日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第198回「ノースカロライナに思いを巡らす」

Released: 2018.07.13

第198回目のポッドキャストのテーマは「ノースカロライナに思いを巡らす」です。皆さんはノースカロライナ州へ行ったことがありますか?今日のエピソードでは、メアリーとトリスタンがノースカロライナ州の最も恋しいと思うことについて話し合います。 ネブラスカ州とノースカロライナ州の違いを何点か挙げ、東海岸沿いにあるちょっと変わった観光スポットも紹介してくれます。今日の会話を聴いて、ノースカロライナ州について学びましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「ノースカロライナに思いを巡らす」

【Tristan】What do you miss about North Carolina?

【Mary】Um, I miss trees.

【Tristan】Right.

【Mary】I miss mountains and the beach. Obviously there’s no beach anywhere near. It’s like a twenty-hour drive from any ocean.

【Tristan】Right, that was—that was a weird thing when we got to Nebraska. Some of my coworkers said they’re taking their kids on vacation. They’re gonna (going to) see the beach for the first time, and that’s so strange for me living so close to the beach that anybody would see the beach for the first time when they’re ten years old. (laughs)

【Mary】Right. (laughs)

【Tristan】Really bizarre. But out in the Midwest it’s all plains and prairie and it’s the first time I’ve heard the term “prairie” of course, but it’s the first time I’ve ever lived on a prairie…

【Mary】Right.

【Tristan】…or seen a prairie.

【Mary】Yeah I just miss trees. I miss there being shade when you walk around. I miss the humidity that goes along with it.

【Tristan】Right.

【Mary】I miss having…well, yeah, it’s the shade.

【Tristan】Right.

【Mary】The sun beats down and it’s super windy.

【Tristan】Right and it’s a much more boring drive. In North Carolina if you wanna (want to) drive twelve hours to get somewhere you get to pass through mountain towns and passes and roads along the mountains and through the mountains, or you get to go out through the coastal plains or somewhere near the beach.

【Mary】Right.

【Tristan】And in Nebraska it’s just prairies as far as you can see.

【Mary】Well yeah. When you’re going on road trips through the East Coast and through the mountains, there are all these, like weird tourist trap kind of places, like “World’s”…you know, “Funkiest Barn” or…

【Tristan】“Biggest Ball of Yarn” or “Biggest Rocking Chair.”

【Mary】(laughs) Right. So, like you’re driving on the highway, and there was a weird sign, and if you had time you check it out.

【Tristan】Right. Lots of caverns.

【Mary】Yeah.

【Tristan】That’s unique to North Carolina. When you drive through, they’re all sorts of tourist traps off the highway that say “Luray Caverns” or “Carlsbad Caverns.”

【Mary】Oh my gosh, remember…remember “Rock City.”

【Tristan】Rock City.

【Mary】See Rock City.

【Tristan】Yeah, big underground caves and caverns you go through and they’ve built strange houses and homes for elves and gnomes and you…

【Mary】Yeah. So I just miss…well, I mean the obvious thing I miss the most is family and friends.

【Tristan】Right.

【Mary】It’s a twenty-two-hour drive, so…it’s not like we’re going out there very often. (laughs)

【Tristan】Right. And living in North Carolina we could drive an hour and a half and go see my family or thirty minutes and see your family. Now we’re twenty hours away from anybody.

【Mary】Right. Some people might like that. Some people might say, “It’s good to be away from your in-laws.” But…(laughs)

【Tristan】Depends how much you like your family. But we like our families.

【Mary】Yeah.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. Where did Tristan’s coworkers say they were taking their children on vacation?
    トリスタンの同僚たちは、子どもたちをバケーションでどこに連れていくと言いましたか?
  2. What is “Rock City?”
    「ロック・シティ」とは何ですか?
  3. In Nebraska, how long would it take Tristan and Mary to return to their families in North Carolina by car?
    ネブラスカに住むトリスタンとメアリーがノースカロライナの実家に戻るには、車でどれくらいかかりますか?

 

Answers(解答)

  1. They were taking their children to the beaches for the first time.
    子どもたちを初めてビーチに連れていくと言いました。
  2. Tristan describes it as a strange network of caves with houses built for mythological creatures like elves and gnomes.
    トリスタンの説明では、おとぎ話に出てくるような小人のために建てられた家が中にある奇妙な洞窟群です。
  3. It would take them roughly twenty hours.
    およそ20時間かかります。

 

Summary(要約)

Mary and Tristan reminisce in this episode about North Carolina, the East Coast, and what they miss the most from that region. Mary misses the trees, mountains, and beaches in particular.
今回のエピソードでメアリーとトリスタンは、ノースカロライナや東海岸についてとても恋しく思っていることを回想します。メアリーは特に、木々や山々、そしてビーチを恋しく思っています。

Both currently live in Nebraska, and there are no beaches in their immediate area. Some of Tristan’s coworkers said that when they take their vacation, it will be the first time their children will have seen beaches before.
現在ネブラスカで暮らしている2人のすぐ近くにビーチはありません。トリスタンの同僚の中には、バケーションで子どもをビーチに連れていったら、子どもたちにとってそれが初めて海を見る経験になると言う人もいます。

Mary and Tristan both feel the driving in Nebraska is more boring than in North Carolina because in Nebraska the land is flat and mostly plains and prairies. In North Carolina, the scenery is much more varied, with mountains, beaches, and trees in the landscape. There are even strange “tourist traps,” such as “Rock City,” an attraction built in a cave network with houses for mythological creatures.
メアリーとトリスタンは2人とも、ネブラスカはノースカロライナに比べて車の運転が退屈だと感じています。ネブラスカは土地が平たんで、平原と草原ばかりだからです。一方、ノースカロライナの景色は、山、海岸、木々などのおかげではるかに豊かです。おとぎ話に出てくる生物のために建てられた家が中にある洞窟群が呼び物の、「ロック・シティ」といった観光客狙いの奇妙な場所すらあります。

What Tristan and Mary both miss most though are their family and friends in North Carolina. Back home, both of their families were within a a few hours’ drive. Now, living in Nebraska, it would take them roughly twenty hours to return.
トリスタンとメアリーが最も恋しく思っているのは、ノースカロライナに住む家族や友人です。2人の実家は、車で数時間以内で互いに行き来できる距離にありますが、現在ネブラスカに住んでいる2人は、実家に帰るのに約20時間かかります。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Out in(〜では )

out inは、「〜では」や「〜に」を意味する口語表現で、基本的にinと同じ役割を果たしますが、ニュアンスが微妙に異なります。例えば、「私はロサンゼルスに住んでいます。」と言う時に、 「I live in Los Angeles.」ではなく「I live out in Los Angeles.」とすると、ロサンゼルスが今いる場所から遠い所にあることを示唆していることになります。

  • Out in Tokyo, everyone commutes by train.
    (東京ではみんな電車で通勤します。)
  • I used to work out in Silicon Valley for a few years.
    (私は数年間、シリコンバレーで仕事をしていました。)
  • I heard it gets pretty humid during the summertime out in New York.
    (ニューヨークって夏の間は結構、蒸し暑くなるらしいね。)

2) Beat down(太陽が照りつける)

beat downは本来「打ち倒す」という意味の表現ですが、 the sun(太陽)と組み合わせて「The sun beats down.」と言うと、「太陽が照りつける」ことを意味します。日差しが強い時にこの表現を使うといいでしょう。

  • The sun is beating down today.
    (今日は日差しが強いね。)
  • Oh my gosh! It’s so hot! I can feel the sun beating down on me.
    (うわっ!すごい暑いね。日差しの強さを肌で感じるよ。)
  • Oh. It feels nice and cool in here. The sun is beating down outside.
    (中は涼しくて気持ちがいいね。外は太陽が照りつけてるよ。)

3) Road trip(車で旅行すること)

Roadは「道」、 Tripは「旅行」、すなわちRoad tripは「車で旅行すること」を意味し、かつ、普段は行かない遠く離れた場所へ行くニュアンスがあります。日本であれば、車で県外を旅行する時に使える表現でしょう。

  • 「車で旅行をする」は Go on a road tripもしくはtake a road tripと言います。
  • Let’s take a road trip this summer.
    (この夏、車で旅行に行こうよ。)
  • I went on a road trip with my friends last weekend.
    (先週末、友達と車で旅行に行きました。)
  • Do you want to go on a road trip to Nagano with me?
    (一緒に車で長野まで旅行しない?)

4) Tourist trap(観光客に高い料金をふっかける場所))

touristは「観光客」、trapは「ワナ」を意味することから、tourist trapは、「観光客に通常よりも高い値段で商品を販売したりサービスを提供したりする場所やお店」を指します。主に観光客が集まる名所で、レストランや宿泊料が地元民の相場よりも高いエリアを指します。

  • Don’t go there! It’s a tourist trap. Everything is overpriced!
    (あそこには行かない方がいいよ。観光客が多くて何でも高いから。)
  • The Taj Mahal is a tourist trap but still worth going to.
    (タージ・マハルでは観光客は高い料金をふっかけられるけど、行く価値はあるよ。)
  • If you don’t do your homework ahead of time, you’re going to fall into a lot of tourist traps.
    (事前に調べておかないと、観光客向けの高い料金を払うことになるよ。) 

5) in-laws(義理の両親)

「義理の両親」は parents-in-lawと言いますが、日常会話では略して in-lawsと言うことも一般的です。ちなみに、「義理の母親」は mother-in-law、「義理の父親」は father-in-lawと言います。

  • in-lawsは「義理の両親」に限らず義理の親戚全般を表します。
  • My in-laws are in town this weekend.
    (義理の両親が今週末、遊びに来ます。)
  • Do you get along with your in-laws?
    (義理の両親とは仲よくしていますか?)
  • My in-laws are going to stay with us for a few weeks.
    (義理の両親がうちに数週間滞在します。)

 

Vocabulary(単語)

  • Bizarre・・・おかしい
  • Yarn・・・毛糸玉
  • Cavern・・・洞窟
  • Elves and gnomes・・・奇妙な小人

Expressions(表現)

  • Plain and prairie・・・平原と草原
  • Go along with・・・〜と一緒に

 

登場人物紹介

Mary L

アメリカのネブラスカ在住。デザインとフォトレタッチの会社を経営しながら、空き時間にカフェトークで英語講師をしているが、その英会話レッスンは生徒から大好評。また彼女自身、韓国語を学ぶ生徒としてもカフェトークを利用しており、「言語を学ぶ」という点においては非常に理解が深い。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Jun Senesacが全国7都市を訪問!
待望のHAPA英会話セミナーが遂に来月スタート!!

Junが全国7都市を訪問!待望のHAPA英会話セミナーが遂に来月スタート!!

Advertisement

コメント

  1. おにぎり より:

    途中の会話でトリスタンが
    it’s the first time I’ve heard the term “prairie” of course,
    とありますが、
    It’s not the first time になるのでは思いました。
    しかし、発音が早すぎていまいち誤植か私が間違えているのかわかりません!
    解説お願いします。

    • Jun より:

      おにぎりさん

      ここは「it’s the first time」ですね。トリスタンは”prairie”って言葉を知らなく初めて聞いた、と言っているではなく、会話で”prarie”という言葉が使われるのを初めて聞いた、の意味で「it’s the first time I’ve heard the term “prairie” of course」と言っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト