日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第356回「今までで一番興味深かった場所」

Released: 2021.10.08

第356回目のポッドキャストのテーマは「今までで一番興味深かった場所」です。今日から新しいシリーズが始まり、スピーカーのオリビアとジョンが、旅の話やそこから学んだ重要な教訓を話してくれます。今日の会話では、オリビアとジョンは、これまで二人が訪れた中で最も興味深いと思った場所について話しています。オリビアとジョンの話を聞いて、二人が世界で一番面白いと思った場所がどこなのか探ってみましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「今までで一番興味深かった場所」

【John】Most interesting place you’ve visited.

【Olivia】Mm, I think Machu Pichu in Peru definitely takes the cake. It is one of the—I think modern—7 Modern Wonders of the World. So that was super cool to visit. I got to go because I studied abroad in Cuzco, Peru for a semester to work on my Spanish. And a trip to Machu Pichu was included in the program.
So we actually got to ride, like the Machu Pichu train and we just stopped in this random part of, like the jungle. And they were like, “All right. Get off the train. We’re going to hike the rest of the way.” So we were like, “What? Hike there?” So keep in mind, this is Peru—like, way higher altitude than what I’m used to in Ohio in the United States.
So we, like entered into this jungle and then pretty soon we started going up these really high mountains, which was crazy hard to breathe and walk.
So it was definitely a struggle for sure. But, you know, finishing that, like last third of the hike and getting to see the city of Machu Pichu from up high. Like, that view was so cool. And it’s just like you’re looking at an actual postcard. Like, you’ve seen the pictures. You know, like that one signature mountain and the city ruins and stuff. But then actually being there and seeing it—like that was just, like breathtaking. It was incredible.

【John】That’s good. That’s good. For me, I would’ve said Istanbul, Turkey ‘cause (because) that’s my favorite place in the world.

【Olivia】Mm hm.

【John】But now that you mention it…the most interesting place I’ve ever traveled was Amman, Jordan. The reason being is that when you first enter Amman, Jordan coming from Syria, you’re coming from the north. And the first thing you see is the Roman Theater.

【Olivia】Ooh.

【John】Now, I know we’ve all seen the Roman movies. You know. And we’ve all seen, you know, how it’s depicted in the movies and how they think it looked like.

【Olivia】(laughs)

【John】I know we’ve all seen Gladiator.

【Olivia】Yeah. (laughs)

【John】Over there in the Colosseum. But when you actually drive past it and…this thing is huge. I mean, it’s, like indescribable.

【Olivia】Mm hm.

【John】It’s like you’re literally looking at history. It’s like, “Okay, I’ve seen it in movies.” You know, “I’ve seen it in video games.” You know, “I’ve seen it, you know, in pictures.” But when you’re actually next to it, it’s like, “Wow, I never could’ve imagined it would be, like this wonderful—it would be this awesome.”

Questions of the day(今日の質問)

  1. Why was Olivia in Peru?
    オリビアはなぜペルーにいたのでしょうか?
  2. What was most difficult about reaching Machu Pichu for Olivia?
    オリビアにとってマチュピチュに辿り着くまでで最も大変だったことは何でしたか?
  3. What is John’s favorite place on Earth? What place did he find the most interesting?
    ジョンが地球上で最も気に入っている場所はどこですか?彼が最も興味を持った場所はどこですか?

 

Answers(解答)

  1. She was studying abroad in Peru in an effort to improve her Spanish.
    彼女は、スペイン語を上達させるためにペルーに留学していました。
  2. She found hiking through the high altitudes extremely difficult.
    オリビアは、標高の高い場所でのハイキングはとても大変だと感じました。
  3. John’s favorite place on Earth is Istanbul, Turkey, but the most interesting place to him is Amman, Jordan.
    ジョンが地球上で一番気に入っている場所はトルコのイスタンブールですが、彼にとって最も興味深い場所はヨルダンのアンマンです。

 

Summary(要約)

John and Olivia discuss what they both think were the most interesting place they’ve ever visited. For Olivia, it was Machu Pichu in Peru.
ジョンとオリビアは、これまでに訪れた場所の中で最も興味深いと思った場所について話し合います。オリビアにとっては、それはペルーのマチュピチュでした。

Olivia went to Peru as part of a study abroad program to improve her Spanish. Included in the program was a trip to Machu Pichu, and while she found the hike to get there very difficult, the view from the top of the mountain was well worth it.
オリビアは、スペイン語力の向上を目的とした留学プログラムの一環でペルーに行きました。そのプログラムにはマチュピチュへの旅行が含まれており、彼女はそこに到達するまでのハイキングが非常に困難なものであると感じましたが、その一方で山頂からの眺めにはそれだけの価値があると感じました。

John’s favorite place on Earth is Istanbul, Turkey. However, his answer to the question of “most interesting place on Earth” was Amman, Jordan.
ジョンが地球上で最も気に入っている場所はトルコのイスタンブールです。しかし、「地球上で最も興味深い場所」という質問に対する彼の答えは、ヨルダンのアンマンでした。

This is because of Amman’s Roman Theater, which John found breathtaking to behold. He was familiar with Roman architecture from pop culture, like movies and video games. But seeing it up close and in-person was a completely different experience.
その理由は、ジョンが息をのむほど美しいと感じたアンマンのローマ劇場があるからです。ジョンは、映画やビデオゲームなどのポップカルチャーを通してローマ建築に馴染みがありました。しかし、実物を目にすることは彼にとって全く違った体験でした。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Take the cake(一番〜)

直訳で「ケーキを取る」となるこの表現は、何かが最も素晴らしかったり、ずば抜けて凄いことを意味する口語的な表現です。この表現は、ダンスコンテストで優勝した人に景品としてケーキが与えられることがあった風習から由来しました。元々は褒め言葉として使われてきた表現ですが、日常会話では「ずば抜けてひどい」や「最低だ」のように皮肉で使われることもあり、状況に応じて判断する必要があります。日本語の「一番〜」に近い意味を持ち、「一番良い」や「一番ひどい」のように両方の状況で使うことができるフレーズです。

  • I’ve traveled to many places, but a place called Cinque Terre in Italy takes the cake.
    (色々なところを旅してきましたが、イタリアのチンクエ・テッレというところが一番です)
  • All of the designs are beautiful, but this one takes the cake.
    (どのデザインも素晴らしいのですが、その中でもこのデザインがずば抜けています)
  • I’ve been to quite a few terrible restaurants, but this place takes the cake.
    (私はこれまでもいくつかひどいレストランに行ったことがありますが、この店はその中でも一番ひどいです)

2) Rest of ____(残りの〜)

rest of ____は「残りの〜」を意味し、日常会話ではよく使われる表現です。例えば、今日の会話でオリビアは“We’re going to walk the rest of the way.”と言いましたが、これはゴールまでにまだ残っている道を歩くことを意味します。その他、別れの挨拶をする時に“Enjoy the rest of your day.”と言うことがよくありますが、これは「今日の残りの時間を楽しんでください」という意味になります。dayの代わりにeveningやnight、weekやweekendと言ってもOKです。

  • What are you going to do for the rest of the day?
    (今日はこれから何をする予定なの?)
  • It was nice talking to you. Enjoy the rest of your day.
    (お話できてよかったです。この後も楽しんでください)
  • I hope you enjoy the rest of your trip.
    (残りの旅の時間を楽しんでください)

3) Keep in mind(覚えておく)

keep in mindは「覚えておく」や「頭に入れておく」を意味し、don’t forgetのより口語的な言い方として使われます。特に、何かを忘れないでほしいと相手に念を押す時に使われます。例えば、今日の会話でオリビアは“Keep in mind. This is Peru.”と言いましたが、これはただのハイキングではなく、ペルーで行ったハイキングだということを忘れないでね、と聞き手に念を押しています。

その他、相手の発言やアドバイスなどに対して「覚えておきます」「心に留めておきます」という状況でも使われ、その場合はシンプルに“I’ll keep that in mind.(そのことを覚えておきます)”と言います。

  • We had to walk back home. Keep in mind, it was over a hundred degrees and really humid.
    (帰りは歩いて帰らないといけなかったんだ。忘れないでほしいんだけど、気温が華氏100度を超えていて、湿度も高かったんだよ)
  • Keep in mind this is his first time traveling abroad.
    (彼にとっては、これが初めての海外旅行であることを忘れないでね)
  • Thanks for the advice. I’ll keep that in mind.
    (アドバイスありがとうございます。覚えておきます)

4) Breathtaking(素晴らしい)

直訳で「息を取る」となるこの表現は、息をのむような光景を見たり、感動するパフォーマンスを見たときに使われ、「すごい」や「素晴らしい」を意味します。「〜は素晴らしかった」は“____ was breathtaking.”、「素晴らしい〜」は“breathtaking ____”と言い、amazingやbeautifulをより強調する意味として使われます。

  • The view from the top of Mt. Fuji was breathtaking.
    (富士山の山頂からの眺めは息をのむような美しさでした)
  • That was a breathtaking performance.
    (素晴らしいパフォーマンスでした)
  • This is the most beautiful beach I’ve ever seen. It’s breathtaking.
    (今まで見た中で一番美しいビーチです。息をのむような美しさです)

5) The reason being(理由は〜だ)

the reason beingは「理由は〜だ」という意味の表現です。the reason isと同じ意味ですが、the reason beingは口語的な表現なので、フォーマルな場や文章での使用は避けた方がいいでしょう。通常、the reason being that, ____の形で使われますが、今日の会話でジョンが言ったように、the reason being is that ____のように表現することもあります。

  • I think you should take that job. The reason being that, opportunities like that don’t come around too often.
    (そんなチャンスは滅多にないので、あなたはその仕事を受けるべきだと思います)
  • If I were you, I wouldn’t go there alone. The reason being that, it’s dangerous.
    (そこは危険な場所なので、私だったら1人では行かないな)
  • I exercise first thing in the morning. The reason being that, it energizes me.
    (私は朝一番に運動をします。なぜなら、元気が出るからです)

 

Vocabulary(単語)

  • Altitude・・・ 標高
  • Struggle・・・苦労
  • Signature・・・ 特徴的な
  • Ruins・・・遺跡
  • Depict・・・描写する
  • Indescribable・・・言葉では言い表せない

Expressions(表現)

  • 7 Modern Wonders of the World・・・世界の七不思議
  • Work on・・・上達する
  • Get to do something・・・〜する機会を得る
  • Get off・・・降りる

 

登場人物紹介

John

教師経験15年以上のシカゴ出身のアメリカ人ネイティブ講師。アラビア語やトルコ語といった外国語を学んだ経験から、言語習得の大変さを理解している。カフェトークでは、英会話レッスンの他に発音や文法、ライティングや試験対策など、さまざまな分野のレッスンを提供中。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Olivia

英語と日本語が話せる日米ハーフ。新しい言語に慣れ親しむには、会話が最も重要な要素であるという考えをもとに、全ての年齢、バックグラウンドの生徒さんにレッスンを提供中。レッスン内容は、各生徒のニーズに合わせて柔軟に対応可能。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト