日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第221回「ハリー・ポッター」

Released: 2019.01.18

第221回目のポッドキャストのテーマは「ハリー・ポッター」です。今日のエピソードではクリステンとカイが子供のときに読んでいた本についての会話を続けます。このエピソードでは、具体的に「ハリー・ポッター」の本について二人は議論をします。カイはハリー・ポッターの大ファンですが、クリステンは特にそうでもなく、今日の会話を聴きながら、なぜクリステンはハリー・ポッターが好きではないのかを考えましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「ハリーポッター」

【Kristen】But that reminds me. Also, I think in, like Fourth Grade I started reading, um A Series of Unfortunate Events.

【Kai】Oh, right, right. That’s a great book.

【Kristen】I really loved that series.

【Kai】Yeah.

【Kristen】Like it was so, like interesting and well-written and like, of course it has kind of that, like snarky, like kind of humor to it which, like was really fun to read at that time. And then I also really like The Princess Diaries.

【Kai】Oh.

【Kristen】Which is like, of course like—I think that my generation was kind of, like when Harry Potter started picking up.

【Kai】Right, right.

【Kristen】But I actually never got into it. (laughs)

【Kai】What?

【Kristen】I know, I know.

【Kai】(laughs)

【Kristen】Everyone hates me when I say this, but I never got into it, because…

【Kai】Why not?

【Kristen】I tried to read it and I was just like, “Oh, it’s so big,” and like all dark and, like not fun for me. I’d rather read The Princess Diaries.

【Kai】Oh.

【Kristen】I’d rather be a princess than a wizard, or something. So… (laughs)

【Kai】I cannot sympathize with that. (laughs)

【Kristen】I’m sorry. (laughs) I apologize.

【Kai】Happy Potter’s definitely up there for me.

【Kristen】Yeah, yeah.

【Kai】I mean, I think it came out when I was at least eleven…

【Kristen】Mm.

【Kai】…and my mom had brought it home. So I was telling her, right, I like read books ahead of my age.

【Kristen】Mm.

【Kai】She had brought home Harry Potter and it was on the kitchen table, and I was like, “What is this child’s book?”

【Kristen】(laughs)

【Kai】Like, what is—what is the deal with this? And then, like, my mom’s like, “I heard it’s really good. Like, you should try to read it.” And I was, like very arrogant about that, and I was like, “I don’t know about that, Mom.” And then… (laughs)

【Kristen】(laughs)

【Kai】Like, I started reading it and I literally finished it, like that day.

【Kristen】Oh.

【Kai】Like I was obsessed with it.

【Kristen】Mm.

【Kai】And I reread it again and again.

【Kristen】Wow.

【Kai】And I was like, “Oh my God, this book’s really good.”

【Kristen】Yeah, I think I read, like half of the first, and then I was just kinda (kind of) like…mm, whatever. I just kind of left, and never went back to it. I think I also, like when I watch the movies—I can’t remember which one…

【Kai】Oh.

【Kristen】But there’s one scene where, like a cat is, like killed or something.

【Kai】Oh.

【Kristen】It’s like, not really killed, or something.

【Kai】Right.

【Kristen】It’s something the teacher…

【Kai】Yeah.

【Kristen】Like, that image, like traumatized me almost a kid.

【Kai】I think that’s probably the first one. (laughs)

【Kristen】So I was really, like…’cause (because) I always loved animals, especially as a kid.

【Kai】Oh.

【Kristen】So seeing that, I was just…I couldn’t stand seeing it. Like…so that kind of, “No! No Harry Potter. I can’t. There’s a cat. There’s a dead cat. So, I can’t do it.”

【Kai】(laughs)

【Kristen】So that was another reason I could never get into it.

【Kai】But it was a really great series. I felt like, growing up with it…

【Kristen】Yeah, I understand.

【Kai】…like, I started it as a child, and I ended up finishing it off in college.

【Kristen】Yeah, yeah.

【Kai】And, like I continue the whole way…

【Kristen】Mm.

【Kai】…of, like reading those books.

【Kristen】Yeah.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. What two books did Kristen enjoy growing up?
    クリステンが子供の頃に好きだった2つの本は何ですか?
  2. At what age did Kai start reading the Harry Potter series?
    カイは何歳の時に「ハリー・ポッター」シリーズを読み始めましたか?
  3. What scene from the Harry Potter movie made Kristen averse to the series?
    映画版「ハリー・ポッター」のどのシーンのせいで、クリステンはそのシリーズが嫌いになりましたか?

 

Answers(解答)

  1. She enjoyed A Series of Unfortunate Events and The Princess Diaries.
    クリステンは「世にも不幸なできごと」と「プリンセス・ダイアリー」が好きでした。
  2. He started when he was eleven years old.
    11歳の時に読み始めました。
  3. Kristen describes a scene in which a cat is killed and this scared her because she loved animals as a child.
    クリステンはネコが殺されるシーンを述べ、子供の頃に動物好きだった彼女はそれに恐怖心を覚えたと言います。

 

Summary(要約)

Kai and Kristen continue their discussion of books in this episode. Kristen begins by talking about books she enjoyed as a child.
今回のエピソードで、カイとクリステンは本に関する議論を続けます。まずクリステンが子供の頃に読んでいた本について話し始めます。

Kristen began reading the A Series of Unfortunate Events books in the Fourth Grade. She also enjoyed reading The Princess Diaries.
クリステンは小学4年生の時に「世にも不幸なできごと」を読み始めました。彼女は「プリンセス・ダイアリー」も好きでした。

The Harry Potter series of books was becoming prominent during Kristen’s generation, though she never enjoyed reading them. Kai however loved to read Harry Potter. He began when his mother brought home the first book when he was eleven years old, and he finished the series in college.
「ハリー・ポッター」シリーズの本はクリステンの世代を対象に人気に火がつきましたが、彼女は面白いと思いませんでした。一方、カイは、「ハリー・ポッター」シリーズが大好きでした。彼が11歳の時に彼の母親が1巻を家に持ってきたのを機に読み始め、大学時代にシリーズ最終巻を読み終えました。

Kristen didn’t enjoy the series due to its dark tone. In particular, Kristen describes a scene from a movie adaptation of one of the books involving a cat being killed. This scene made Kristen averse to the entire Harry Potter series.
クリステンは「ハリー・ポッター」シリーズの暗い雰囲気が好きではありませんでした。特に、原作の映画版でネコが殺されるシーンを彼女は述べますが、そのシーンのせいでクリステンは「ハリー・ポッター」シリーズが嫌いになりました。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Well-written(よく書かれた)

Well-writtenは、本や記事、論文などがうまく書かれていることを表す表現で、文章が簡潔で理解しやすく、上手にまとめられている際に使用されます。

  • ちなみに「話し上手な人」は、a well-spoken person.と言います。
  • This is a well-written essay. Did you write this?
    (このエッセーはよく書けていますね。あなたが書いたのですか?)
  • You should ask him to be your emcee. He’s a very well-spoken person.
    (彼に司会を頼みなよ。彼、話し上手だし。)
  • This blog is excellent for English learners. It’s well written and easy to understand.
    (このブログは英語学習者には最高です。よくまとまっていて分かりやすいです。)

2) Sympathize(同情する)

Sympathizeはsympathyの動詞形で、「同情する」ことを意味します。本来は相手の苦しみや悲しみなどに対する同情の念を指しますが、単純に同意したり共感する際にも使われることがあり、必ずしも不幸な出来事に共感する場合にのみ使われるわけではありません。

  • I can sympathize with you because I’ve been through the same thing.
    (私も同じ経験をしているので、あなたに同情します。)
  • He brings up an interesting point. I sympathize with his idea.
    (彼は興味深い点を挙げています。私は彼の考えに同感です。)
  • I have no sympathy for people who don’t work hard and complain all the time.
    (努力もせずに愚痴ばかりこぼしている人には同情しません。)

3) What’s the deal with(〜はどうなっているんだ)

Dealと聞くと、「契約」や「取引」という意味が最初に思い浮かぶかもしれません。ですが、dealにはその他にも「状況」や「問題」という意味もあり、状況や事態を知りたい時に、この表現が使われます。

  • ちなみに、「What’s the deal?」だけで、「どうなってんだ?」、「何事だ?」という意味になります。
  • What’s the deal with John? Why is he in such a bad mood?
    (ジョンはどうかしたの?何であんなに機嫌が悪いの?)
  • What’s the deal with this weekend? Are we having dinner with everyone?
    (今週末はどうなってるの?みんなで食事に行くの?)
  • So, what’s the deal? Why did the meeting suddenly get cancelled?
    (どうなってるんですか?なぜミーティングが急にキャンセルされたんですか?)

4) Traumatized(トラウマになる)

Traumaは、過去に起きた衝撃的な出来事による精神的なショックや心の傷を指し、日本語でも「トラウマ」と言いますが、その動詞形がtraumatizeです。

  • 「〜に精神的ショックを受ける」はtraumatized by 〜と表現します。
  • That accident traumatized him.
    (あの事故で彼は精神的にショックを受けました。)
  • I almost drowned the first time I went surfing. That traumatized me.
    (初めてサーフィンをした時に溺れかけたんだ。あれがトラウマになってるよ。)
  • A dog bit her when she was a kid. She’s been traumatized ever since then.
    (彼女は子供の時に犬にかまれたことがあり、以来、それがトラウマになっています。)

5) Can’t stand something (〜に耐えられない)

Can’t stand somethingは「〜に耐えられない」を意味する表現です。食べ物や場所、人の振る舞いなどについて「大嫌い」というニュアンスが強く、I don’t like somethingに置き換えて使うことができます。

  • I can’t stand the smell of smoke. It gives me a headache.
    (タバコのにおいには耐えられないよ。頭が痛くなる。)
  • She’s a clean freak. She can’t stand dirty rooms.
    (彼女は潔癖症だから汚れてる部屋は耐えられない。)
  • I can’t stand cilantro. I can’t believe people eat that stuff.
    (パクチーが大嫌いなんだ。あんな物を食べるなんて信じられない。)

 

Vocabulary(単語)

  • Snarky humor・・・皮肉なユーモア
  • Wizard・・・魔法使い
  • Arrogant・・・偉そうな態度

Expressions(表現)

  • Reminds me・・・〜を思い出す
  • Picking up・・・人気に火がついた
  • Get into・・・〜にハマる
  • Up there・・・お気に入り
  • Come out・・・発売される
  • Obsessed with・・・〜にハマる

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Mika より:

    2つ質問があります。

    1.Traumatizeの使い方

    「~がトラウマになっている」を表現する際、Phrases of the day では
    (Something) traumatized (someone)
    (Someone) was traumatized by (something)
    の2とおりが記されています。
    どちらも同じことを言っているのは分かるのですが、ネイティブスピーカーはこの2つの表現の仕方をどう使い分けているのでしょうか?
    こういう場合はこちらで表現する、というような違いはありますか?

    2.call off と cancel

    Junさんのイントロで、いざ旅行に行くとなるとゴロが具合が悪くなるので中止せざるを得なくなると話していらっしゃいましたよね。
    このとき call off を使っていましたが、call off と cancel のニュアンスと使い方の違いを教えてください。

    最後になりましたが、いつも気になっていたのでお聞きします。
    Junさんが旅行に行くとき、ゴロは一人で家でお留守番ですか?それともペットホテルに預けるのですか?
    Junさんのご実家にもワンちゃんがいますよね。Yoko先生もご家族で旅行の際はワンちゃんたちはどうしているのでしょうか?
    私は小さい頃から常に犬と一緒に暮らしており、夏に家族で旅行に行くときは貸別荘などを予約して、車で犬も一緒に行っていました。我が家では旅行の際、犬をどこかに預けたことがないので、今は旅行から足が遠のいています。
     

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト