日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第381回「春といえば」

Released: 2022.04.15

第381回目のポッドキャストのテーマは「春といえば」です。皆さんは春といえば、真っ先に何を思い浮かべますか?今日から新しいシリーズが始まりますが、今日の会話では、新しいスピーカーのケリーとキーシャが、春といえば何を思い浮かべるかについて話します。今日の会話を聞きながら、二人が何を思い浮かべるのか考えてみましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「春といえば」

【Kelly】All right, so Kesha, almost springtime. What comes to mind when you think of spring? What’s spring for you?

【Kesha】When I think of spring, for the weirdest reason I always think of cherry blossoms in Japan even though I’m not from Japan because in Arizona we have no seasons. It’s just hot, hotter, hottest.

【Kelly】(laughs) Yeah.

【Kesha】So I never experienced a season until I moved to Japan. I’m like, “Oh my gosh, this is what spring is.”

【Kelly】Okay.

【Kesha】So definitely Japan and all the food that comes with it.

【Kelly】Mm hm.

【Kesha】That was my first spring. So living in Japan is—the only time I think about spring is there. Arizona, I just think, “hot…hot-hot, hot.”

【Kelly】(laughs)

【Kesha】What about you?

【Kelly】It’s funny that you say that.

【Kesha】Okay.

【Kelly】Well, so my parents actually have lived in Arizona for the last fifteen years or so. And I grew up in the northeast. So for me, spring means allergies. (laughs)

【Kesha】Ah.

【Kelly】So, like when I was in Japan, it was cherry blossoms and all—like you mentioned—the food that comes out in the festivals and finally it’s not cold.
And then back in the States, it’s always just, like miserable: itchy eyes, headache, runny nose. Like, I want to be positive with my answer, but I feel like it’s sort of always a really rough time of year for me. And as I’ve gotten older, my allergies have lasted longer and longer. So now it’s not just spring. It’s, like late winter, early summer. And then, like late summer, early winter.
There’s only about, like two weeks where I don’t get allergies. But in Arizona, there’s all that dust, right? From the desert.

【Kesha】Yeah.

【Kelly】I am allergic to that stuff. I didn’t know that before but it gets everywhere. Like, you can feel it in your throat when you wake up in the morning. I didn’t know…

【Kesha】Yes! It goes in the back and it coats the back of your throat.

【Kelly】Yup.

【Kesha】Yup. That’s the Arizona charm.

【Kelly】(laughs) But definitely out here. I’m in Arizona right now helping my parents move and it’s already…it’s like, 40 degrees Fahrenheit at night, but then it’s already 90 degrees during the day. So we’re already into the hot-hot, and it’s not even past March. So it’s a little bit frustrating because you have, like winter, spring, summer, fall, all in one day.

【Kesha】Yes.

【Kelly】See, it doesn’t feel like spring here. It’s—it’s such a weird season that I don’t know if I’d call it a season.

【Kesha】Yeah, you don’t know how to dress because winter starts for, like three hours at night…

【Kelly】Yeah, yeah.

【Kesha】…where it will drop to, like 10-15 degrees Fahrenheit.

【Kelly】Mm hm.

【Kesha】And by the time you wake up it’s 90-100. Yeah.

【Kelly】Mm hm. Yeah, and then you have the air conditioning on during the day, and the heat on at night. It’s like some crazy different planet compared to any other place that I’ve lived.

Questions of the day(今日の質問)

  1. What does Kesha think of when she thinks of “spring?”
    キーシャにとって春と言えば、何をイメージしますか?
  2. Why is spring a difficult season for Kelly?
    ケリーにとって、なぜ春は辛い季節なのでしょうか?
  3. Why was Kelly in Arizona at the time of this episode?
    ケリーはなぜ、このエピソードの時にアリゾナにいたのでしょうか?

 

Answers(解答)

  1. She thinks of cherry blossoms in Japan.
    彼女は日本の桜を思い出します。
  2. Kelly’s allergies flare up during spring.
    彼女は春になるとアレルギーが酷くなるからです。
  3. She was helping her parents move.
    彼女は両親の引っ越しを手伝っていました。

 

Summary(要約)

In this episode, Kelly and Kesha discuss what comes to mind for them whenever they think of spring. For Kesha, her mind immediately goes to Japan.
このエピソードでは、ケリーとキーシャが春について語り合います。キーシャにとって、春と言えば真っ先に日本を思い浮かべます。

Whenever Kesha thinks of spring, she thinks of blooming cherry blossoms and recalls her time spent living in Japan. This is because Kesha used to live in Arizona, where every season felt like summer because it was constantly hot.
キーシャにとって春と言えば、日本で咲き誇る桜を堪能して、住んでいた頃を思い出します。彼女は四季がないアリゾナ州にずっと住んでおり、一年を通して夏のように暑いところにいたため、春といえば日本を思い出すのです。

Kelly struggles with spring because that is when her allergies begin to flare up. She used to live in the American northeast, but she has also lived in Arizona and at the time of this episode, is in Arizona helping her parents move.
ケリーにとって春はアレルギーが酷くなる辛い季節です。彼女は以前アメリカの北東部に住んでいましたが、アリゾナにも住んだことがあり、このエピソードを収録した時はちょうど両親の引っ越しを手伝っていたため、アリゾナにいました。

Both Kelly and Kesha agree that Arizona can have some extreme temperatures, from the intense heat during the daytime to the freezing cold nights. Of all the places Kelly has lived in before, she described Arizona like another planet entirely.
ケリーもキーシャもアリゾナは寒暖差が激しいと言い、特に昼は異常に暑く、夜になると寒くなります。ケリーはこれまで色々な場所に住んだことがありますが、アリゾナはまるで異世界のようだと言っていました。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Even though(〜にもかかわらず)

even thoughは「〜にもかかわらず」や「〜だけど」を意味します。althoughと同じ意味ですが、より口語的な響きがあります。例えば、今日の会話でキーシャは、“I always think of cherry blossoms in Japan even though I’m not from Japan.”と言いましたが、これは「私は日本出身ではないけど、いつも日本の桜を思い浮かべます」を意味します。

  • He passed the test even though he didn’t study.
    (彼は勉強してないのに合格した)
  • Even though I was tired, I studied English before going to bed.
    (疲れていましたが、寝る前に英語の勉強をしました)
  • They put mushrooms in my soup even though I told them not to.
    (スープにキノコを入れないでくれって頼んだのに、キノコを入れられた)

2) It’s funny (that) you say that(面白いことに)

この表現は、相手が言ったことに対して「面白い」と言っているのではなく、相手が発言したことに対して自分自身も似たような経験をしたり、同じようなことを考えていたことを意味し、多少の驚きを表しています。例えば、今日の会話では、アリゾナに住んでいるキーシャが「春と言えば日本の桜が真っ先に思い浮かぶ」と言い、それに対してケリーは “It’s funny (that) you say that”と言いました。その後、ケリーは自身の両親も長いことアリゾナに住んでいて、彼女も春と言えば日本の桜をイメージすると説明し、キーシャと同じことを思っていたので、 “It’s funny (that) you say that.”と言いました。

  • ちなみに、“It’s funny (that) you should say that.”のように表現することもでき、日常会話ではどちらを使ってもOKです。
  • It’s funny (that) you say that. I was just thinking the same thing.
    (面白いことに、私も同じことを考えていました)
  • It’s funny (that) you say that. The same thing happened to me.
    (面白いことに、私にも同じことが起こりました)
  • It’s funny you should say that. I just finished reading that book.
    (面白いことに、ちょうどその本を読み終えたところです)

3) Allergy(アレルギー)

アレルギーは英語で“allergy”と言います。発音が日本語とは異なり、アレルギーではなく、allergyと言います。「アレルギーがある」は“I have allergies.”、「アレルギーになる」は“I get allergies.”、「〜にアレルギーがある」は“I’m allergic to ~”のように表現します。

  • Do you have any allergies?
    (アレルギーはありますか?)
  • I usually get allergies around this time of year.
    (この時期になるとアレルギーがでます)
  • I’m allergic to dairy products.
    (乳製品にアレルギーがあります)

4) Miserable(悲惨な)

miserableは、惨めな気分や哀れな状態、非常に不愉快な状態を指し、very unhappyやvery uncomfortableを一言で表す単語です。例えば、傘を忘れて大雨の中を歩いて家に帰らなければならなかった時に、“It was miserable.(悲惨だった)”のように表現できます。

  • I had to walk home in the pouring rain without an umbrella. It was miserable.
    (土砂降りの雨の中、傘もささずに歩いて帰らないといけませんでした。悲惨でした)
  • It was one of the most miserable experiences of my life.
    (それは人生で最も悲惨な経験の一つでした)
  • I have hay fever so I always feel miserable in April.
    (私は花粉症なので、4月になるといつも惨めな気持ちになります)

5) Drop to(〜まで下がる)

dropは「落ちる」や「落下する」を意味することから、drop toは温度や体重などが「〜まで下がる」の意味として日常会話で使われます。例えば、「今日の気温は5度まで下がります」は“The temperature will drop to 5 degrees today.”と言います。

  • Make sure you dress warmly. The temperature is supposed to drop to 0 degrees tonight.
    (今夜は0度まで気温が下がるそうなので、暖かい格好をするように)
  • When I was on my diet last year, my weight dropped to 60 kg.
    (昨年ダイエットをしていたとき、体重は60kgまで落ちました)
  • It usually drops to about 10 degrees at night.
    (夜はだいたい10度くらいまで下がります)

 

Vocabulary(単語)

  • Last・・・続く
  • Coast・・・はりつく
  • Frustrating・・・イライラする

Expressions(表現)

  • What comes to mind when you think of ~?・・・〜と言えば何が思い浮かぶ?
  • Oh my gosh・・・あぁ
  • That comes with it・・・〜についてくる
  • Or so・・・〜くらい

登場人物紹介

kelly

大阪と福岡で英会話講師として働いた経験を持つフレンドリーな講師。大学では日本語を専攻していたことから、日本語を流ちょうに話せるので、日本語での説明が必要な場合でも対応可能。フリーカンバセーションだけでなく、TOEFLやTOEICなど試験対策、ビジネス英会話などのレッスンも提供中。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Kesha

フォニックスを専門とし、大人から子供まで様々なレベルの英語学習者にフォノグラム(発音)を教えているとても明るい講師。和歌山県の高校で6年間英語講師として働く傍ら、家庭教師として初心者から上級者まで、あらゆるレベルの英語学習者にもレッスンを提供。カフェトークの子ども向けレッスンでは、一人一人のニーズに合わせた独自の教材を使ったレッスンを行っている。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト