日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第256回「タトゥーを入れる理由」

Released: 2019.10.04

第256回目のポッドキャストのテーマは「タトゥーを入れる理由」です。皆さんはアメリカ人がタトゥーについてどう思うのか?またなぜタトゥーを入れるのか、疑問に思ったことはありませんか?今日の会話では、アスリリスとローレンスがタトゥーについて意見交換をします。タトゥーにはどんな意味があるのか、人はなぜタトゥーを入れるのか、また自分だったらどんなタトゥーを入れるのかについて会話をします。今日の会話を聴いて、アメリカのタトゥー文化について学びましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「タトゥーを入れる理由」

【Athrylis】So Lawrence, what are your opinions on tattoos?

【Lawrence】Um, overall, I like tattoos in general. Um so, I mean, there are some from uh, an artistic point. There are some that I like, some that I don’t like. There’s some good tattoos and some bad tattoos. But overall, the thing I like about tattoos—that it’s kind of a way of…I guess generally just self-expression. Especially if it’s something that’s kind of personal to them…

【Athrylis】Mm hm.

【Lawrence】…then it’s kind of a way for me to, kind of, see how they kind of express themselves.

【Athrylis】Mm hm.

【Lawrence】That uh…so, what about you?

【Athrylis】Um, my family didn’t do tattoos. I guess that—my mom was really against it and I think still is like, “Ugh, look at the people having so many tattoos.” And so that was sort of ingrained in me until at some point I was like, “Wait, why would I care what another person does with their body?”

【Lawrence】Mm hm.

【Athrylis】I have absolutely no opinion on that. And I’ll still sometimes be like, “Wow, okay. You’re going to get that tattoo on you permanently when you don’t even know what it means? That’s an interesting choice. But okay you’re…that’s just gonna (going to) be you, and, uh has nothing to do with me.”
Um, I don’t have any tattoos, but sometimes I think, “Oh, I’ll get one at some point.” But for me, personally, it would have to be something significant.  

【Lawrence】Mm hm.

【Athrylis】I understand other people have, you know, anything that they want because it looks cool, and that’s fine for them. Do you have tattoos?

【Lawrence】Uh, not—I’ve been meaning to get some for a while. Actually, I’ve wanted them since, um middle school.

【Athrylis】Hm.

【Lawrence】That there are two that I’m planning to get. Um one is gonna be a song title on my, uh wrist.

【Athrylis】Hm.

【Lawrence】Another one is gonna be, uh Star Wars thing on my shoulder. Those are the ones, um…I think for maybe…it’s been, what, over five years I’ve been pretty set on getting those so I think it’s um, not like, a sudden, rash decision, trying to get those.

【Athrylis】I feel like, nowadays, though, so many people—like, everyone has tattoos.

【Lawrence】Mm hm.

【Athrylis】Like, I think all of my coworkers have at least one tattoo, even though they’re not usually showing. And I’m not talking to them about it, and I don’t really know if those tattoos have any particular meaning, ‘cause (because) we haven’t talked about it. But I think it’s such a common thing that I don’t even really look twice at somebody who has tattoos or not.

【Lawrence】Mm.

【Athrylis】So.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. What purpose does Lawrence think tattoos generally serve for those who get them?
    タトゥーは、入れる人にとって一般的にどのような目的を果たすとローレンスは考えていますか?
  2. Do either Lawrence or Athrylis have any tattoos?
    ローレンスとアスリリスはタトゥーを入れていますか?
  3. Lawrence has interest in getting two tattoos. What are they?
    ローレンスは2つのタトゥーを入れることに関心があります。それはどのようなものですか?

 

Answers(解答)

  1. Lawrence believes tattoos are a form of self-expression for those who get them.
    タトゥーは自己表現の1つだとローレンスは思っています。
  2. Neither of them has tattoos.
    2人ともタトゥーを入れていません。
  3. He wants a Star Wars tattoo on his shoulder and a song title on his wrist.
    「スター・ウォーズ」に関するものを肩に、そしてある曲のタイトルを手首に入れたいと思っています。

 

Summary(要約)

In this episode, Lawrence and Athrylis discuss the subject of tattoos and share their views on what they mean, why one should get one, and what tattoos they would like to get.
今回のエピソードでローレンスとアスリリスはタトゥーについて議論し、タトゥーにはどのような意味があるのか、なぜタトゥーを入れるのか、どんなタトゥーを入れたいかについて、それぞれの考えを語り合います。

Lawrence generally views tattoos as a form of self-expression for those who get them. Though he likes ones made with artistic attention, there are some he also dislikes.
ローレンスは、タトゥーは自己表現の1つだと考えています。彼は芸術性のあるタトゥーを好み、好みではないタトゥーもあると言います。

Athrylis’s mother disliked tattoos, and so when Athrylis was growing up, this attitude of her mother’s influenced her. However, as time went on, Athrylis became more accepting of tattoos, and believed it was none of her business what people did with their bodies.
アスリリスは、子供の頃はタトゥーを嫌う母親の影響を受けていました。しかし時が経ち、彼女はタトゥーを受け入れるようになり、他の人が自分の体に何をしようと、彼女には関係がないと思うようになりました。

Neither Lawrence nor Athrylis have any tattoos of their own. However, Lawrence is interested in getting two specific tattoos at some point in the future. He wants a tattoo of a song title on his wrist and a Star Wars tattoo on his shoulder.
ローレンスもアスリリスもタトゥーを入れていませんが、ローレンスには、いつか入れたいと思っているタトゥーが2つあります。ある曲のタイトルを手首に、そして「スター・ウォーズ」に関するものを肩に入れたいと思っています。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Ingrained(植え付けられた)

Ingrainedは、考え方や習慣が深く根付いていることを表します。日本人が挨拶をする時に無意識にお辞儀をしたり、食べる前に「いただきます」と言うことなどが、その例です。

  • I always bow when I greet people. It’s a habit that’s ingrained in me.
    (人に挨拶をする時はいつもお辞儀をします。これは自分に深く根付いた習慣です。)
  • My experience living abroad was so shocking that it’s deeply ingrained in my memory.
    (海外生活の経験があまりに衝撃的で、記憶に深く刻まれています。)
  • Showing respect for one’s elders is deeply ingrained in Japanese culture.
    (日本の文化では、年長者に敬意を示すことが深く根付いています。)

2) Have nothing to do with(〜と関係がない)

Have nothing to do withは「〜とは無関係である」という意味で、日常的によく使われる表現です。例えば、「それは私には関係ない」は、「That has nothing to do with me.」と言います。

  • That has nothing to do with you.
    (それはあなたには関係ないでしょう。)
  • Why are you bringing up the past? That has nothing to do with what we’re talking about.
    (なんで過去の話を持ち出すの?今話していることと関係ないでしょう。)
  • You’re never too old to learn English. Age has nothing to do with it.
    (英語を学ぶのに遅すぎることはないよ。年齢は関係ないから。)

3) I’ve been meaning to(ずっと〜しようと思っていた)

ずっと前からしようと思っていたことを伝える時に使える表現が、I’ve been meaning to ____です。例えば、「前からずっと聞きたいことがあったんだけど」は、「I’ve been meaning to ask you something.」と言うことができます。

  • Hey Steve! How are you doing? I’ve been meaning to contact you.
    (スティーブ、元気にしてる?ずっと連絡しようと思ってたんだ。)
  • I’ve been meaning to read that book. How do you like it?
    (前からその本を読もうと思っていました。どうですか?)
  • I’ve been meaning to sign up to a gym but I haven’t gotten around to it.
    (前からジムに申し込もうと思ってたんだけど、その暇がなくて。)

4) Set on(〜する気になっている)

何かをしようと決心することをbe set on ____と言います。Have one’s heart set on ____や have one’s mind set on ____とも言いますが、日常会話ではシンプルにbe動詞を使って、be set on ____と言います。

  • 固く決心している場合は、be dead set on ____と言います。
  • I’m set on studying abroad in LA next year.
    (来年、ロスに留学をすると決めています。)
  • I have my heart set on getting that car. I’ve been saving up for years.
    (あの車を買うと心に決めています。もう何年も貯金をしているんです。)
  • She’s dead set on moving to Tokyo and starting her own nail salon.
    (彼女は東京へ引っ越してネイルサロンを開くと固く決心しています。)

5) Rash(軽率な)

Rashは「軽率な」や「早まった」という意味を表す単語です。結果を考えずに物事を判断したり、行動を取るような状況でよく使われ、rash decision(軽率な判断)はよく耳にする表現です。

  • Don’t make a rash decision. Take your time and think about it.
    (軽率な判断をしてはいけません。時間をかけてよく考えなさい。)
  • Let’s gather all the facts first before we make a rash judgment.
    (軽率な判断をする前に、まずは事実を全て把握しましょう。)
  • Be smart. Don’t do anything rash.
    (軽率なことはせず、賢明な行動を取るように。)

 

Vocabulary(単語)

  • Artistic・・・芸術的な
  • Ugh・・・うっ!
  • Permanently・・・一生

Expressions(表現)

  • Self-expression・・・自己表現
  • Against it・・・反対
  • At some point・・・いつか
  • For me personally・・・私にとっては
  • Look twice・・・2度見

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Yoshi より:

    こんなちは、最近Hapa Eikaiwa のPodcastを知り毎日繰り返し色んなエピソードを聴かせていただいてます。
    正直今の僕の英語力ではLive Conversationの内容を一回聞いただけでは3分の1ぐらいしか理解できませんが、毎回とても興味深いトピックで、さらに日本語でのナレーションが聞けて分かりやすく丁寧な説明があるので、何時も繰り返し楽しく聞けて助かっています。
    僕もいつかインターナショナルな環境の中で仕事をしたいと思っています。
    僕は勉強は子供の頃から大の苦手で、良い学歴とは程遠い気持ちでしたが、それから僕は自転車競技始めて海外でも競技活動をしたいと思い、英語を身につけて海外のライダー達と楽しくコミュニケーションを取りながら競技活動をしたい!と、思い英語を学びはじめました。
    今回のトピックでアメリカのtattooへの意識についても勉強になりました!。アメリカ人の方々はtattooに対して特に抵抗なく肌に入れる人が多いと思っていましたが、これもアメリカ人の人それぞの好みもあり偏見もやはりあったりしたのですね。面白かったです。
    また面白いトピックを楽しみにしています。

    • Jun より:

      Yoshiさん

      こんにちは。Podcastを聞いていただき、ありがとうございます!楽しく英語が学習できているようで嬉しいです。学校の勉強のためではなく、人とコミュニケーションが取れるようになるため、ということに気づくと英語の勉強も楽しくなっていきます。Podcastで英語の力をどんどんつけていき、いつか海外のライダー達といっぱい英語で話してください!

  2. kanya より:

    いつも楽しく聞かせてもらっています。質問ですが、I’ve been meaning to~と、I’ve always wanted to~は同じように使えますか?
    I’ve been meaning to~を知らなかったので、ずっとI’ve always wanted to~をその意味のつもりで使っていました💦

    • Jun より:

      Kanyaさん

      いつもありがとうございます!確かにこの二つのフレーズは意味が似ていますが、ちょっとした違いがあります。I”ve been meaning to には「〜するつもりだった」の意味合いが込められ、例えば “I’ve been meaning to call you.”は「連絡しようと思っていた」になります。I’ve always wanted to ~は昔からの願望を伝える時に使われるため、 “I’ve always wanted to call you.”というのは違和感があります。「昔からあなたに連絡するのが夢だった」のような意味合いになるので。昔からの願望を伝える時は、 “I’ve always wanted to ~”を使うといいでしょう。

      • kanya より:

        わかりやすい説明ありがとうございます!これからI’ve been meaning to〜をちゃんと使えるようにしていきます♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト