日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第341回「フラタニティとソロリティ」

Released: 2021.06.11

第341回目のポッドキャストのテーマは「フラタニティとソロリティ」です。今日の会話では、ビッキーとサムがそれぞれの大学のフラタニティとソロリティについて話します。フラタニティとソロリティは、「Greek Life」とも呼ばれるアメリカの大学の社交クラブで、毎年多くの学生がGreek Lifeに参加します。ビッキーとサムの会話を聞いて、アメリカのフラタニティとソロリティ文化について学びましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「フラタニティとソロリティ」

【Sam】You mentioned frats—fraternities, sororities

【Vicki】Mm hm.

【Sam】…these…I guess it’s a very American thing.

【Vicki】Yeah.

【Sam】These Greek letter organizations that you join and then they kind of become part of you for life, or you become part of them for life. Did you…

【Vicki】Yeah, yeah.

【Sam】Did you participate in any of that?

【Vicki】Nah, I was not interested. To be honest, like I had a few friends who were involved. But to me, like most of my friends were, like in the music—like, the music kids, ‘cause (because) I was doing choir.

【Sam】Mm hm.

【Vicki】I did an acapella group. I also did, like an—opera club I was in. And so those were my friends. And a lot of my friends were guys, actually.

【Sam】Mm.

【Vicki】And I was just like, ever since I was little, I got along really well with guys, and I just had no desire to be in a group of just girls, to be honest. (laughs) Like, I just—it didn’t appeal to me. And I was like, “For what? Like, you guys have parties and that’s it?”
Like, I’m not much of a partier. Like, I would go to parties if my friends were going. But I…I just didn’t really care to just…I don’t know. I—it never appealed to me. I—I don’t know why. What—it was just, like I didn’t really feel like I needed to be in one.

【Sam】Yeah.

【Vicki】I feel like some people feel like that’s a way to make friends. That’s a way to have a community, you know? But I already felt like I had a community. Like, I…

【Sam】Yeah.

【Vicki】…I had my singing, artistic friends, and like, that was enough. So I didn’t need to join a sorority. It seemed like just more time and I was already so busy anyway. Like, I—I wasn’t interested.

【Sam】Absolutely. And it…it depends on the school. I know that there are some schools that are where the “Greek life” as you call it…

【Vicki】Mm hm.

【Sam】…is a very big part of the social fabric

【Vicki】Yeah.

【Sam】…of that school. And in—in those schools there are a lot of cool benefits.

【Vicki】Mm.

【Sam】But at a school…

【Vicki】Yeah, at Yale, they’re not that big, so.

【Sam】Right. And Santa Barbara as well. You know, they have them and people who are in them have a good time. But…

【Vicki】Yeah.

【Sam】…you don’t have to. You can have a perfectly cool time at college without being in one. I didn’t join one, like…just—just like with a lot of the things that I did or did not do at college, it was just convenience.

【Vicki】(laughs)

【Sam】Like, I just didn’t…

【Vicki】Bit too much trouble to join?

【Sam】Right.

【Vicki】It’s like all, “hazingand all that. (laughs)

【Sam】Or, like I didn’t…I didn’t know what to do or I didn’t know enough about it. If—if I…was doing college again now, I might actually try one, just ‘cause it—there were some interesting parts of it. You got to meet a lot of people. There were a lot of interesting events. There was also some structure. Like…

【Vicki】Mm hm.

【Sam】…the frats would have study times.

Questions of the day(今日の質問)

  1. Did either Sam or Vicki participate in a fraternity, sorority, or “Greek life” in general?
    サムまたはビッキーは、フラタニティやソロリティ、あるいは一般的な「グリークライフ(社交クラブの総称)」に参加していましたか?
  2. Was Greek life a big part of student life at Yale, according to Vicki?
    ビッキーによると、イェール大学の学生生活の中で、グリークライフは大きな割合を占めていましたか?
  3. What benefit of fraternity life does Sam mention at the end of the episode?
    エピソードの最後でサムが述べたフラタニティに参加するメリットは何ですか?

 

Answers(解答)

  1. Neither of them participated in Greek life in college.
    二人とも大学ではグリークライフに参加していませんでした。
  2. No. Vicki says that though there were fraternities and sororities, they weren’t very big.
    いいえ、フラタニティやソロリティは存在しましたが、それほど大きなものではなかったとビッキーは言います。
  3. Some fraternities provided structure to their members, such as required study times.
    フラタニティの中には、決められた勉強時間を設けるなど、メンバーにスケジュールを提供しているところもありました。

 

Summary(要約)

Sam and Vicki talk about “Greek life” at their universities. This refers to the college fraternities and sororities whose names include Greek letters.
サムとビッキーは、それぞれの大学の「グリークライフ」について話します。グリークライフとは、大学のフラタニティやソロリティのことを指し、名前にギリシャ文字が含まれているためそう呼ばれています。

At Yale, Vicki didn’t participate in Greek life. She had other forms of community, such as her choir group and her own circle of friends.
イェール大学では、ビッキーはグリークライフに参加していませんでした。彼女は、合唱団グループや自身の友人グループなど、別のコミュニティを持っていました。

Additionally, Vicki just didn’t see the appeal in Greek life. She thought they were more concerned with partying than studying.
また、ビッキーはグリークライフに魅力を感じていませんでした。グリークライフのメンバーは、勉強よりもパーティーに重きを置いていると彼女は思っていました。

Sam also didn’t participate in Greek life at UC Santa Barbara, though it was available. He observed that some fraternities and sororities offered their members structure, such as required study times throughout the week.
カリフォルニア大学サンタバーバラ校にもグリークライフはありましたが、サムは参加していませんでした。彼は、フラタニティやソロリティの中には、平日に決められた勉強時間を設けるなど、メンバーに生活スケジュールを提供していた社交クラブもあったと述べました。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Fraternity / Sorority(男子・女子の社交クラブ)

アメリカの大学にはfraternityやsororityと呼ばれる社交クラブのようなものがあります。通称fratと呼ばれるfraternityが男子、sororityが女子のクラブで、それらに属する学生たちは同じ建物内で生活をし、派手なパーティーを開催することでも知られています。
友達や人脈作りのために入会を希望する学生が多い一方で、クラブには誰もが入れるわけではなく、様々な段階をクリアした人たちだけが加入できるシステムになっています。fraternityではメンバー同士をbrothers(兄弟)、sororityではsisters(姉妹)と呼び、入会の際には家族のように助け合うpledge(約束)をし、大学卒業後も仕事で助け合うなど交流が続きます。

  • Were you in a frat when you were in college?
    (大学時代はフラタニティに入っていましたか?)
  • Apparently, Lisa is pledging for a sorority.
    (リサはソロリティに入ろうとしているみたいだよ。)
  • It’s pretty common for students to join fraternities and sororities in college.
    (大学では、学生がフラタニティやソロリティに入るのはよくあることです。)

2) For life(一生)

for lifeはfor the rest of one’s lifeを省略した言い方で、「この先ずっと」や「一生」を意味します。終身刑の判決を受ける状況で使うときもあれば、もう少しカジュアルに一生の友人や生涯のパートナーを表す時にも使われ、日本語の「死ぬまでずっと」に近い表現です。

  • He was sentenced to prison for life.
    (彼は終身刑を命じられた。)
  • We’ve known each other since elementary school. We’re friends for life.
    (私たちは小学校からの付き合いです。一生の友です。)
  • I gave up on finding a girlfriend. I’m going to be a single for life.
    (恋人探しは諦めました。一生独身でいようと思っています。)

3) Have no desire to(〜する気がしない)

desireは「願望」や「欲望」を意味することから、have no desire toは何かをする気が全くないことを意味します。I don’t want toも何かをしたくない気持ちを表す時に使われますが、I have no desire toと表現することで、全くやりたくない気持ちが強調されます。
日常会話ではhave no desire toの代わりにhave zero desire toと表現することもよくあります。

  • 日常会話ではhave no desire toの代わりにhave zero desire toと表現することもよくあります。
  • I quit smoking five years ago. I have no desire to smoke.
    (私は5年前に禁煙しました。タバコを吸いたいとは思いません。)
  • To be honest, I have no desire to get married or have kids. I’m more focused on my career.
    (正直、私は結婚したり子供を持ちたいとは思っていません。それよりも自分のキャリアに集中しています。)
  • When I was in high school, I had zero desire to study English.
    (高校生の頃は、英語を勉強したいという気持ちはゼロでした。)

4) Not much of(あまり〜でない)

not much ofは「あまり〜でない」や「そんなに〜でない」を意味し、自分があまり好きではないことや興味がないこと、得意ではないことに対して使われます。例えば、今日の会話でビッキーが “I’m not much of a partier.” と言いましたが、これは「私はあまりパーティー好きではない」を意味します。この表現はbe動詞と組み合わせて使われ、not much ofの後には名詞が続くことが多いです。

  • I’m not much of a reader. I prefer audiobooks or watching movies.
    (私はあまり読書家ではありません。オーディオブックや映画を見る方が好きです。)
  • I’ll drink every now and then but I’m not much of a drinker.
    (たまには飲みますが、あまり飲む方ではありません。)
  • I’ll pass on clubbing tonight. I’m not much of a dancer.
    (今夜クラブに行くのはやめておきます。踊るのは苦手なので。)

5) And all that(などなど)

and all thatは同類のものを挙げるときに会話でよく使われる表現で、「〜など」や「そのようなもの」を意味します。意味と使い方はand things like thatとほぼ同じで、一般的に文末に使われます。

  • In Japan, we visited museums, temples and all that.
    (日本では、博物館やお寺などに行きました。)
  • I went to the grocery store and picked up food, drinks and all that.
    (スーパーに行って食べ物や飲み物などを買いました。)
  • When I was a kid, I used to play soccer, baseball and all that.
    (子供の頃は、サッカーや野球などをやっていました。)

 

Vocabulary(単語)

  • Appeal・・・魅力を感じる
  • Social fabric・・・社交基盤
  • Hazing・・・新人いびり

Expressions(表現)

  • American thing・・・アメリカ的なもの
  • Ever since・・・〜の頃から
  • Get along well with・・・〜と気が合う
  • That was enough・・・それだけで十分だった

 

登場人物紹介

Vicki

アメリカのバージニア州出身。東京の中学・高校で5年間英語を教えた経験を持つ。初級者から上級者まで、さまざまなレベルの生徒に対応。会話レッスンだけでなく、エッセーや論文の添削、海外大学への進学を考えている人向けのレッスン、面接英語など、幅広いレッスンを提供中。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Sam

子供から社会人までマンツーマン・グループレッスンを担当した経験を持つ。カフェトークでは、会話レッスン以外にも、語彙力や発音、文法力強化を目的としたレッスンなども提供中。自身も京都に1年間、北京に3年間の留学経験を持つことから、外国語学習の難しさについて非常に理解が深い。また、必要に応じて日本語での説明も可能。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. :) より:

    Congratulations!!
    You and Akina san will be wonderful parents♪

  2. Emi より:

    Hi Jun san,
    Congratulations on your growing family!!
    Thank you for sharing the happy news!! I’m sure you will be a kind and nice dad! I’m also excited to listening to next episode for the gender revealing party! Have fun and please take care of Akina san.

    • Jun より:

      Thank you, Emi! We’re both extremely excited. I’ll let you and the rest of the listeners know about the gender reveal party in the episode next week 😊

  3. Takeshi より:

    ジュンさん自らが”メリット”みたいな誤用カタカナ語を使わないでほしいです。利点、で良いですよ!

  4. mariko より:

    “I’ll drink every now and then.”は、自分の習慣について話しているのに、現在形ではなく未来形なのですね。”I almost always get up at 8.”とは何か違うのでしょうか。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト