日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第197回「お風呂に入る目的」

Released: 2018.07.06

第197回目のポッドキャストのテーマは「お風呂に入る目的」です。今日のエピソードではメアリーとトリスタンがお風呂とシャワー、どちらを好むかについて話し合います。トリスタンは、彼と多くのアメリカ人がなぜお風呂に入らないのかについて理由をいくつか挙げます。今日の会話を聴きながら、その理由が何なのかを考えましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「お風呂に入る目的」

【Mary】So do you…I already know. You never take baths.

【Tristan】No.

【Mary】And why not? (laughs)

【Tristan】In my mind, and I think most Americans would feel this way, you take baths when you’re a kid…when, you know, you’re a little baby, of course, you take a bath in a tiny little baby bath in a sink or whatever way parents choose to do that.
And then once you get a little bit older especially before elementary school and early elementary school, when you’re five or six, you take baths but at a certain point you switch over to showers. And I’m not sure when that is. It’s not…

【Mary】I do remember, you know as a kid you take a bath and, like when you’re finally old enough to take a shower by yourself, it’s kinda (kind of) like a mark of adulthood and independence.

【Tristan】Right, except you’re only eight years old.

【Mary】Right, right.

【Tristan】Six years old or however…

【Mary】But it is, you know, a memorable moment, like “I can take showers now and clean myself.” (laughs)

【Tristan】Right. Right, as a kid you felt very grown-up that you get to take a shower. But really that mentality stuck with me. I don’t…I think most men at least will never take a bath.

【Mary】That’s really interesting. So I take baths very regularly, as you know. But not to clean myself. Just purely for relaxing.

【Tristan】Right.

【Mary】Like I shower after the bath. (laughs) To like, wash off all the bath salts and like, funky perfume-y soaps that you might put in there. But baths for me are just relaxation now.

【Tristan】Right and I think most men after six-years-old will never take a bath again.

【Mary】Would you ever take a bath at a hotel?

【Tristan】No, it seems like a waste of time.

【Mary】I…

【Tristan】Just sit in a tub and do nothing.

【Mary】There’s something weird about taking baths. Like, I take them but I’d never take them in other people’s houses, and I never take them at hotels. Maybe because I think that it’s kind of filthy, but…it’s just a private thing that I do to relax.

【Tristan】Yeah. If you go on vacation and you’re in a nice hotel, not a…um…

【Mary】Motel.

【Tristan】Not a motel. But if you were at a resort, that would be something reasonable. I mean, I’ll sit in a hot tub.

【Mary】Right.

【Tristan】I’ll go swimming and then get in a hot tub. But I would never draw a bath and then…

【Mary】It’s not to clean yourself.

【Tristan】No.

【Mary】It’s just to relax.

【Tristan】It wouldn’t…yeah, it would just be to relax. But it’s not a thing I do ever.

【Mary】Yeah.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. Roughly, what age range do Tristan and Mary think children learn to take showers?
    大体、何歳くらいから子供は自分でシャワーを浴びられるようになるとトリスタンとメアリーは考えていますか?
  2. Does Mary take showers or baths?
    メアリーはシャワー派ですか?それともお風呂派ですか?
  3. Why doesn’t Tristan like the idea of taking baths at hotels?
    トリスタンはなぜホテルでお風呂に入るという考えが好きではないのでしょうか?

 

Answers(解答)

  1. They say around the ages of six and eight, a child learns to take showers.
    6歳から8歳くらいの間に子供はシャワーを浴びられるようになると2人は言います。
  2. She takes both. She might take a bath with perfume-y soaps, and then a shower after to wash them off.
    彼女はお風呂とシャワー、両方を好みます。香りの強いソープを入れたお風呂に入り、その後、それを洗い流すためにシャワーを浴びます。
  3. He feels doing so is a waste of time.
    時間の無駄だと感じるからです。

 

Summary(要約)

Mary and Tristan discuss taking showers versus baths. Tristan generally doesn’t take baths and prefers showers.
今回のエピソードでメアリーとトリスタンは、シャワー対お風呂の議論を交わします。トリスタンは通常お風呂には入らず、シャワーを好みます。

According to Tristan, most American children take baths as infants and toddlers, but around the age of six begin to learn to take showers. Mary remembers the first time she took a shower, feeling it signified one’s own personal maturation.
トリスタンによれば、大抵のアメリカ人は、乳児期や歩き始めといった幼い頃はお風呂に入ります。しかし6歳くらいになるとシャワーを浴び始めるようになります。メアリーは初めてシャワーを浴びた時に、それが大人になった証のような気がしたことを覚えています。

Mary herself takes both baths and showers. She likes taking baths purely for relaxation, and often puts perfume-y soaps into her baths. She may then take a shower afterwards to wash off the chemicals she enhanced her bath with.
メアリーはお風呂に入り、シャワーも浴びます。彼女は単純にリラックスするためにお風呂に入るのが好きで、香りの強いソープをよくお風呂に入れます。その後、入浴効果を高めるために使ったソープなどを洗い流すためにシャワーを浴びます。

For Tristan, even if on vacation, he still doesn’t take baths. He feels they’re wastes of time. He is willing to enter hot tubs after a swim, though. Still, he generally sticks to showers.
トリスタンはバケーション中でもお風呂に入りません。時間の無駄のように思えるからです。水泳の後に熱いお湯に浸かることはあるかもしれませんが、基本的に彼はシャワー派です。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Switch over to(〜に切り替える)

Switch overは「切り替える」ことを意味する口語表現です。iPhoneからAndroidに切り替えたり、ピアノをやめてギターを始めたり、通っていた英会話教室をやめて他の英会話教室に通い始めたりするなど、今まで使っていた物やサービスを他に切り替えることを意味します。

  • I’m thinking about switching over to an Android. How do you like it?
    (アンドロイドに切り替えようと思ってるんだ。アンドロイドってどう?)
  • Why did you decide to switch over to the base? I thought you were a drummer.
    (なんでベースに切り替えようと思ったの?君はドラマーだと思ってたよ。)
  • You should switch over to my gym. The facility is much nicer and it’s cheaper.
    (僕の通ってるジムに切り替えた方がいいよ。設備はすごくいいし、もっと安いよ。)

2) Grown-up(大人)

Grow upは「成長する」や「大人になる」を意味する動詞表現ですが、 grown-upは「大人」や「成人」を意味する名詞です。 Adultと意味は似ていますが、 grown-upには年齢にかかわらず振る舞いや行動が成熟し、精神的に成長している人を指すニュアンスがあります。

  • また、grown-upは子供が成長した状態を表し、子供やティーンエージャーに対して使われる傾向があります。
  • When I’m a grown-up, I’m going to be become a firefighter.
    (僕は大人になったら消防士になるんだ。)
  • You’re grown-up now. You have to take responsibilities for your actions.
    (もう大人なんだから、自分の行動に責任を持たないと。)
  • I can’t believe your daughter is all grown-up now. The last time I saw her she was still in elementary school.
    (娘さんがそんなに大きくなったなんて信じられない。最後に会った時はまだ小学生だったのに。)

3) Wash off (洗い落とす)

wash offは、調理前に野菜を洗ったり化粧を洗い落とすなど、基本的に水で汚れを「洗い落とす」「洗い流す」ことを意味する表現です。

  • Can you wash off these vegetables?
    (この野菜を洗ってくれる?)
  • My sister is washing off her makeup right now.
    (私の妹は今、洗顔で化粧を落としています。)
  • Make sure you wash off before you get in the bathtub.
    (お風呂に入る前に体を洗い流してね。)

4) Funky(臭い)

Funkyは音楽のジャンルFunk(ファンクの音楽)から由来した言葉で、ジャズやブルース、ソウルなどの音楽を混ぜ合わせたリズムを指します。
ファッションやトレンドに対してfunkyと言うと「スタイリッシュな」や「変わった」という意味ですが、においに対しては、「臭い」という意味で使われます。

  • Ew. What’s that smell? It’s smells funky in here.
    (うわっ!何このにおい?ここ、臭いんだけど。)
  • You should check out that bar. It has a funky vibe to it.
    (あのバーに行ってみるといいよ。ちょっと変わった雰囲気があるから。)
  • Have you ever had natto before? It smells really funky.
    (納豆を食べたことある?すごく臭いよ。) 

5) -y(〜ぽい)

「〜のような匂いがする」や「〜っぽい味がする」と表現する際に、アメリカ人は 「It smells _____-y.」や 「It tastes _____-y.」のように、名詞の語尾に yを加えた言い方をよくします。 watery(水っぽい)やfishy(魚臭い)のような既存の単語の他に、今回の会話でメアリーが言った perfume-y(香水のような匂い)のように、独自で作った単語で表現することも日常会話ではよくあります。

  • It smells seafood-y in this room. Is someone eating fish?
    (この部屋、シーフードっぽい匂いがする。誰か魚食べてる?)
  • You might not like this. It has a cilantro-y flavor.
    (これ、君の口に合わないかもしれない。パクチーっぽい味がするよ。)
  • This restaurant is really cool. It has a beach-y feel to it.
    (このレストラン、本当にいいね。ビーチっぽい感じがするよ。)

 

Vocabulary(単語)

  • Mark of・・・証
  • Purely・・・純粋に

Expressions(表現)

  • Take bath(s)・・・お風呂に入る
  • In my mind・・・私が思うには
  • At a certain point・・・ある時点から
  • Sit in a tub・・・浴槽に浸かる

 

登場人物紹介

Mary L

アメリカのネブラスカ在住。デザインとフォトレタッチの会社を経営しながら、空き時間にカフェトークで英語講師をしているが、その英会話レッスンは生徒から大好評。また彼女自身、韓国語を学ぶ生徒としてもカフェトークを利用しており、「言語を学ぶ」という点においては非常に理解が深い。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Tomohiro より:

    毎度Hapa 英会話を利用させていただいております。
    Right, except only you’re only eight years olds nowの意味を把握することができませんでした。アメリカでは8歳になるまでに1人でシャワーを浴びらようになることが一般的ということでしょうか?説明していただければ幸いです。

    • Jun より:

      Tomohiroさん

      こんにちは。トリスタンはここでは皮肉めいた言い方をしています。メアリーは「1人でシャワーが浴びれることが大人である証だ」と言ったことに対して、トリスタンは「そうだね。まだたった8歳だってことは別としてね。」のように皮肉を言っています。アメリカ英語のsarcasmは難しいですね(笑)

  2. yutsudo yoshihiro より:

    質問です
    It smellsとIt’s smellsの両方の表現がありますが、どちらも正しいのでしょうか?
    Junさんは、It’sと言っているように聞こえますが…

    • Jun より:

      yoshihiroさん

      こんにちは。「It smells」が正しい表現の仕方です。「It’s」と聞こえるのはおそらく、「It」と「smells」を続けて言っているので「Itsmells」のように聞こえるのだと思います。

      • yutsudo yoshihiro より:

        ありがとうございます
        後に連なる単語によって、聞こえ方が違う事が、よくわかりました

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト