日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第295回「ニューヨークとスペインのコロナ事情」

Released: 2020.07.10

第295回目のポッドキャストのテーマは「ニューヨークとスペインのコロナ事情」です。今日より新しいシリーズがスタートし、スピーカーのカメさんとレベルさんが、コロナウイルスがそれぞれの生活に与えている影響について話し合います。今日の会話では、ニューヨーク在住のカメさんと、北スペイン在住のレベルさんが、それぞれが暮らしている地域のコロナウイルスの状況について話します。今日の会話を聞きながら、ニューヨークとスペインのコロナウイルスの現在の状況を学びましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「ニューヨークとスペインのコロナ事情」

【Kame】Would you mind just telling me about the current situation in the area that you live?

【revel】Well I’m in the north of Spain and Spain has been…pretty much closed down since the middle of March. Uh, and about two or three weeks ago they started accelerating the reopening of the economy.

【Kame】Mm.

【revel】So for myself, I was 90 days at home. Uh…

【Kame】Wow.

【revel】…most people were between 60 and 90 days at home. Uh, but the economy was badly hit like everywhere and the Spanish government began making some I think arbitrary plans of reopening quickly. So first they said, uh, “the 1st of July.” And then they said, “No, the, uh 25th of June.”
And suddenly today—uh, today’s the 20th of June—today they reopened. The, uh reopening was kind of, uh it wasn’t planned. Like, they would say the 1st of July, but then they would pull it back and say another date. And then, uh suddenly they said, “Well, everybody can open. There’s Phase 1, Phase 2, Phase 3, but let’s skip Phase 2.”

【Kame】Ah.

【revel】So despite making plans, uh based on dates, and based on economic problems…

【Kame】Mm hm.

【revel】…uh, they were always jumping ahead of themselves. And now, suddenly we’re open.

【Kame】Mm hm.

【revel】And how ‘bout (about) you? What—what’s it like in New York City?

【Kame】Yeah.

【revel】My old home town. (laughs)

【Kame】(laughs) Yeah, so uh, in New York, um, you know, it’s Phase 1 right now. I think, um that started June 6th, I believe.

【revel】Mm hm.

【Kame】Uh, which, basically just means, um the parks can open again. Um, and then there are some various outdoor businesses that are allowed to start construction work and so on. And then in two days, the 22nd, um…

【revel】Mm hm.

【Kame】…Phase 2 will start. And so this is, I think what people are really looking forward to. You can start going outside. You can sit outside and eat at a restaurant as long as it’s outside. They have to have seating. Um, some retail stores are gonna (going to) be open. It’s definitely changed a lot since the coronavirus first hit.
I noticed within the first couple weeks, um the streets that are usually completely packed with people, the subways, they were completely empty—is very eerie to see.

【revel】Yeah.

【Kame】And I personally was quite afraid to go outside because just seeing on the news, um New York was the epicenter. And so, I was frightened to go outside. I was getting all of my deliveries—like, all of the groceries delivered to me.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. What was the Spanish government changing from revel’s account of his life there during the quarantine?
    レベルの説明では、スペイン政府は自粛期間中に何を変更していましたか?
  2. What examples did Kame give of activities that will reopen during New York City’s Phase 2?
    ニューヨークのステップ2で再開されることの例としてカメは何を挙げましたか?
  3. Why specifically was Kame afraid of going outside during the quarantine in New York City?
    カメがニューヨークでの自粛期間中に特に外出を恐れたのはなぜですか?

 

Answers(解答)

  1. revel observed that the Spanish government kept changing the dates it claimed to be reopening its economy.
    スペイン政府は経済活動の再開を宣言する日にちをコロコロ変更したとレベルは言います。
  2. Kame said that restaurants with outdoor seating will reopen as well as some retail stores.
    一部小売店の他、テラス席があるレストランは営業が再開するとカメは言いました。
  3. She saw often on the news that New York was at the center of the coronavirus outbreak in the U.S.
    アメリカでは、ニューヨークがコロナウィルスの感染爆発の中心であることをよくニュースで目にしたからです。

 

Summary(要約)

Kame and revel discuss the various measures the governments where they live have taken to respond to the global coronavirus pandemic. Both share the different approaches their governments have taken to quarantine the public, prevent the spread of the virus, and gradually reopen their economies.
カメとレベルが、世界的に流行しているコロナウィルスに対してそれぞれの国の政府が取った対策について話し合います。国民の隔離対策やウィルスの感染拡大予防、そして経済再開に向けてそれぞれの政府が取った異なるアプローチを2人は共有します。

revel currently lives in Spain and he observed how often the Spanish government changed the dates it intended to reopen its economy. First it said it would reopen on July 1st, but changed to June 25th, and at the time of recording, again to the June 22nd.
レベルは現在スペインで暮らしていますが、スペイン政府が経済活動を再開する日にちをどのくらいの頻度で変更したかを述べます。初めは7月1日でしたが6月25日に変わり、この会話をレコーディングしている日に再び変更があり、6月22日となりました。

Kame lives in New York City, which was struck with an extremely high number of coronavirus cases and responded with a heavy lockdown. In reopening its economy, Phase 1, which began on June 6th, allows for parks and certain outdoor businesses to reopen.
カメはニューヨークに住んでいます。ニューヨークはコロナウイルスの感染者数が群を抜いて多く、それに伴い厳重な都市封鎖が行われました。経済の再開に向けて、6月6日に始まったステップ1では公園が開放され、屋外で行う仕事も再開しました。

Phase 2 will allow restaurants with outdoor seating and certain retail stores to reopen as well. For Kame, living in New York City was frightening, since she saw on the news that New York was at the center of the outbreak in the U.S., and places that used to be crowded like sidewalks and subways, are now nearly empty.
ステップ2に入ると、テラス席があるレストランや一部小売店も営業再開が認められます。ニューヨークがアメリカにおけるコロナウイルスの感染爆発の中心地であることをニュースで見たり、人で混雑しているのが当たり前だった路上や地下鉄から人がいなくなったのを目の当たりにして、カメはニューヨークでの生活が怖くなりました。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Close down(閉鎖する)

Close down はお店やビジネスなどが「閉まる」ことを意味します。一般的には「廃業」の意味で使われますが、コロナの状況では「休業」状態も表します。close だけで表す場合は、「廃業」だけでなく営業時間外の「閉店」も意味します。

  • ちなみに、shut down も同じ意味として使えます。
  • All non-essential businesses had to close down due to the coronavirus.
    (コロナウイルスの影響で、生活に必要不可欠ではないビジネスは休業しなくてはなりませんでした。)
  • That business didn’t make it. They closed down.
    (あの会社はコロナを乗り越えることができず倒産しました。)
  • When the second wave hits, many businesses may have to shut down again.
    (第2波がきたら多くのビジネスが再び休業しなくてはならないかもしれません。)

2) Hit(打撃を与える)

Hitは本来、物理的に「打つ」や「たたく」を意味する単語ですが、天災や災害による打撃を表す場合にも使われます。例えば、「コロナに襲われた」はhit by the coronavirusとなり、経済やビジネスが「打撃を受ける」意味としても使われます。

  • Our city was hit hard by the coronavirus.
    (私たちの街はコロナウイルスで大きな打撃を受けました。)
  • I heard that the second wave is hitting some countries already.
    (既に第2波に襲われている国もあるそうです。)
  • When was the last time our economy was hit this hard?
    (これほどまでに経済が大打撃を受けたのはいつ以来だろう。)

3) Arbitrary(適当に)

Arbitrary は、判断や選択がルールや仕組み、計画、理由などに基づくものではなく、ランダムで適当なものであることを示す形容詞です。特に理由もなく気まぐれで何かを決める意味合いがあります。

  • It was an arbitrary decision that wasn’t well thought out.
    (あれは十分に考え抜かれていない適当な決断でした。)
  • A good leader doesn’t make arbitrary decisions.
    (良いリーダーは適当な決断はしません。)
  • Was your choice arbitrary or strategic?
    (あなたの選択はランダムなものでしたか?それとも戦略的なものでしたか?)

4) Packed(いっぱい詰まった)

Packedは「いっぱい詰まった」状態を表します。満員電車や交通渋滞、荷物でパンパンのスーツケース、予定で埋まったスケジュールなどを表す時に使える便利な表現です。

  • The Yamanote-line was packed today. Is it always like that?
    (山手線は今日すごく混んでいました。いつもあんな感じですか?)
  • Despite the coronavirus, many bars in LA are packed.
    (コロナにもかかわらずロスのバーは人でいっぱいです。)
  • My suitcase is packed. It barely closed.
    (私のスーツケースはパンパンです。かろうじて閉まりました。)

5) Eerie(不気味な)

Eerie は「不気味な」や「奇妙な」を意味する単語です。奇妙な音がしたり不気味な雰囲気であるなど、ゾッとする状況で使える単語です。

  • We went to a restaurant yesterday and we were the only ones there. It felt eerie.
    (昨日レストランに行きましたが客は私たちだけでした。不気味な感じでした。)
  • That bar had an eerie atmosphere. It gave me the creeps.
    (あのバーは不気味な雰囲気でゾッとしました。)
  • I looked up and saw an eerie green glow in the sky.
    (空を見上げると不気味に輝く緑色の光がありました。)

 

Vocabulary(単語)

  • Accelerating・・・加速
  • Despite・・・〜にもかかわらず
  • Frightened・・・恐怖

Expressions(表現)

  • Pull it back・・・撤回する
  • Based on・・・〜に基づく
  • And so on・・・〜とか

 

登場人物紹介

Kame

アメリカのニューヨーク在住。アメリカ、カンボジア、ベトナム、日本、計4か国で英語講師として経験を積む。マンツーマンレッスンだけでなく大人数のクラスサイズでも教えた経験を持ち、子供から大人まで幅広い年齢層の生徒にレッスンを提供する。現在は、ビジネス英会話やリーディングレッスンを提供する講師としてカフェトークで活躍中。
カフェトークのプロフィールはこちら

revel

ニューヨーク出身。1989年よりスペイン在住。1982年にESL講師としてのキャリアをスタートし、ニューヨーク在住中は日本のビジネスパーソンに英語を教える。スペイン移住後は現地の私立・公立学校、大学や企業などでESL講師として働く。2010年にESL講師としてのキャリアを終え、現在はビジネスパーソンとして働きながらカフェトークで英語とスペイン語講師として活躍中。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Yuri より:

    Junさん
    いつも楽しく勉強させてもらってます!ありがとうございます!

    Kameさんの最後の会話で
    New York was at the center.
    という部分が私には
    New York was the epicenter.
    と言っている様に聞こえるのですが、、、どうでしょうか?

    • Yu より:

      Junさん、Yuriさん

      私も、Yuriさんと一緒で
      New York was at the center.

      New York was the epicenter.

      に聞こえてしまいます。
      at the centerもシラブルが繋がると
      日本人にはとても聞き取りが難しく感じます。

      コメント頂けると幸いです。

    • Jun より:

      Yuriさん

      いつもありがとうございます!ここは “the epicenter” です!修正しました。ありがとうございます😊

  2. ダイ より:

    いつも楽しく聴かせていただいています。

    質問なのですが、arbitraryを英和辞書などで調べた時に出てくる「任意の」のような意味は実際の英会話で使われるのでしょうか。
    例えば日本語の文中に「任意の数字を選ぶ」のような文がありそれを英訳する場合にarbitraryを使うと、Junさんが紹介したように適当に選んだ数字やデタラメに選んだ数字のような意味合いになると教わったことがあります。
    そうなると英和辞書にある「任意の」という意味で使われることはないのかなと思いました。ないというより、例えば前述の日本語文の英訳ならわざわざ「任意」に該当する英単語は入れなくていいかなと感じました。
    Arbitraryの使い方を詳しく教えていただければと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト