listen to when she’s angry?
    キーシャが怒っている時に聴く二つの音楽ジャンルは何ですか?
  2. What type of music does Kesha listen to when she needs to calm down?
    キーシャは心を落ち着かせるためにどんな音楽を聴きますか?
  3. What artist does Kesha put on when she’s preparing to confront someone?
    キーシャは誰かに怒りを感じて、向き合う時はどのアーティストの曲を聴きますか?

 

Answers(解答)

  1. She listens to either classical or gangster rap, depending on how she wants to approach the situation.
    彼女は状況に合わせて、クラシックまたはギャングスタ・ラップを聴きます。
  2. Kesha puts on classical music such as Beethoven or Bach.
    彼女はベートーベンやバッハといったクラシック音楽を聴きます。
  3. She plays DMX whenever she’s preparing to confront someone else.
    彼女は誰かに立ち向かう時はラッパーのDMXの曲を聴きます。

 

Summary(要約)

In this episode, Kesha describes her favorite music and how her choice of music reflects her moods in a given moment. Kesha says that music is a source of inspiration and consolation in difficult times for her.
このエピソードでは、キーシャが自分の好きな音楽やその時の気分に合う音楽について話します。音楽は、前向きな気持ちになれたり、辛い時に癒してくれるものだとキーシャは言います。

Recently, Kesha’s father passed away. It was a difficult and sad time for her, but she found that music, particularly that of jazz and Nina Simone helped her through.
最近、キーシャのお父さんが亡くなりました。彼女は悲しい気持ちや辛い時期にジャズやニナ・シモンの曲を聞いて、乗り越えることができました。

Whenever Kesha is feeling angry, she will either turn to classical music or gangster rap. When Kesha feels the need to confront someone else, she will put on gangster rap to get her heart rate up and prepare her for confrontation. But if she needs to calm herself down, she will turn to classical.
キーシャは怒りを感じている時は、クラシックやギャングスタ・ラップを聴きます。彼女はどうしても誰かに立ち向かわなければいけない場合は、ギャングスタ・ラップを聞いて心拍数を上げて、心の準備をします。ですが、心を落ち着かせないといけない場合はクラシックを聴きます。

Kesha also has several playlists of music to match her moods. In particular, her family has come to associate her playlist of DMX music with Kesha’s angry moods. Kesha says that whenever her family hears DMX coming on, they know that she’s very angry about something.
キーシャは気分に合わせたプレイリストを作成しています。キーシャの家族はラッパーのDMXの音楽プレイリストと彼女の怒りの感情がリンクしていることに気付いています。彼女がDMXの曲を聞いている時、キーシャの家族は彼女が何かに怒っているとすぐにわかります。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Lose oneself(夢中になる、没頭する)

直訳で「自分を失う」となるこの表現は、何かに夢中になったり、没頭することを意味します。一般的には、lose oneself inの後に夢中になっている対象が入り、「音楽に夢中になる」は“Lose oneself in the music.”、「仕事に没頭する」は“Lose oneself in one’s work.”という具合に、一つだけのことに熱中したり、一つのことに心を奪われ我を忘れるといったニュアンスがあります。

  • I enjoy losing myself in a good book.
    (私は、良い本に没頭するのが好きです)
  • I lost myself in my work and lost track of time.
    (仕事に没頭し、時間を忘れてしまいました)
  • Sometimes I zone out and lose myself in my thought.
    (時々、ボーッとして考え事をしてしまうことがあります)

2) Get someone going (テンションが上がる)

gets me goingはgets me startedと同じ意味で、「〜は自分をスタートさせる」というような意味合いを持ちます。音楽を聞いてテンションが上がったり、運動をして元気になったりなど、何かをすることによって気分が上がることを意味します。日常会話では、音楽を聞いてテンションが上がっている状況で使われることが多いです。

  • I love this song. It gets me going every time.
    (この曲が大好きです。聴くたびにテンションが上がります)
  • Exercising first thing in the morning gets me going.
    (朝一番の運動は気合が入ります)
  • What gets you going in the morning?
    (朝、あなたを元気にするものは何ですか?)

3) Jazz up(感情が高まる)

jazz upはワクワクしたり、興奮したり、感情が高まることを意味し、excited の口語的な言い方として使われます。例えば、「ロスに行くのが楽しみです」と言いたい場合、 “I’m jazzed up about going to L.A.”と言うことができます。upを省いてシンプルに、“I’m jazzed about going to L.A.”と言うことも多いです。その他、jazz upは何かを面白くしたり、魅力的にすることを表し、パーティーのために部屋をデコレーションしたり、サイトのデザインを魅力的にしたり、話を面白くするような状況で使われます。

  • I’m pretty jazzed up about studying abroad in Australia this summer.
    (この夏、オーストラリアに留学することを楽しみにしています)
  • This is my first time going to a concert since the pandemic. I’m really jazzed about it.
    (パンデミック以来、初めてコンサートに行くのでとても楽しみです)
  • We should buy some decorations and jazz up the house.
    (デコレーションを買って、家の中を飾りつけよう)

4) Adulting(大人らしい行動をする)

adultは「大人」を意味することから、adultingは大人らしい行動をとったり、大人がやるようなことをすることを意味します。ガスや電気代の支払いをしたり、家の掃除をしたり、自炊したり、月の予算を立てたり、確定申告をしたりなど、大人としてやらないといけないようなことを指します。この表現は、ここ10年くらいで流行り始めた比較的新しい表現です。年齢問わず誰でも使える表現ですが、特に最近社会人になった人がよく使う傾向があるように思います。

  • I cleaned, cooked, and repaired things in the house. I spent the whole weekend adulting.
    (掃除して、料理して、家のものを修理しました。週末はずっと大人らしいことをしました)
  • We’re doing some serious adulting today. We never had to do this in college.
    (今日は本格的な大人の過ごし方をしているね。大学ではこんなことをする必要はなかったのに)
  • I’m so sick of adulting. I just want to chill at home and play video games.
    (大人らしいことをするのはもう嫌だ。家でのんびりテレビゲームでもしていたいよ)

5) Bring the best out of([人]から最高のものを引き出す)

bring the best out ofは人が持っている力や能力を最大限に引き出したり、発揮させたりすることを意味します。スポーツの監督が選手の能力を最大限に引き出したり、学校の先生が生徒の能力を発揮させたり、プレッシャーが自分自身の能力を最大限に引き出すような状況で使われます。

  • He’s a great coach. He knows how to bring the best out of his players.
    (彼は素晴らしいコーチだ。選手の力を最大限に引き出す方法を知っている)
  • John brings the best out of his employees. He’s an incredible boss.
    (ジョンは、社員の能力を最大限に引き出してくれる素晴らしい上司です)
  • I thrive under pressure. Pressure brings the best out of me.
    (私はプレッシャーの中で成長する。プレッシャーは私の能力を最大限に引き出してくれる)

 

Vocabulary(単語)

  • Confront・・・立ち向かう
  • Curate・・・キュレートする、情報を選んで集めて整理する
  • Embrace・・・受け入れる

Expressions(表現)

  • Horrible day・・・ひどい一日
  • Dive into・・・〜に飛ぶ込む
  • Go-to・・・お気に入りの〜

登場人物紹介

Kelly

大阪と福岡で英会話講師として働いた経験を持つフレンドリーな講師。大学では日本語を専攻していたことから、日本語を流ちょうに話せるので、日本語での説明が必要な場合でも対応可能。フリーカンバセーションだけでなく、TOEFLやTOEICなど試験対策、ビジネス英会話などのレッスンも提供中。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Kesha

フォニックスを専門とし、大人から子供まで様々なレベルの英語学習者にフォノグラム(発音)を教えているとても明るい講師。和歌山県の高校で6年間英語講師として働く傍ら、家庭教師として初心者から上級者まで、あらゆるレベルの英語学習者にもレッスンを提供。カフェトークの子ども向けレッスンでは、一人一人のニーズに合わせた独自の教材を使ったレッスンを行っている。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト