日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第182回「正式なお付き合い」

Released: 2018.03.16

第182回目のポッドキャストのテーマは「正式なお付き合い」です。今日のエピソードではブライアンとエレーナは、デートをしている二人は、どの時点で単なるデート相手から正式なカップルになるのかについて話し合います。デートに行く回数なのか?告白しないといけないのか?それとも、それよりもっと複雑なのか?聴いてみましょう!

iTunesでダウンロード

 

会話内容「正式なお付き合い」

【Brian】After how many dates do you know that your relationship is official?

【Elaina】So I don’t go by date. I go by, “You need to tell me.” (laughs)

【Brian】Okay.

【Elaina】I—I do not like mixed signals, I do not like beating around the bush. I hate all of that. You need to tell me exactly what you are thinking.

【Brian】Mm.

【Elaina】And I know so many women will ask that, uh, “Are we together? Are we together now? We’ve done stuff together,” or, “We’ve been on nine dates,” and…or, “He’s kissed me,” or, “He’s met the parents.” And personally, I don’t think you should be taking them home to the parents unless they are in a committed relationship, a very clear one.
Um, so yeah. I—I think it’s important for people to be very straight with that. Like, “Hey, guess what? We are boyfriend and girlfriend now.” (laughs)

【Brian】Okay, so, uh I guess to touch up on that, how would that conversation go? Like, what kind of confirmation? Do they just say, “Okay, we’re dating,” or is there…how would they say that?

【Elaina】I think it’s polite and just shows that you care about the person to ask. Like, whether it’s the man or the woman in all honesty. It’s like, “Hey, I really like you. I love spending time with you. We’ve been on several dates, and I want you to be my girlfriend,” or, “I want you to be my boyfriend.”

【Brian】Okay, so after a few dates, it’s still not clear that you are boyfriend and girlfriend? I guess, like…

【Elaina】Uh, in all honesty, in uh…

【Brian】(laughs)

【Elaina】In today’s day and age, women date around a lot more than we used to. (laughs)

【Brian】Okay, okay.

【Elaina】So you don’t know if they’re—they are seeing Tom on Friday, and you on Saturday, and Phil Wednesdays, so.

【Brian】Oh, fair enough, fair enough. Yeah, that’s true.

【Elaina】If you want them to just see you, then… (laughs)

【Brian】Right, okay so there’s gotta (got to) be, like that confirmation. Like, uh, “I like you. Here’s my number. Here’s you know, here’s…you know, let’s meet up again and let’s keep this going,” kind of confirmation? Yeah.

【Elaina】Yeah or just, like saying…’cause (because) I think it’s popular for both men and women to, when they are in the dating scene, to date more than one person.

【Brian】Right.

【Elaina】Unless they are clear, “I am going to commit myself to you.” So, no more of anyone else.

【Brian】Right. Mm hm, yeah, that’s interesting.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. For Elaina, how should two people who are dating decide that they’re officially boyfriend/girlfriend?
    デートをしている2人はどのようにして正式に彼氏・彼女の関係であると決めるべきだとエレーナは考えていますか?
  2. For Elaina, what is a good time to take someone you are dating home to your parents?
    デートの相手を家に連れていき両親に会わせるタイミングはいつがよいとエレーナは考えていますか?
  3. Why does Elaina think that honest, frank conversation with the other person is important for the establishment of a true relationship?
    なぜエレーナは、本物の関係を築くためには相手との正直で率直な会話が重要であると考えていますか?

 

Answers(解答)

  1. Either the girl or the boy should simply tell the other how they feel, and that they want to be a couple.
    どちらかが相手に自分の気持ちを伝え、付き合いたいと言うべきだと考えています。
  2. Elaina thinks you shouldn’t introduce someone to your parents until you’re officially a couple.
    エレーナは、正式に付き合っている相手でなければ両親に紹介するべきではないと考えています。
  3. She says today men and women often date multiple people at once, so if a person likes another enough, they should say so directly.
    今日では男性も女性も同時に複数の人とデートをしていることがよくあるため、相手のことが好きならば、はっきりと言うべきだとエレーナは言います。

 

Summary(要約)

In this episode, Brian asks Elaina at what point do two people in a relationship go from simply dating one another to becoming a couple. For Elaina, it’s less about the number of dates the two people have had, and more about honest communication.
今日のエピソードでブライアンは、デートをしている2人は、どのタイミングでただのデート相手から正式なカップルになるのかとエレーナに尋ねました。エレーナは、それは2人が重ねたデートの回数ではなく、正直なコミュニケーション次第だと言います。

Elaina doesn’t like it when people “beat around the bush” and are shy about what they want. She prefers people speak their minds frankly.
エレーナは、回りくどい言い方や、自分の気持ちを伝えることをためらうのは好きではありません。自分の気持ちを率直に伝えることを好んでいます。

She believes that if someone likes another person enough to become a couple, they should tell the other directly. Brian asked how such a conversation could begin, but Elaina insists that genuine, direct dialog with the other person is the best way to do this.
付き合いたいと思えるくらい相手のことを好きであれば、はっきり言うべきだとエレーナは信じています。そのような会話がどのように始まるのかとブライアンは尋ねますが、エレーナは、誠実かつ率直な気持ちで相手と話をするのが一番だと主張します。
Elaina says part of the reason for her view is the culture of dating in today’s society. Men and women are often dating multiple people at any given time, and so if someone wants to be the only person another goes out with, they need to declare their interest honestly.
エレーナは、自分がそう考える理由の1つに、今日の社会におけるデートの仕方があると言います。男性も女性も、複数の人とデートをしていることが多いため、相手にとってオンリーワンの存在になりたければ、その気持ちを正直に伝える必要があるのです。

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Go by (〜に基づいて行う・判断する)

Go byは、ある情報や出来事に基づいて判断や意見、または行動することを意味します。また、誰かの発言を信じたり受け入れたりして行動する意味合いもあります。

  • You’ve never made curry? Just go by the instructions on the box. It’s really easy.
    (カレーを作ったことないの?箱に書いてあるレシピに従って作ればいいんだよ。とても簡単だよ。)
  • I know things are different in your country but this is Japan. You have to go by our rules.
    (あなたの国と事情が違うのは分かりますが、ここは日本です。日本のルールに従わないといけません。)
  • If I were you, I wouldn’t go by what he said. He’s pretty unreliable.
    (私があなたなら、彼の言うことは信じません。彼は全く信頼できないので。)

2) Mixed signal(曖昧な印象・メッセージ)

Mixedは「混ざった」、 signalは「信号」を意味することから、Mixed signalは、「はっきりしないメッセージ」を送ることを意味し、言動が一致しないために人を混乱させたり困らせる意味合いがあります。恋愛関係でよく耳にする表現ですが、友人関係や職場など、人間関係全般において使われます。

  • She keeps sending me mixed signals. I’m not sure if she likes me or not.
    (彼女はいつも言動が曖昧なんだ。僕のことが好きなのか嫌いなのかよく分からないよ。)
  • She’s giving you mixed signals? Maybe she’s just playing hard to get.
    (彼女の態度が曖昧だって?彼女、わざと気のないふりをしてるんじゃない?)
  • None of us are sure what’s happening with the company. We are getting mixed signals from the top.
    (誰も会社の状況を把握できていません。上層部の対応がはっきりしないんです。)

3) Beat around the bush(遠回しな言い方をする)

Beat around the bushは、「遠回しな言い方や回りくどい話し方をする」ことを意味します。言いたくないことや話しづらいことについて、要点をできる限り避けて話す様子を表します。

  • Stop beating around the bush and get to the point.
    (遠回しな言い方はやめてはっきり言って。)
  • Let’s not beat around the bush and just cut to the chase.
    (遠回しな言い方はしないで単刀直入に話しましょう。)
  • It drives me crazy when my coworkers beat around the bush.
    (同僚の回りくどい言い方にはイライラする。)

4) Date around(いろいろな人とデートする)

真剣な付き合いを求めず、いろいろな人と気軽に付き合うことを date aroundと言います。最近のアメリカでは、真剣な交際をする前に date aroundする人も多くなってきているようです。基本的に、date aroundする人に対してマイナスな印象はありませんが、 date aroundしすぎると、当然、遊び人と見なされてしまいます。

  • I’m not looking for anything serious right now. I’m just dating around.
    (今は真剣な付き合いは求めてないんです。気軽にいろんな人とデートをしています。)
  • Do you think it’s important to date around before committing to a serious relationship?
    (真剣交際をする前に、いろいろな人と付き合うことは重要だと思いますか?)
  • He broke up with his girlfriend a few months ago and now he’s dating around.
    (彼は数ヵ月前に彼女と別れて、今はいろいろな人とデートをしています。)

5) Fair enough(納得して認める)

Fair enoughは直訳すると「十分に公平」ですが、日常会話では、「OKです」や「納得です」といった相づち表現として使われます。初めは相手の意図が理解できなかったり考えに納得していなかったが、妥当な説明を受けて納得したり一理あると認めたりする状況でfair enoughが使われます。

  • You were late this morning because the trains were stopped? Fair enough.
    (電車が止まっていて遅刻したんですか?分かりました。結構です。)
  • Fair enough. If that’s the case, I’ll extend your deadline to next Friday.
    (分かりました。それならば締切を来週の金曜日に延長します。)
  • Fair enough. I see where you are coming from.
    (納得です。あなたがどうしてそう思うのか理解できます。)

 

Vocabulary(単語)

  • (Relationship is) official・・・正式に(付き合う)
  • Committed relationship・・・真剣に付き合う
  • Confirmation・・・確認

Expressions(表現)

  • Straight with・・・はっきりさせる
  • Touch up on・・・それに関して言うと
  • In today’s day and age・・・現代では

 

登場人物紹介

Brian

アメリカのワシントン州にある小さいな田舎町で生まれ育つ。現在はタイに在住し、企業や語学学校、それにオンライン(カフェトーク)で英語講師をしながら、外国語としての英語教授法の検定やケンブリッジ大学のTKTの取得を目指す。英語を教えることに非常に高い情熱を持つカフェトークの人気講師の一人。
カフェトークのプロフィールはこちら

Elaina

アメリカ出身。毎月新しい国へ行くぐらい旅行が好きで、これまでバックパッカーでヨーロッパ20か国以上を旅行した経験を持つ。日本のアニメファンで、いつか日本で暮らし働くために日本語を学習中。レッスンではネイティブがよく使うフレーズやイディオム、発音を中心に教えているカフェトーク人気講師の一人。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. より:

    解答3の”今日では”の読み方は”こんにちでは”が適切ですよ😊

    • Jun より:

      間違えちゃいましたね!恥ずかしいー。教えてくれてありがとうございます!次回はミスしません(笑)

  2. なおみ より:

    知っている講師同士の会話が続いているので興味深いです。
    このシリーズのあとはもう少し年齢が上の世代向けのトピックをお願いします。

    それから日本語のめんどくさいところの1つですが、JUNさんがおっしゃった「きょうでは」は「今の時代では」という意味だったと思うのですが、その時は「こんにちでは」と言うのが自然かと思います。たとえば「私が今日あるのはあなたのおかげです」の「今日」は「きょう」ではなく「こんにち」と読みます。

    • Jun より:

      なおみさん

      こんにちは。講師たちのレッスンを受講したことがあるんですね!トピックのご提案、ありがとうございます。今後も様々なトピックをPodcastで取り入れようと思っています、フィードバックはありがたいです。読み間違えてしまいました!日本語も難しいですね。しかし、これで今後は「こんにち」の言い方は忘れないでしょう。Thank you!

  3. あいこ より:

    日常会話で使いやすいフレーズがたくさんあり、ありがたいです。

    一つ質問ですが、5の1番最初の「Fair enough」の「結構です」は、「結構です。(おかえりください。その言い訳は認めません)」の意味合いですか?それとも、「結構です。(納得しましたので、問題ありません)」の方でしょうか?それとも、その後の文脈によって、意味は異なってきますか?

    「結構です」自体にいくつか意味合いがあるので、教えてもらえると助かります。

    • Jun より:

      あいこさん

      いつもHapa英会話で学習していただき、ありがとうございます。「Fair enough」は「納得しました、問題ありません」の「結構です」。日本語の「結構です」は文脈によって様々な意味があるので難しいですね。

  4. ちか より:

    Elainaさんになってからクリアな音声で聞きやすくなりました。毎週の更新が楽しみです。
    私たちが英語を学んでいるようにこちらに登場するネイティブでも外国語を勉強している方がいると思います。過去に取り上げたトピックかもしれませんが、そういうネイティブの方たちがどのようにして外国語を学んでいるか教えて欲しいなと思います。また、先生たちの出身国や住んでいる市や町のユニークなイベント、習慣、海外旅行先での体験、先生たちが経験したアルバイト(part time job)などについても知りたいです

    • Jun より:

      ちかさん

      Podcastに登場している多くの方は過去に外国語を勉強された人たちです。しかし、Podcastのテーマとしてそれを取り上げたことがないので、非常に興味深いトークになるかと思います。ご提案ありがとうございます!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト