日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2021.10.20

コロナ禍に一気に浸透した新スラング「Karen」

皆さんは“Karen”というスラングをご存知ですか?コロナ禍で生まれた謎のこの言葉について、今日はMarina先生と深堀していきます。

1. “Karen”ってスラング知ってる? (0:13)

“Karen”はコロナウイルス感染症が拡大し始めた2020年ごろに登場したスラングで、その後、全米中で頻繁に使われるようになりました。SNS上ではこの言葉があちこちに溢れています。

2. “Karen”って何? (1:08)

“Karen”と呼ばれる人には二つの特徴があります。一つは外見で、40代から60代ぐらいまでのショートヘアーの白人女性で、サングラスをかけていて、ネイルアートにもこだわりがある人のことを指します。そして、もう一つが態度で、“Karen”と呼ばれる人は無礼で自己中心的で、自分には特権があり全て自分の思い通りにできると思い込んでいます。“Karen”とは、周りのことを考えずに、自分の言いたいことだけを言う、自己主張を優先させる中年の白人女性の総称です。

コロナウイルス感染症が拡大する以前も“Karen”というスラングは使われており、過去には上記のような女性を表す時には“Becky”という女性の名前が使われていました。

最近では、何か危険なことが自分の身に起こった時のために携帯カメラでビデオ撮影をすることが当たり前になってきましたが、“Karen”という言葉が頻繁に使われるようになったきっかけとなるある出来事も、撮影された動画によって全米中に広がりました。その出来事は、2020年にNYのセントラルパークで起こりました。パーク内で飼い犬にリードをつけていない白人女性にアフリカ系男性が注意したところ、女性は「アフリカ系男性に脅されている」と虚偽の通報し、その動画は拡散され、のちに女性は会社を解雇される事態に発展しました。その他にも、NYのベーグル店で、マスク未着用を注意された白人女性が腹を立て、周囲の来店客にわざと咳をする行為も動画で拡散される出来事も起こりました。この女性はネットで「Coughing Karen(咳かけカレン)」と呼ばれています。

“Karen”という言葉を簡単にまとめる、「あなたはこうしなさい」と他の人から指示されることを極端に嫌がる半面、他人には常に「ああしなさい、こうしなさい」と指示ばかりをする女性を表すスラングです。現在は、SNSの普及により誰もが気軽に自分で撮影した動画をネット上にアップしたり、誰かの動画にアクセスできるようになったこともあり、より頻繁に“Karen”と呼ばれる女性の行為を目にするようになりました。

3. “Karen”の男性版 (7:59)

“Karen”の男性版は“Ken”と呼ばれています。

動画レッスン

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

動画で英語