日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第333回「不快を与えるNG行為」

Released: 2021.04.16

第333回目のポッドキャストのテーマは「不快を与えるNG行為」です。今日の会話では、マリナとネイトがアメリカで失礼だと見なされる行為について会話を続けます。マリナは、誰かにアドバイスや解決策を提案されると少しイラっとすると言います。今日の会話を聞いて、なぜ彼女がイラっとするのかを考えましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「不快を与えるNG行為」

【Marina】I sometimes—I mean, when I, like talk to my—like, my family or to my friends about, like some problem that, like happened, I actually don’t even want—yeah, don’t even want you to correct me. Just commiserate with me right now.
Just acknowledge that, like what I’m having is, like what—whatever happened to me. Like, was…was, like unfair. This person was wrong. You don’t need to come up with any solution. Don’t give any solutions or advice at this point.

【Nate】Oh, I’m the one who offers solutions pretty often.

【Marina】(laughs)

【Nate】I’m, like…you know, “I see the—the answer. It’s very clear. Like, just listen to me and fix your problem.”

【Marina】But, like mostly…

【Nate】Maybe a guy versus girl thing.

【Marina】Most of the time, like I know the solution, but like, I don’t feel like…I don’t—and I know the solution. I will, like get to the solution. But first I just have to, like complain about, like, “This person…I can’t believe how ridiculous they are.” And like, “Why would they—why won’t they think the way I think?” When I know it’s really, like…it’s because they’re not thinking the way I’m thinking.

【Nate】Mm. So it’s like a vent session, kind of.

【Marina】It’s a vent session.

【Nate】“Just listen to me.”

【Marina】“Just listen to me.” (laughs)

【Nate】Okay. I’ll give you one of those. But if you do it a second time—it’s the same story—I’m like, “Yo, I have the answer for you right here. Just listen to me. I don’t want to hear the story again. Like, you’re being rude to me.”

【Marina】Yes. (laughs)

【Nate】I don’t need to hear the same story again. That’s my opinion.

【Marina】I—I agree. There is, like…there is a certain point where—you know, like—what is the thing if you, like…like, if you try like—like the same thing over—over and over again, like…

【Nate】I think it’s, like “Insanity is…”

【Marina】Yes!

【Nate】“…doing the same thing and expecting a different result.” That’s insanity.

【Marina】That’s it.

【Nate】Yeah.

【Marina】Yeah, it’s the definition of insanity. Exactly.

【Nate】Don’t be insane, Marina. Just be level-headed.

【Marina】Thank you.

【Nate】Solve your problems.

【Marina】(laughs)

【Nate】You get one chance to vent.

【Marina】Uh oh!

【Nate】After that, that’s no more. Just move on.

【Marina】Well, at least you’re not calling me “crazy.”

【Nate】No, no.

【Marina】‘Cause (because) that’s, like a rude thing to call a woman. (laughs)

【Nate】That’s true. It’s all about words.

【Marina】It is.

【Nate】Don’t say bad words to people. That would be rude.

【Marina】Don’t think…that is…

【Nate】Don’t curse at them.

【Marina】…that is definitely—yeah, don’t curse at people. That is—that is, I think the…the lesson to be learned here.

【Nate】Yeah. Between friends, you know, in certain contexts, is okay.

【Marina】Yeah.

【Nate】But general strangers? Nope. Don’t do it. You’re gonna have a fight.

【Marina】No.

【Nate】Don’t say the f-word to them.

【Marina】No.

【Nate】It’s bad news.

【Marina】Also, with friends, you know, like where their lines are, and, like—it’s, like you know when you’re going to cross the line. You know when you’re toeing the line. And, like…but with strangers, yeah. There’s, like…there’s—you have no idea where that—like, where that line is, and…

【Nate】Yeah. Words and tone are pretty big. Just be polite.

【Marina】Exactly.

【Nate】‘Cause people will get angry. They’ll get…

【Marina】They will.

【Nate】Yeah.

Questions of the day(今日の質問)

  1. When Marina is sharing a problem she’s going through with a friend or family, what does she want them to do?
    自分が抱えている悩みを友人や家族に打ち明けるとき、マリナは相手にどうしてほしいと思っていますか?
  2. What classic definition of “insanity” is given in this episode?
    このエピソードでは、「insanity(狂気)」のどのような古典的定義が述べられていますか?
  3. What do both Marina and Nate warn against doing in the U.S.?
    マリナとネイトは、アメリカではどんな行動をしないよう警告していますか?

 

Answers(解答)

  1. She wants them to simply listen, rather than try to offer solutions.
    解決策を提示するのではなく、ただ自分の話を聞いてほしいと彼女は思っています。
  2. Nate describes a classic definition of insanity that says, “Insanity is doing the same thing over and over and expecting a different result.”
    ネイトは「insanity」の古典的な定義として、「insanityとは、同じことを繰り返し行い異なる結果を期待することである」と述べています。
  3. They strongly advise against uttering swear or curse words at strangers, as this might provoke them into a fight.
    喧嘩の火種になりかねないため、アメリカでは見知らぬ人に対して汚い言葉や罵倒する言葉を口にしないように強く勧めています。

 

Summary(要約)

Marina and Nate continue their discussion of rudeness and what they personally consider to count as rude behaviors. Marina begins by sharing what she considers rude when sharing problems with others.
マリナとネイトは失礼な行為についての会話を続け、個人的にどのような行為が失礼にあたるのかを話し合います。マリナはまず、悩み事を他人に打ち明けるときに失礼だと思うことについて話します。

Marina feels that in her case, it’s rude to try to offer solutions to a problem she’s currently in the process of describing and venting about to a close friend or family member. She simply wants someone to listen to her and let her describe her problem.
マリナの場合、親しい友人や家族に悩みを相談したり、愚痴をこぼしている最中に解決策を提示しようとするのは失礼だと感じています。彼女はただ、誰かに話を聞いてもらい、自分の悩みを打ち明けさせてほしいと思っています。

Nate on the other hand admits he would be someone who would try to offer solutions. He feels that it’s okay to listen to a person’s problems in the first instance that they complain about them, but after that, the complaining has to stop and the problem needs to get fixed.
一方、ネイトは自分は解決策を提示しようとする人間であることを認めています。彼は、最初の段階では愚痴を聞いてもいいと思っていますが、その後は文句を言うのをやめて問題の解決に向かう必要があると考えています。

Marina and Nate end their discussion with a warning to listeners when talking with Americans that are strangers: don’t swear or use curse words with strangers. Marina feels that one likely knows the tolerances for swearing among one’s own friends, but that one doesn’t know a stranger’s tolerance for swearing. Therefore, to avoid provoking a stranger into a confrontation, avoid uttering swear words entirely with them.
マリナとネイトは、見知らぬアメリカ人と話すときの注意点として、リスナーに「見知らぬ人に汚い言葉や罵り言葉を使わないように」と言って会話をしめくくります。マリナは、友人との間では汚い言葉遣いの許容範囲はわかっていても、他人であればその許容範囲はわからないと考えています。そのため、見知らぬ人を挑発して対立を引き起こさないためにも、見知らぬ人との間では汚い言葉を絶対に口にしないようにしましょう。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Most of the time(大抵の場合)

most of the time は「大抵の」や「ほとんどの」を意味する口語表現です。alwaysよりは若干低い頻度、usuallyよりは高い頻度を表す状況で使われます。この表現は文頭と文末で使われることがよくあります。

  • Most of the time, I listen to this podcast on my way to work.
    (大抵、私は通勤途中にこのPodcastを聴きます。)
  • I get a Filet-o-fish at McDonald’s most of the time.
    (ほとんどの場合、マクドナルドではフィレオフィッシュを注文します。)
  • Most of the time it gets crowded during this hour.
    (大抵、この時間帯は混雑します。)

2) Ridiculous(信じられない)

ridiculousは「馬鹿げた」や「信じられない」を意味し、普通に考えたらあり得ないようなことに対して使われます。誰かがバカバカしい言動をとったり、おかしな洋服を着たり、信じられないような話や非常識で理不尽な話を聞いた時など、様々な状況で使われます。「バカバカしい」や「くだらない」、「信じられない」や「あり得ない」は「That’s ridiculous.」と言います。

  • It’s 20 dollars for a bowl of ramen? That’s ridiculous!
    (ラーメン一杯が20ドル?信じられない!)
  • Check out this pic of us from 10 years ago. Look how ridiculous we look with our long bleached hair.
    (10年前の僕たちの写真を見てみなよ。ロン毛の金髪だった僕らって格好悪いね。)
  • He said he was late to work because every traffic light he hit was red? That’s the most ridiculous excuse I’ve ever heard.
    (信号が全部赤だったから彼は仕事に遅れたって?そんな馬鹿げた言い訳は聞いたことがないよ。)

3) Vent(愚痴る)

ventは不満や怒りなどを愚痴ることを意味します。この表現は特に相手に不満を聞いて欲しいときや、溜まっていた感情を吐き出す時に使われるフレーズです。ventは元々空気やガスを放出する穴や排出口を意味したことから、「怒りや不満を放出する」という表現が成り立ちました。

  • Thanks for listening to me. I just needed to vent.
    (話を聞いてくれてありがとう。ただ感情を吐き出したかったんだ。)
  • Let’s have a vent session. What’s been bothering you lately?
    (さて語り合おうか。最近悩んでいることは何?)
  • Every now and then, it’s good to vent and let your emotions out.
    (時々愚痴って自分の気持ちを吐き出すのはいいことだよ。)

4) Level-headed(冷静な)

直訳で「一定の頭」となるこの表現は「冷静な」を意味します。level-headedは感情の波が常に安定していることを表し、どんな時でも焦らずに冷静に対処できる冷静沈着な人を指します。

  • She’s always calm and level-headed.
    (彼女はいつも落ち着いていて冷静です。)
  • He never gets rattled. He’s always level-headed.
    (彼は決して動揺することなく常に冷静です。)
  • How do you stay level-headed all the time?
    (どうやったらいつもそんなに冷静沈着でいられるんですか?)

5) Cross the line(一線を超える)

cross the lineは「一線を超える」を意味する表現です。許容範囲を超える不適切な行動や発言をすることを意味し、「やり過ぎ」や「言い過ぎ」と似たような意味を持ちます。

  • What you said to her was really rude. You crossed the line.
    (あなたが彼女に言ったことはとても失礼です。あなたは一線を超えました。)
  • I’m sorry for what I said to you earlier. I crossed the line.
    (さっきはあんなことを言ってごめん。言い過ぎたよ。)
  • It’s not funny at all. You’re crossing the line. Stop being a jerk.
    (全然面白くないし、それはやり過ぎだよ。くだらないことはやめて。)

 

Vocabulary(単語)

  • Commiserate・・・同情する
  • Versus・・・〜と〜
  • Curse・・・罵る
  • F-word・・・Fワード

Expressions(表現)

  • Come up with・・・〜を考える
  • Over and over・・・繰り返す
  • Move on・・・前進する
  • Bad news・・・ろくなことにならない

 

登場人物紹介

Nathan (Nate)

アメリカのカリフォルニア在住。2014年から3年間、日本でALT講師として中学生と高校生に英語を教えた経験を生かして、英語を学ぶ学習者のためにカフェトークで主に会話のレッスンを提供中。また彼自身も日本語を学ぶ生徒としてもカフェトークを利用しているため、「外国語を学ぶ」点においては非常に理解が深い。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Marina

大学院で日本文学の修士号を取得。日本滞在中はALT講師として小学生と中学生に英語を教えたり、地域の方を対象とした英会話教室の講師を担当。カフェトークでは、小さな子供から大人まで幅広い年齢層の生徒にレッスンを提供中。レッスン中は必要に応じて日本語でのサポートも可能。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト