日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第204回「旅のスタイル」

Released: 2018.08.31

第204回目のポッドキャストのテーマは「旅のスタイル」です。今日のエピソードでは、ケンとディアナが旅の好みについて会話をします。人によっては事前に何から何まで全て計画する人もいれば、行き当たりばったりで流れに身を任せて旅行をする人もいます。今日の会話を聴きながら、自分がデイアナのように旅をするタイプなのか、それともケンのようなタイプなのかを考えてみましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「旅のスタイル」

【Deanna】So tell me Ken, how do you like to travel? Do you prefer…I don’t know, like backpacking style, adventurist? Do you prefer relaxing on the beach…type of thing? What do you like to do?

【Ken】Uh, well Deanna, I guess I’ve done everything. I’ve—I’ve done backpacking.

【Deanna】Mm hm.

【Ken】You know, staying in hostels. Um, I’ve traveled by myself. I’ve traveled with other people. So um, I think there are good sides, you know, pros and cons to all of those things.

【Deanna】Mm hm.

【Ken】But I’ve done it all. How ‘bout (about) you?

【Deanna】Like, my favorite type? I think…I definitely prefer the adventurist, backpacking, “don’t know what I’m gonna (going to) do today” type thing, ‘cause (because)…you know, I’ve done the group tours.
When I was in Europe, it was a cruise and you’d get a tour, you’d get a sticker, you’d have to come back at a certain time, and you just don’t get the full immersion of the culture if you’re just on a tour. So that’s just my opinion. But, yeah, I guess backpacking I’ve never done. But I want to, maybe in Thailand or something.

【Ken】Yeah. I mean I’ve done, um, a couple of cruises…

【Deanna】Mm hm.

【Ken】…and that’s all sort of prepackaged for you…

【Deanna】Which is nice, I think.

【Ken】Yeah, it’s nice. It’s relaxing, ‘cause there’s not all the planning that, you know, that would be involved in a typical trip. Um, but yeah, like you said, you don’t really feel like you’re really experiencing the culture fully.

【Deanna】Right.

【Ken】So, yeah. I mean, I definitely prefer just sort of plan(ning) my own trips. Um, you know, a lot of work in that…

【Deanna】Mm hm.

【Ken】…of course, right? Do you prepare a lot before you go, or do you kind of just wing it?

【Deanna】Never. (laughs)

【Ken】Never?

【Deanna】I don’t prepare at all. I…I mean, I guess. I think of—I’ll make a list of places I wanna (want to) see, but really I think it’s most fun when I stumble across something that the locals go to, or, you know—one technique that I like to use when I go on traveling is the first day I might do, like a hop-on/hop-off bus and just get a quick tour of what’s all around me.
And then from there, you know, the following few days I just go visit all of those places on my own. ‘Cause you get a little taste of what’s going on and then you get to dive deep into it, so, that’s what I like to do.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. What is Deanna’s favorite style of traveling?
    ディアナが好きな旅行のスタイルはどんなものですか?
  2. Why does Deanna prefer the adventurist style of travel over pre-planned tour traveling, such as cruises?
    ディアナはなぜクルーズ旅行のように旅程が決まっているパッケージツアーよりも冒険家スタイルの旅を好むのでしょうか?
  3. What travel technique does Deanna usually employ on her first day in a foreign country?
    ディアナが海外旅行先で初日に使う旅のテクニックとはどんなものですか?

 

Answers(解答)

  1. Deanna prefers the “adventurist” style, but she has never done full backpacking before.
    ディアナは冒険家スタイルの旅が好きですが、本格的なバックパックの旅はまだしたことがありません。
  2. She feels one gets a better experience of the local culture of a country when that person organizes their own travel and does their own exploring.
    自分で計画をして探索をする場所を決める方が、現地の文化をより味わえると感じるからです。
  3. She likes to take a hop-on/hop-off bus to get a quick tour of the area she’s in and then in the following days explore the places she saw on the bus.
    彼女は乗り降り自由なホップオンホップオフバスを使って周辺をざっと見て回り、翌日以降、それらの場所を改めて訪れます。

 

Summary(要約)

Ken and Deanna discuss different styles of travel in this episode and their own personal preferences. Deanna begins by citing several different styles: “adventurist,” backpacking, and more relaxed, laid-back travel.
今回のエピソードでケンとディアナは、異なる旅のスタイルと自身の好みについて話をします。ディアナがまず、異なる旅のスタイルを挙げます。冒険家、バックパックの旅と、もっとのんびりとした旅です。

Ken has done most styles of travel himself. He has done backpacking, traveled in hostels, traveled alone and with others. He feels there are pros and cons to all styles.
ケンは大抵のスタイルの旅をしてきました。バックパックの旅や、ユースホステルでの宿泊、一人旅や人と一緒に行く旅行などです。彼はどんなスタイルの旅行にも良し悪しがあると感じています。

Deanna’s preferred style of travel is the self-planned “adventurist” style, however she has yet to do fully-fledged backpacking. Both Ken and Deanna acknowledge that the preplanned touring travel styles, such as cruise trips, can be relaxing. But Deanna still enjoys traveling on her own terms, as it allows her to immerse herself more in the local culture of whichever country she’s visiting.
ディアナは、自分で計画を立てる冒険家スタイルの旅が好きですが、本格的なバックパックの旅はまだしたことがありません。ケンもディアナも、クルーズ旅行のように事前に旅程が決められているパッケージツアーはリラックスできると認めています。しかしディアナは、自分の思うがままに行動できる旅の方がより楽しめると感じています。訪れている国の文化により触れることができるからです。

Deanna has a technique she uses at the start of her trips. On her first day in a foreign country, she likes taking hop-on/hop-off buses to explore the area and get a general feeling for where she’s staying. Then in subsequent days, she tries to explore the various places she saw while on the bus.
ディアナには、旅の初めに使うあるテクニックがあります。海外に着いたまず初日に、乗り降り自由なホップオンホップオフバスに乗って周辺を探索し、大体の雰囲気を感じ取ります。そして翌日以降、それらの場所を改めて訪れるのです。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Typical(普通の )

Typicalは、「普通の」や「いつもの」という意味の単語です。 人や物、場所などが他と同じ特徴を持つことを表し、normalやusualの代わりに使うことができます。

  • 「普段は」と言う場合はtypicallyと言います。
  • It’s typical for busses to run late in LA.
    (ロスでは、バスが遅れるのはよくあることです。)
  • What’s a typical day like for you?
    (あなたの典型的な1日ってどんな感じですか?)
  • Typically I work from home. I only go into the office a few times a week.
    (普段は自宅で仕事をしています。オフィスには週に数回しか行きません。)

2) Wing it(即興でやる)

準備をせずにぶっつけ本番でプレゼンやスピーチをしたり、計画を立てずに旅行に出るなど、何かを即興でやったり思いつきのまま行動することをwing itと言います。基本的にはポジティブな意味で使われますが、明らかに準備不足であることを表す場合にも使われます。

  • Did you prepare for the speech or are you just going to wing it?
    (スピーチの準備はしたの?それとも即興でやるの?)
  • I’m just going to wing it. It’ll work out.
    (即興でやるよ。何とかなるさ。)
  • You can tell he’s totally winging it. He’s really struggling.
    (彼、準備不足なのがバレバレだね。かなり苦戦してるよ。)

3) Stumble across(〜に出くわす)

Stumbleは本来、「つまずく」を意味する単語ですが、stumble acrossは何かを偶然見つけたり、誰かとバッタリ出会うことを意味します。 Come acrossと同じ意味合いで用法も同じです。

  • Stumble onやStumble uponと表現することもできます。
  • I stumbled across a pretty cool travel site last night.
    (昨日、結構よさそうな旅行サイトをたまたま見つけたんだ。)
  • If you stumble across a word or phrase you don’t know, let me know.
    (知らない単語や表現が出てきたら言ってね。)
  • I stumbled across our high school math teacher at the mall this morning.
    (今朝、ショッピングモールで高校の数学の先生にバッタリ会いました。)

4) Hop on / Hop off (飛び乗る・飛び降りる)

Hopは片足で軽く飛ぶことを意味することから、バスや電車、飛行機などに飛び乗ることをhop on、飛び降りることをhop offと言います。特に動いている自動車に飛び乗るイメージがあり、ケーブルカーやバスに乗降する時に、hop on, hop offを使うといいでしょう。

  • ちなみに、「hop-on/hop-off bus」は、観光地などでよく見られる自由に乗り降りができるバスを指します。
  • Let’s hop on that bus. I think it’ll take us downtown.
    (あのバスに飛び乗ろう。繁華街に行くと思うよ。)
  • Let’s hop off on the next stop.
    (次の停車駅で降りよう。)
  • We hopped on the wrong bus and went the opposite way.
    (違うバスに乗ってしまって反対方向に行っちゃったよ。)

5) Get a taste of(〜を味わう)

「〜を味わう」と言う時に最適な表現が get a taste of _____です。実際に体験することで物事の良し悪しが分かったり、楽しさや苦しさを理解することを意味します。

  • I lived in Ishikawa for a few years and got a taste of country life.
    (石川県に数年住んで、田舎暮らしを味わいました。)
  • I got a little taste of what it’s like to travel alone.
    (一人旅がどんなものか、少し体験できました。)
  • I did an internship at Facebook last year and got a taste of what it’s like working for a giant tech company.
    (昨年、Facebookでインターンとして働いて、巨大IT企業で働くことがどんなものか身をもって経験しました。)

 

Vocabulary(単語)

  • Adventurist・・・冒険家
  • Immersion・・・どっぷり漬かる

Expressions(表現)

  • Pros and cons・・・良し悪し
  • I’ve done it all・・・全てやった
  • All sort of・・・色々な

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Jun Senesacが全国7都市を訪問!
待望のHAPA英会話セミナーが遂に来月スタート!!

Junが全国7都市を訪問!待望のHAPA英会話セミナーが遂に来月スタート!!

Advertisement

コメント

  1. SEIJI より:

    いつも楽しく勉強させていただいています。
    Junさんのナレーションの部で
    We visited a coffee plantation, biked through the rice fields and saw the Tegalalang Rice Terrace, which by the way is absolutely breathtaking.
    とありますが、which by the wayの使い方が解らないので教えて下さい。

    • Jun より:

      Seijiさん

      こんにちは。いつもPodcastを聞いていただき、ありがとうございます。ここでは、which だけでも通じますが、 by the way を加えることによって、て、特にテガラランのライステラスが素敵な場所であったことを強調します。which だけだと、解釈の仕方によっては、coffee plantationとrice fields全てが absolutely breathtakingだと受け取ります。

  2. tsuchiya より:

    You’d get a stickerのstickerて日本語で言うステッカーですか?

  3. ゆみ より:

    こんにちは。
    初めて質問します。
    先に質問があったナレーション部分の後がどうしても聞き取れませんでした。
    写真よりも良いという意味で、not do justice を使われているように思いますが、何と言っておられたのか教えてください。
    よろしくお願いします。

    • Jun より:

      ゆみさん

      こんにちは!おそらく、ナレーションのこの部分のことでしょう。 It’s one of those places where “pictures just don’t do justice.”
      “pictures don’t do justice”は「写真だけでは美しさが伝わらない」を意味する口語表現です!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト