日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

〜 ネス外国語会話(NES Language School) 〜

ネス外国語会話(NES Language School)

私がロサンゼルスで運営する英会話スクールの
日本で初となる姉妹校『ネス外国語会話』

ここでは、私(Jun Senesac)がロサンゼルスで運営する英会話スクール「BYB ENGLISH CENTER」の姉妹校である「ネス外国語会話」についてご紹介しようと思います。

ネス外国語会話(以下、ネス)は、私の学校BYBと同様にマンツーマンレッスンを専門とした日本の英会話スクールで、姉妹校ということからも見当が付くかとは思いますが、運営体制から企業理念・ビジョンまでもがBYBと非常に近い関係にあり、私が自信をもって日本の皆さんにオススメできる英会話スクールです。

校舎は東京(新橋・新宿・水道橋・浅草)と新潟のみではありますが、オンラインレッスンも可能であるほか、留学やインターンシップのサポートを手数料を一切必要とせずにサポートしてくれるなど、至れり尽くせりな英会話スクールなので、該当の地域でない方も是非一度目を通してみてください。

ポイント1:完全マンツーマンレッスン

マンツーマンレッスンに拘る理由

ネスの大きな特徴は、全てマンツーマンレッスンだということです。今どきマンツーマンレッスンなんて当たり前だと思われるかもしれませんが、グループレッスンを一切行なわずマンツーマンレッスンを専門にする学校は、大手各社含め日本にはそれほど多く存在しません。

マンツーマンレッスンとグループレッスンの違い

マンツーマンレッスンとグループレッスンの違い

英会話力を合理的に身に付けるには、自分が学びたい内容で出来るだけたくさん会話することが肝心です。しかしグループレッスンとなると、生徒一人が講師と会話できる時間が元々少ないうえに、他の生徒と英語のレベルや学びたい内容が違ったり、周りの生徒の目がプレッシャーになったりすることで、非常に効率の悪い学習になってしまいがちです。生徒の意識や講師のスキルにもよるので一概には言えませんが、一般的なレッスンの学習成果を比較すると、マンツーマンとグループでは大きな差が生じるのは確かです。

今、あなたが最も必要とするレッスンとは?

生徒一人一人のニーズに徹底的に対応したレッスン

ネスがマンツーマンレッスンに拘る理由は、貴重なレッスン時間を無駄にすることなく、全ての生徒にとって有意義なレッスンを平等に提供したいという切実な想いを抱いているからです。仕事や家庭、趣味や年齢など人それぞれの環境や状況に応じて適切にカスタマイズされたレッスンは、必ずあなたが必要とする英語の即戦力になることでしょう。

ポイント2:圧倒的な安さ

マンツーマン英会話でのコストパフォーマンスNo.1宣言

マンツーマンレッスンとグループレッスンとでは、その価値には雲泥の差があることは上記でも述べた通りですが、やはり皆さんにとって気になるのが費用面かと思います。レッスン料金が高額なため、マンツーマンレッスンをやりたくても断念しざる終えない方も多いのではないでしょうか。

理想と現実のジレンマ

理想と現実のジレンマ

英語を身に付けるための一番の近道は、普段の生活のなかで英語を話す機会を出来るだけ多く持つことです。しかしマンツーマンレッスンは高額のため、自分の理想通りの頻度でレッスンを受講できないといったジレンマを抱えている方が多いのが実情でしょう。

英会話スクール運営者として思うのですが、このようなジレンマの解消に努める(対面式の)英会話スクールは、現在の日本に果たしてどの程度存在するでしょうか。一人でも多くの生徒および日本人に英語を習得して欲しいと考えるのであれば、この多くの人が抱える問題の解決に取り組むことは当然だと思うのです。グローバル社会への対応が求められる現代において、日本が国を挙げて取り組むべき問題だと言っても過言ではないでしょう。

大手マンツーマン英会話スクールの半額以下のレッスン料

しかし、ネスでは大手英会話スクールの半額以下の料金でマンツーマンレッスンが受講できるため、上記のようなジレンマにとらわれる心配も軽減されるでしょう。さらに、他社では最低限の契約期間などを設けていることがほとんどで、入学の際にかかる初期コストは30〜100万円ほどになりますが、ネスでは基本的に月謝制となり、1ヶ月からの契約も可能なので、わずか数万円からスタートできます。(Hapa英会話を通して申込むと初期費用は0円!しかも現金3,000円プレゼント!!詳しくはページ下をご覧下さい。)

40分あたりのレッスン料金比較図

ポイント3:良質な講師とレッスン

ネスに通う生徒の8割が満足する、洗練された運営体制

ネスは授業料が安いからといって、決して英語力向上の核となる講師やレッスンの質を下げるような事は一切せず、10年以上に渡るスクール運営から得た経験をもとに、あくまで英語習得に直接的に関与しない要素を削ぎ落とし、その高いコストパフォーマンスを実現しています。

採用率2.94%の難関をクリアした優秀な講師陣

採用率2.94%の難関をクリアした優秀な講師陣

ネスに在籍する講師は、全ての人が採用率2.94%という狭き門を突破した一流講師です。書類選考・面接にて、話し方、態度、雰囲気、人柄、機転の良さなどを慎重に吟味するのですが、この選考の時点での通過者は全体のおよそ5%まで絞られます。そして通過者全員がデモレッスンを行い、これに合格した人だけが採用される仕組みとなっています。更に採用決定後も、日本人の性格に適したレッスンの進め方を養うためのトレーニング、また定期ミーティングなどを実施するなど、講師のクオリティ向上も徹底しています。

安心の「全額返金制度」は業界初!

安心の「全額返金制度」は業界初!

ネスでは、相性が良さそうな講師とのマッチングはもちろん、誰でも遠慮なく本音をフィードバックできる「評価シート」を定期的に実施したり、レッスン中に学んだ単語や表現を講師がメモし、それをレッスン終了後にお渡しするなど、レッスン価値をより良いものにするための工夫もいっぱいです。さらに、それでもレッスンにご満足いただけなかった場合のための全額返金制度まで設けてあるので、時間やお金を無駄に浪費してしまう心配も一切ありません。

 

Hapa英会話の読者だけの限定特典

お問い合わせはこちらより

 
 

〜海外留学を検討中の方にお得なお知らせ〜 海外留学の手数料0円、さらに1000円相当の特典あり!

ネスでは、アメリカをはじめ世界11カ国92都市への語学留学サポート、およびインターンシップ・ワーキングホリデーの手配などの業務も行なっており、設立100年以上もの歴史ある英語教育審査機関『Quality English(クオリティ・イングリッシュ)』に認定された公式エージェント(2015年6月現在、日本国内には4社のみ)ととして、優良で信頼のできる学校のみをご紹介しています。そして驚きなのが、一般的な留学エージェントでは必要とされる仲介手数料が一切かからないということです。そしてなんと、そんな魅力的なサービスにさらに拍車をかけ、Hapa英会話を通してお申込みするとHapaオンラインショップで使えるポイント1,000円相当をプレゼント!詳しくはこちらよりお問い合わせください。

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

コメント

  1. rongo より:

    先週のcafeTalk説明会で個別質問対応頂いた者(male)です。ありがとうございました。

    英会話スクールとは少し毛色の異なる内容で質問です。不適切でしたら、別の記事に移動致します。

    英会話スクールより緩い形の英会話活動として、カフェや公民館で小人数(多くてて20人ほど)で行うものが特に都心では多くあります。料金も手頃なので、週に1、2回(活動は1、2時間)参加されるのが標準的のようです。また、参加者のレベル分けがあったり、ネイティブがいるいない(日本人相手)、テーマありなし(自己紹介、フリートーク)様々です。

    Junさんから見て、会話力を上げるにあたり、こういった団体はどのように活用して(アウトプットの回数を増やす場と考える?)、それ以外の時間に何をすれば向上を実感しやすいか、気を付けた方が良いこと(デメリット?)、スクールとの位置付けの違いなどを教えてもらえると嬉しいです。

    勿論、現状当事者がどのレベルであるか(beginner,intermediate,advance)により異なるとは思います。

    よろしくお願いします。

    • Jun より:

      Congoさん

      こんにちは。先週はCafeTalkのイベントに参加していただき、ありがとうございます。当たり前の話ですが、会話を上達させるには会話をすることが最も大事です。なので、カフェで行う少人数の英会話は決してマイナスにはならないと思います。まず注意点として、グループ形式のスタイルは会話量が少なくなり、一般的には積極的に話す人が最も得します。また、毎回フリートークだと話す内容が基本同じになります(自己紹介、仕事、趣味など)。Small Talkを練習したい場合は色々なネイティブとフリートークをするのはいいと思いますが、新しい表現を身につけたり、意見や考えを上手に発言できようになりたい場合はテーマを決めてディスカッションをすることをお勧めします。事前にそのテーマについて色々と調べ、そのテーマに関連する新しい表現を学習し、ある程度ディスカッションする内容を準備すると効果的です。テーマを決めることによって勉強した新しい表現を実践することができ、たくさんの表現を身につけることができます。頑張ってください!

      • ron より:

        junさん
        アドバイスありがとうございます。まずはテーマを絞って、新表現の事前準備、学習ですね。私は日頃強く意識していなかったので、心がけていきます。

        あと、テーマが話題に出たついでに教材の要望があります。
        現在ある教材:トラベル英会話の他に、日常の別テーマでも教材を作ってもらえると嬉しいです。”短め”の頻出表現を集めたような使いまわせる形で。旅行以外でも、色々なロールプレイングをしてみたいです。
        ご検討してもらえると幸いです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

英語の勉強法