日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第226回「学校生活の思い出」

Released: 2019.02.22

第226回目のポッドキャストのテーマは「学校生活の思い出」です。皆さんは子供の頃、学校へ行くのは好きでしたか?今日のエピソードでは、クリステンとカイが子供の時に学校へ行くのが好きだったのか、それとも嫌いだったのかについて話します。カイは学校が大好きでしたが、クリステンは真逆で、学校へ行くのが嫌でした。カイとクリステンの学校での経験はどんなものだったのか、今日の会話を聴いて考えましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「学校生活の思い出」

【Kristen】So did you like school as a kid?

【Kai】Actually, I did.

【Kristen】Mm.

【Kai】Um, I was pretty much, like a school spirit type of kid. When I was in elementary, I ran for student council president.

【Kristen】Wow.

【Kai】And I won the election.

【Kristen】Mm.

【Kai】So for my last year of elementary I was the president of my school.

【Kristen】Wow.

【Kai】And we had a thing called “junior police officers,” and what it was, was that when kids would cross the street, they would have students, like stop traffic with stop signs.

【Kristen】Oh. (laughs)

【Kai】And I also signed up for that as well. (laughs)

【Kristen】(laughs) Oh, that’s cute.

【Kai】Like, I was, like really gung-ho about…

【Kristen】Wow.

【Kai】…being in school.

【Kristen】Mm.

【Kai】And I would often study a lot.

【Kristen】Wow.

【Kai】Like, I—I would go to the library and, like read books and also do my homework at the same time.

【Kristen】Oh, such a good student.

【Kai】And then, on Saturdays, I went to Japanese schools too.

【Kristen】Mm.

【Kai】So I would—often did a lot of homework. (laughs)

【Kristen】Yeah, yeah. Very busy.

【Kai】But I never really complained about it. Like, I would have this feeling in the pit of my stomach, like, if I didn’t do my homework, like right away, like I would get, like anxiety about—like, very anxious about it.

【Kristen】Mm. “I guess—I have to get it done.” Yeah.

【Kai】Exactly, like that’s how it would be, and…I like—I really didn’t have any problems going to school.

【Kristen】Wow.

【Kai】Like, I’ve never cut school. Like, I’ve never missed any classes.

【Kristen】Wow.

【Kai】Like, even if I was sick, I would go to school.

【Kristen】Wow. Total opposite of me.

【Kai】(laughs)

【Kristen】Complete opposite. I hated school. I think um…especially middle school, was when I really started to dislike it.

【Kai】Oh.

【Kristen】Um, actually in elementary school, I had some really good memories.

【Kai】Mm.

【Kristen】Like, I had, like a really fun teacher and like, of course elementary school, you’re like, playing a lot of games…

【Kai】Right. Right, right.

【Kristen】…and doing more fun stuff. So I loved, like, I think 3rd Grade, I think was the best for me.

【Kai】Mm.

【Kristen】That was, like the best year of my life, at that time. But um, yeah. Middle school and high school were just not fun for me. Um, again, I lived in a very small town, so a very small school. And then um, it was like, everyone knew everyone and everything about everyone.

【Kai】Mm.

【Kristen】So there are no secrets. No, like privacy. No anything. Like, everyone was related too. Like, “Oh, that’s my cousin.” So it’s like, “What the heck?

【Kai】(laughs)

【Kristen】So.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. What office did Kai run for as a student in elementary school?
    カイは小学生の頃、何に立候補しましたか?
  2. How did Kai feel if he didn’t complete his homework?
    カイは、宿題を終わらせないとどのように感じていましたか?
  3. What levels of school did Kristen dislike?
    クリステンが、学校が好きではなかったのはいつですか?

 

Answers(解答)

  1. He ran for—and won—the office of student council president in his elementary school.
    彼は小学校で生徒会長に立候補し、当選しました。
  2. Kai would get an anxious feeling in his stomach if he didn’t complete his homework.
    カイは宿題を終わらせないと、非常に不安な気持ちになっていました。
  3. She disliked middle school and high school, but remembered enjoying parts of elementary school.
    彼女は中学校と高校が好きではありませんでした。しかし、小学校では楽しい時期もありました。

 

Summary(要約)

Kai and Kristen spent this episode discussing their memories attending school as children. Kai enjoyed his school experience and was very active in his schools.
今回のエピソードでカイとクリステンは、子供の頃に学校に通っていた思い出について議論します。カイは学校生活を楽しみ、とても活動的に過ごしていました。

In his last year of elementary school, Kai ran for—and won—the office of student council president. He also participated in the “junior police officers” program at his school, which allowed him to help students cross streets.
カイは小学校最後の年に、生徒会に立候補し当選しました。また学校で「ジュニア警察官」というプログラムにも参加し、道を渡る生徒たちのサポートをしました。

Kai was also very studious. He enjoyed going to the library and reading books while also doing his homework. He attended Japanese school on weekends as well, but never minded the heavy homework. Kai would feel anxious if he didn’t complete his homework, which kept him motivated to do so.
カイはまた、非常に勉強熱心でした。図書館に行くのが好きで、そこで読書や宿題をしていました。週末は日本人学校にも通っていましたが、大量の宿題を苦に感じることはありませんでした。カイは宿題を終わらせないと心配になるタイプで、そうした性格のおかげで、常にやる気をもって取り組んでいました。

Kristen on the other hand generally disliked school. Though she remembered enjoying parts of elementary school, she didn’t like middle or high school. This was partly because she grew up in a small town, where everyone knew each other and often knew lots of things about everyone else. This meant that maintaining privacy was difficult in school.
一方クリステンは、基本的に学校が好きではありませんでした。小学校で楽しい時期があったことを覚えてはいますが、中学校や高校は好きではありませんでした。彼女は小さな町で育ち、そこでは全員が顔見知りで、皆が他人について何でも知っているような環境だったことが一因でもあります。つまり、学校でプライバシーを守ることが困難だったのです。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Spirit(気分)

Spiritは、いろいろな意味を持つ単語ですが、今日の会話では、気分や機嫌、心の持ち方や考え方、という意味で使われています。Moodやattitudeの代わりに使うことができ、「上機嫌である」は、in good spirits、「休日気分である」は、holiday spiritと言います。今日の会話でカイが言った、school spiritは、彼の「愛校心」を指します。

  • I visited Luke at the hospital yesterday. He said the surgery went well. He was in good spirits.
    (昨日、ルークのお見舞いに病院へ行ったよ。手術は成功したって。元気だったよ。)
  • Golden Week is just around the corner. I’m getting into the holiday spirit.
    (もうすぐゴールデンウィークだね。休日気分になってきた。)
  • So what exactly does Japanese spirit mean?
    (大和魂って具体的に何を意味するの?)

2) Run for(〜に立候補する)

選挙に出馬したり何かのポジションに立候補することをrun forと言います。大統領や国会議員といった政治家のポジションだけでなく、生徒会役員などに立候補する場合にも使われ、いずれの場合も、投票で決まる選挙に出ることを意味します。

  • Are you going to run for student council?
    (生徒会に立候補するの?)
  • Who do you think is going to run for president in 2020?
    (2020年は誰が大統領選に出馬すると思う?)
  • I think you should run for mayor next year. You have the experience and credibility.
    (来年の市長選に出馬するべきですよ。あなたには経験があり信頼性も高い。)

3) Sign up(〜に申し込む)

Signの「署名する」という意味から、sign upは講座やイベントなどへの参加申し込みをすることを意味します。

  • 他にも、契約を結んだり、SNSに加入したり、アカウントを登録するなど、幅広い意味で使われる口語表現です。
  • I signed up to my first Skype English lesson. I’m nervous and excited at the same time.
    (初めてスカイプでの英会話レッスンを申し込みました。緊張しているのと同時にワクワクしています。)
  • Let’s sign up to this yoga class together. It’s 50% off if we sign up by the end of the month.
    (一緒にこのヨガのクラスに参加しようよ。月末までに申し込めば5割引だよ。)
  • I signed up to Instagram yesterday. I’m not really sure how to use it though.
    (昨日、インスタのアカウントに登録したんだ。使い方はあまりよく分からないけど。)

4) Gung-ho(熱心に遂行する)

Gung-hoは、非常に熱心でやる気があるさまを表します。多少、熱心すぎたり、やる気がありすぎるニュアンスがあります。本来は職務に献身的な人に対して使われていましたが、仕事に限らず、熱心な人全般に対して使えます。

  • He’s gung-ho about his job. That’s all he ever talks about.
    (彼は仕事に対して本当に熱心で、仕事の話しかしないんですよ。)
  • He’s gung-ho about moving to Japan. He’s always wanted to live there.
    (彼は昔からずっと日本に住みたいと思っていたので、日本に引っ越すことをすごく楽しみにしています。)
  • She’s gung-ho about learning English. Apparently she studies at least 5 hours every day.
    (彼女は非常に熱心に英語を勉強しています。毎日、最低5時間は勉強しているようです。)

5) Cut school(学校をサボる)

「学校をサボる」ことを、cut schoolと言います。病気などで学校を休むのではなく、単に学校に行きたくない、授業の代わりに他のことがしたい、といった理由で無断欠席することを表します。

  • その他、cut class(授業をサボる)という表現もあります。
  • Have you ever cut class?
    (授業をサボったことある?)
  • Let’s cut school today and go to the mall.
    (今日は学校をサボってショッピングモールに行こう。)
  • He got in trouble for cutting class. He’s probably going to get detention.
    (彼は授業をサボってトラブルになってた。多分、罰として居残りをさせられるだろうな。)

 

Vocabulary(単語)

  • Complain・・・不満を言う
  • Anxiety・・・心配

Expressions(表現)

  • Cross the street・・・道を渡る
  • At the same time・・・同時に
  • Pit of one’s stomach・・・お腹の底
  • At that time・・・あの時は
  • What the heck?・・・はぁ?・どういうこと?

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Seiji より:

    こんにちはジュンさん。いつも楽しく勉強させて頂いてます。今回の質問はboom です。自分なりに色々と調べてみたのですが、なかなかいい答えが見つ借りませんでした。
    このboom はどんな時に使うのですか?
    擬音的な感じでしょうか??

  2. slussen より:

    いつも投稿ありがとうございます。多くを学ばせていただいています。JUNさんは日本語の選択が上手でしっくりいく日本語にしてださるので本当に助かっています。JUNさんの教養の深さを感じます。質問ですが 今日のフレーズのsign upの例文はすべて sign up to~とtoに続けていますが、辞書ではsign up forの例文ばかりです。どちらが頻繁に使われますか?宜しくお願いします。

    • Jun より:

      slussenさん

      ありがとうございます!Hapaのコンテンツが役に立って嬉しいです。sign up forでももちろん問題ありません。sign up forのあとは、基本名詞がフォローするのに対し、sign up toのあとは動詞です。今回の例文では、例外がいくつかありましたが、基本、紹介したパターンで覚えれば問題ないでしょう。

  3. Yosuke より:

    こんにちは!毎日ポッドキャスト繰り返し聴いてとても有り難く使っています!いつも本当によいコンテンツをありがとうございます。

    今回の最後に、
    What the heck?
    とでてきましたが、どういったSituationで使うのでしょうか。また日常会話のみで使うようなイメージでしょうか。

    • Jun より:

      Yosukeさん

      いつもPodcastを聞いてくれて、ありがとうございます!What the heck?は色々なシチュエーションで使える表現で、「なんてこった!」や「一体なんだよ?」など、驚いた時やイラっとした時、または困惑した時に使えます。日常会話では結構よく耳するフレーズなので、ぜひ使ってみてください!

  4. うー より:

    いつもお世話になっています。
    会社をサボる、仕事をサボるは、cut office、cut work と言うのですか?
    よろしくお願いします。

    • Jun より:

      うーさん

      cutは基本、学校やクラスに対して使われ、仕事ではあまり耳にしない言い方です。

  5. Koki より:

    Junさん

    また誤字を発見してしまいました^^;

    pit of one’s stomach お腹を底→お腹の底

    すみませんどうしても気になってしまって…笑 あとHarry Potterの回でもHarry Potterが一箇所Happy Potterになっていたような記憶があります。

    Kai and Kristenのシリーズとてもおもしろいです!Amazon echoへの対応も個人的にとても嬉しいです!楽しみにしています^^

    • Jun より:

      Kokiさん、

      ありがとうございます!Happy Potterになってしました(笑)。両方とも修正しました!また、修正点あったらいつでも言ってください。助かってます。

      Echo持っているんですね!I’m glad you like it!

  6. Yuri より:

    Junさん、こんにちは
    いつも本当に勉強になります。丁寧に説明などして下さるので分かりやすく、とても助かっています!

    質問ですが、skipp the class とcut the classではニュアンスに違いがありますか?

    あと、海外でもアレクサでHapa英会話を再生できますでしょうか?

    • Jun より:

      Yuriさん

      こんにちは。いつもありがとうございます!skip class と cut class は基本、同じ意味でどちらを使ってもOKです。海外でも使えると思いますが、多分、Hapa英会話はアマゾンジャパンに登録されているので、Yuriさんのアレクサがアマゾンジャパンと連携していれば聞けるはずです!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト