日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第354回「ソーシャルメディア」

Released: 2021.09.17

第354回目のポッドキャストのテーマは「ソーシャルメディア」です。皆さんが使っているSNSは何ですか?今日の会話では、サラとクレイが、利用しているSNSアプリやサイトについて話し合います。FacebookやTwitterは今でも人気があるのか、それとも若い世代の間では他のソーシャルメディアが人気を集めているのか。二人の会話を聞いて探ってみましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「ソーシャルメディア」

【Sarah】So Clay, what social media are you on right now?

【Clay】Well, I mean…you know, again, it’s like the TV. I’m not a big social media person. But I do use a few. I guess I use, like, you know, Twitter and Instagram.

【Sarah】Mm.

【Clay】I think those are the two that most people my age, like—almost everyone uses.

【Sarah】And for reference…sorry if this is personal…

【Clay】Oh yeah.

【Sarah】…but how old are you? (laughs)

【Clay】Oh, sorry. Yeah, I’m 23.

【Sarah】Oh, okay.

【Clay】So, yeah. I mean that’s, you know—people, like—everyone in, like my high school was always on Instagram and I think they kind of continued that. That’s been continuing since I graduated so, like… (laughs) …like, that kind of thing is…really is what—I think of people my age—I think that those are the two big ones right now, you know? Twitter and Instagram. The one I—I’ve heard a lot about but I’m not, like—and I—I know a lot people use but I’m not…haven’t really, like gone into yet is TikTok. I don’t know if you’re familiar with…

【Sarah】Oh, yeah.

【Clay】…TikTok.

【Sarah】Yeah.

【Clay】It seems like that’s, like the biggest social media thing…

【Sarah】Mm hm.

【Clay】…among people, like a couple years younger than me.

【Sarah】Yeah.

【Clay】So, that’s—I’m not—I don’t really, like…I’ve never really understood it. Like, what the whole point was. But I see people, like…or I see university students, like on the bus, like that. They’re—they’re always just, you know, scrolling through TikTok. You know, the same way people a few years older, like would scroll through Instagram, you know? So, it’s kind of interesting.

【Sarah】Yes. Yeah, well the—this is quite interesting, ‘cause (because) I’m actually 31. Going to be 32 this year, so…

【Clay】 (laughs) Right, yeah.

【Sarah】…I’m, you know, feeling a bit old, especially given that—so…social media sort of came around as I was leaving high school.

【Clay】Right, yeah.

【Sarah】Not at all while I was in it.

【Clay】(laughs) Right.

【Sarah】I did not get a cellphone until basically when I was…I got a cellphone in my sophomore year of high school.

【Clay】Okay, yeah.

【Sarah】And only because my brother was leaving for college.

【Clay】Ah, yeah, yeah.

【Sarah】And it was, like a family deal.

【Clay】Yeah.

【Sarah】So he didn’t get one until he left for college.

【Clay】College, yeah.

【Sarah】And then I got one as a sophomore but it was, like this brick of a Nokia phone.

【Clay】(laughs)

【Sarah】You know…and texting at the time wasn’t even a thing because each letter cost, like 10 cents.

【Clay】Oh, man. Yeah, yeah.

【Sarah】And, yeah. When I tell, like my younger cousins that, they’re like, “What do you mean ‘each letter’ costs money?”

【Clay】(laughs)

【Sarah】And I was like, “Yeah.” Like, you didn’t text people because…

【Clay】Yeah.

【Sarah】…it was so expensive.

【Clay】Expensive, yeah.

【Sarah】And the only reason that I used that phone was to call my parents and be like, “Hey, come pick me up at school.” You know?

【Clay】Right, yeah, yeah.

Questions of the day(今日の質問)

  1. How old is Clay at the time of this episode?
    このエピソードを収録した時点で、クレイは何歳ですか?
  2. What famous social media app does Clay mention that he doesn’t fully understand the appeal of?
    クレイがその魅力を十分に理解していないと言っている、有名なソーシャルメディアアプリは何ですか?
  3. Why didn’t Sarah text people when she got her first cellphone?
    サラは人生初の携帯電話を手にしたとき、なぜ誰にもショートメールを送らなかったのでしょうか?

 

Answers(解答)

  1. Clay says he is 23 years old.
    クレイは23歳だと言っています。
  2. He doesn’t understand exactly what the appeal of TikTok is, despite its popularity.
    TikTokはとても人気があるにもかかわらず、彼はその魅力が何なのかをはっきりとは理解していません。
  3. Back then, texting cost 10 cents per letter, and so was very expensive.
    当時のショートメールは1文字につき10セントかかり、とても高額だったからです。

 

Summary(要約)

Sarah and Clay discuss social media in this episode and which social media apps and sites they use. Clay says that Instagram was popular when he was in high school, and that he thinks Twitter and Instagram are among the most famous social media platforms.
サラとクレイは、このエピソードでソーシャルメディアについて、そして利用しているソーシャルメディアアプリやサイトについて話し合います。クレイは、自身が高校生のときはInstagramが流行っており、TwitterとInstagramは最も有名なソーシャルメディアプラットフォームの一つだと思っていると言います。

Clay also mentions TikTok as a recent, highly popular app, though he doesn’t fully understand its appeal. Nevertheless, he often sees university students on the bus scrolling through TikTok on their phones.
また、クレイは最近とても人気のあるアプリとしてTikTokを挙げていますが、その魅力はよくわからないと言います。とはいえ、彼はバスの中で大学生が携帯でTikTokを開いてスクロールしている姿をよく見かけるようです。

Sarah says that she got her first cellphone when she was a sophomore in high school, and only because her older brother was getting one for college and there was a family deal. She describes her first phone, a Nokia, as a large “brick” of a phone.
サラが初めて携帯電話を手にしたのは高校2年生のときでしたが、それは兄が大学進学のために携帯電話を買ってもらう予定で、家族割があったからだと彼女は言います。彼女は、最初の携帯電話であるNokiaは、大きな「レンガ」のようなものだったと説明しています。

Sarah didn’t text with her first cellphone. This was because texting was very expensive, costing 10 cents per letter to send messages. Mainly, she used her cellphone to ask her parents to pick her up from school.
サラは、最初の携帯電話ではショートメールを送りませんでした。なぜなら、当時のショートメールは非常に高額で、メッセージを送るのに1文字につき10セントもかかっていたからです。彼女は両親に学校への迎えを頼むときに、主に携帯電話を使っていました。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Social media(SNS)

日本語ではツイッターやフェイスブック、インスタなどをSNSと呼びますが、英語ではsocial mediaと呼びます。social mediaは情報を発信するプラットフォームを指しますが、SNS(Social Networking Service)はネットワーキングを行う場所、つまり、人と人をつなげるプラットフォームを指します。フェイスブックやツイッター、インスタはネットワーキングを行う場であり、また情報を発信する場でもあるため、英語ではsocial mediaと表現します。

  • What social media are you on?
    (SNSは何を使っていますか?)
  • I decided to take a break from social media for a while.
    (しばらくの間、SNSから離れることにしました。)
  • I spend too much time on social media. I need to cut down.
    (SNSに時間を使い過ぎているので、SNSの時間を減らさないといけません。)

2) ____ person(〜派)

____ personは、日本語の「〜派」や「〜型」、「〜好き」に相当し、様々な単語と組み合わせて使うことができる便利な表現方法です。例えば、「犬派」は“A dog person”、「朝型」は“A morning person”と言います。ちなみに、今日の会話でクレイは、“I’m not a big social media person.”と言いましたが、これは「SNSはあまり使わない」ことを表します。“I’m not a big”は「〜があまり好きではない」や「〜にあまり興味がない」を意味します。

  • I used to be a dog person, but now I’m a cat person.
    (私は昔犬派でしたが、今は猫派です。)
  • I’m an outdoor person. On my days off, I like to go hiking or surfing.
    (私はアウトドア派です。休日はハイキングやサーフィンをするのが好きです。)
  • I’m not a big beer person. I prefer wine or cocktails.
    (私はビールはあまり好きではありません。ワインかカクテルの方がいいです。)

3) Point(意味)

pointは「点」を意味する単語ですが、日常会話では「意味」を表す表現として使われます。例えば、「〜にどんな意味があるの?」は“What’s the point in/of ____?”、「〜しても意味がない」は“There is no point in/of ____.”のように表します。ここで使われる「意味」は単語や表現の定義を表しているのではなく、ある行動に対する意味を指します。

  • What’s the point of studying English if you don’t use it?
    (英語を勉強しても使わないと意味がないよ。)
  • I don’t get what the point of this training is. It’s pointless.
    (このトレーニングの意味が分かりません。無意味です。)
  • What’s done is done. There’s no point in crying over spilled milk.
    (済んでしまったことは仕方がありません。覆水盆に返らずです。)

4) At the time(その時)

at the timeは、「その時は」や「当時は」を意味する表現です。この表現は過去のある時点について話すときに使われ、特に今と状況が大きく異なることを表すときに使われる傾向があります。例えば、「当時は携帯電話がなかった」と言いたい場合は、“At the time, cellphones didn’t exist.”と言います。

  • At the time, I was living in Japan teaching English.
    (当時、私は日本で英語を教えていました。)
  • At the time, nobody had cellphones. It was important to be on time.
    (当時は、誰も携帯電話を持っていませんでした。時間を守ることが重要でした。)
  • At the time, minimum wage was $5 an hour.
    (当時の最低賃金は時給5ドルでした。)

5) A thing(流行っているもの)

thingは状況により様々な意味を持ちますが、a thingは「流行っているもの」を表します。例えば、「TikTokって流行っているの?」は“Is TikTok a thing?”、「昔流行っていました」は“It used to be a thing.”のように表現します。

  • Back when I was a teenager, pagers were a thing.
    (私が10代の頃、ポケベルが流行っていました。)
  • Wearing baggy jeans used to be a thing in the 90s.
    (90年代はダボダボのジーンズを履くのが流行っていました。)
  • Zoom drinking parties became really popular last year. Is that still a thing?
    (去年はZoom飲み会が大流行しましたね。今でも続いているんですか?)

 

Vocabulary(単語)

  • Scroll・・・ スクロールする
  • Sophomore・・・高校/大学2年生
  • Brick・・・レンガ
  • Text・・・ショートメール

Expressions(表現)

  • For reference・・・参考までに
  • Pick someone up・・・〜を迎えに行く

 

登場人物紹介

Sarah

日本在住7年目。英会話レッスンの他にも、日本語レッスンや子ども向け音楽レッスン、ホルン、トランペット、リコーダーなどのレッスンもオンラインで提供中。日本語も話せる講師なので、英語にまだ自信のない初心者でも対応可能。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Clay

明るくフレンドリーで会話上手な講師。英語を話すことに慣れることを目的としたフリートークレッスンを提供中。気軽にネイティブスピーカーとの英会話を楽しみたい方にはピッタリの講師。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト