日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第176回「変化」

Released: 2018.01.26

第176回目のポッドキャストのテーマは「変化」です。皆さんは今年、何か変えようと思っていることはありますか?今日のエピソードでは、ベッカとメアリーが自身の生活の中で変えたいと思っていることについて話し合います。今日の会話を聴きながら、皆さんも自分の生活の中で今年はどんなことを変えたいのか考えてみましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「変化」

【Mary】So what’s something you wanna (want to) do differently next year?

【Becca】I think next year I would definitely like to be living somewhere on my own. I’ve lived with either friends, or traveled with friends, or ended up back at my parents’ house a lot of times.
But I would really like to move somewhere new, and actually on my own, so that’s kinda (kind of) the top of my list.

【Mary】For me, it’s a bit more nebulous. I guess my constant goal is to use my time more wisely. (laughs)

【Becca】Yeah.

【Mary】Like not waste my free time. Um, like you mentioned, reflecting back over the past year, whenever I do that, I always think, like, “How much time did I waste doing X activity? And at the end of my life, am I going to be happy I watched thirteen seasons of SVU, or will I be proud that I accomplished something with that time?”
So I just try to keep that in mind. I think that’s my…that’s my, kind of general goal. Do you have anything like that yourself? Other than moving out, but like a thing to accomplish?

【Becca】Yeah, kind of in a general way, I’ve been thinking about the people that I spend time with, and I would really like to get into more of a community with creative people and really positive people.

【Mary】Oh yeah.

【Becca】So I’d like to be more intentional about being around especially creative and positive people, so.

【Mary】Yeah, that makes such a huge difference. Um, I had…I stayed at an Airbnb with this woman who was an artist, and she just—I’d studied art in college, and I haven’t done it since—but when I stayed with her, she just, like built art into her life everyday, and like while I was staying with her, it changed my life. (laugh)
Um, it’s really, you know…it makes a big difference to, like intentionally alter your environment like that.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

 

Questions of the day(今日の質問)

  1. Who has Becca lived with in the past?
    ベッカは過去に誰と暮らしていましたか?
  2. What is Mary’s goal for 2018?
    メアリーの2018年の目標は何ですか?
  3. Who did Mary live with when she lived in an Airbnb?
    メアリーはAirbnbで誰と暮らしましたか?

 

Answers(解答)

  1. She’s lived with friends, her parents, or traveled with friends.
    彼女は友人や両親と暮らすか、友人と旅行に行ったことがあります。
  2. She wants to make better use of her free time.
    彼女は自由な時間をより有効に使いたいと思っています。
  3. She lived with a woman who was an artist.
    彼女は芸術家の女性と暮らしました。

 

Summary(要約)

In this episode, Becca and Mary discuss their goals for 2018, and what changes they’d like to make in their own lives. For Becca, she’d like to live on her own.
今回のエピソードで、ベッカとメアリーは2018年の目標や、自身の生活においてどのような変化をもたらしたいかについて話をしました。ベッカは、一人暮らしをしたいと思っています。

Becca had in the past lived either with her parents, traveled with friends, or lived with friends. She never had lived on her own, and her goal is to travel to a new place and find somewhere she can live on her own.
ベッカは過去に両親と暮らすか、友人と旅行に行くか、友人と暮らしたことがありますが、一人暮らしは一度もしたことがありません。そのため、新しい場所へ旅をして一人で暮らす場所を見つけることが彼女の目標です。

Mary’s goal for 2018 is to spend her time more wisely. She wants to find use for her time that are most productive than, for example, watching TV shows.
メアリーの2018年の目標は、時間をより有効に使うことです。彼女は自分の自由な時間を、例えばテレビ番組を見て過ごすよりも、最も生産性の高いことに費やしたいのです。

Becca says that in 2018, she wants to build a community around her of positive and creative people. Mary thought that was a good idea, and gave an example from her own life. Mary once lived in an Airbnb, which she shared with a woman who was an artist. This woman brought art into Mary’s life, and Mary enjoyed the experience.
ベッカは、2018年はポジティブでクリエイティブな人たちとのコミュニティを築きたいと思っています。メアリーは、それはいい考えだと思い、自身の経験から例を挙げました。メアリーはAirbnbで芸術家の女性と一緒に暮らしたことがあります。この女性はメアリーの生活をアートで彩り、メアリーはその経験を楽しみました。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) On one’s own(一人で〜)

On one’s ownは一人で何かをすることを表す表現です。「一人暮らしをする」はlive on one’s own、「独学で学ぶ」は learn on one’s ownのように、 on one’s ownの前に動詞がきます。By oneselfも同じ意味を持ち、日常会話では置き換えて使うことができます。

  • How long have you been living on your own?
    (一人暮らしを始めてどれくらい経つの?)
  • I watched a bunch of YouTube videos and learned how to play the guitar on my own.
    (YouTubeの動画をいっぱい見て、独学でギターの弾き方を覚えました。)
  • Can you leave me alone? I just want to be by myself.
    (放っといてくれない?一人でいたいんだ。)

2) Top of one’s list(最もやりたいこと)

この表現で使われる listは「やりたいことリスト」や「行きたい場所リスト」を指し、その中でも上位に入っているものが Top of one’s listになります。例えば、「今年は色々な国に行きたいけど、中でもギリシャに行きたいな」は、 「There are many places I want to go but Greece is at the top of my list」と言うことができます。実際にリストに書き出す必要はなく、頭の中のリストとして考えればいいでしょう。

  • Running a marathon is at the top of my list this year.
    (マラソンを走ることが、今年1番やりたいことの1つです。)
  • Where do you want to travel to this year? Which country is at the top of your list?
    (今年はどこに旅行に行きたい?1番行きたい国はどこ?)
  • I wouldn’t say climbing Mt. Fuji is at the top of my list. I do want to climb it eventually though.
    (富士登山は1番やりたいことでもないな。いつか登りたいとは思ってるけど。)

3) Use time wisely(時間を有効に使う)

Wiseは「賢い」を意味することから、 use time wiselyは「時間を有効に使う」ことを意味します。 Use time efficientlyも同じ意味ですが、日常会話では use time wiselyの方がよく使われます。

  • Life is short. You have to use time wisely.
    (人生は短いので、時間を有効に使わないとね。)
  • We only have a half a day to spend in Kyoto. We have to use our time wisely.
    (京都にいられるのはたった半日しかないから、時間を有効に使わないとね。)
  • Quit dilly-dallying and use your time more wisely.
    (ダラダラしてないで、時間をもっと有効に使いなさい。)

4) Keep in mind(覚えておく)

この表現は、相手の言ったことやアドバイスなどに対して「覚えておきます」「心に留めておきます」と言う場合に使うフレーズです。例えば、マラソンのレース前に経験豊富な先輩から「周りに流されるな」とアドバイスされたら、 「I’ll keep that in mind(そのことを覚えておきます)」と返すといいでしょう。逆に、相手に覚えておいてほしいことがある場合は、「Keep in mind that____」と言います。

  • Keep in mind this is only his first week at work. Cut him some slack.
    (彼がここで働き始めてまだ1週間だということを忘れないで。大目に見てあげなよ。)
  • You really can’t take anything in life for granted. I always try to keep that in mind.
    (人生何事も当たり前だと思ってはいけないよね。いつもそれを忘れないようにしてるよ。)
  • Keep in mind that you only have 1 hour to finish the test.
    (試験時間は1時間しかないことを忘れないように。)

5) Make a difference(効果がある)

Make a differenceを直訳すると「違いを作る」ですが、この表現は、ある行動によってポジティブな変化や結果が生まれることを意味します。例えば、留学経験が英会話力に大きな影響を与えた場合は、 「Studying abroad really made a difference」と言うことができます。

  • Writing your goals down on a piece of paper really makes a difference. You should try it.
    (目標を紙に書き出すと本当に効果あるから。やってみな。)
  • Joining an English study group has made a huge difference. We all keep each other accountable.
    (英語の勉強会に参加することで大きな効果を感じています。みんな互いに責任を持って学習しています。)
  • It doesn’t make a difference. Just choose one!
    (どれでもいいから1つ選んで!)

 

Vocabulary(単語)

  • Nebulous・・・漠然と
  • Reflect・・・振り返る
  • Intentional・・・意図的に

Expressions(表現)

  • End up・・・結局
  • Move out・・・家をでる
  • Built art into her life・・・生活の中にアートを組み込む

 

登場人物紹介

Mary L

アメリカのネブラスカ在住。デザインとフォトレタッチの会社を経営しながら、空き時間にカフェトークで英語講師をしているが、その英会話レッスンは生徒から大好評。また彼女自身、韓国語を学ぶ生徒としてもカフェトークを利用しており、「言語を学ぶ」という点においては非常に理解が深い。
カフェトークのプロフィールはこちら

Becca

アメリカのカリフォルニア出身。大学生のときに日本と韓国での留学経験もあり、日韓それぞれの文化についてはある程度理解がある。彼女自身も日本語と韓国語を学んでいるので、言語を学ぶ難しさを十分に理解しており、その点をしっかりと考慮された様々なタイプのレッスンを提供している。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Jun Senesacが全国7都市を訪問!
待望のHAPA英会話セミナーが遂に来月スタート!!

Junが全国7都市を訪問!待望のHAPA英会話セミナーが遂に来月スタート!!

Advertisement

コメント

  1. Nana より:

    コメント失礼します!

    質問があるのですが、
    「人生何事も当たり前だと思ってはいけないよね」の文について、
    自分の事を言っているのになぜYouを使うのか分かりません(・・;)
    後、grantedはこの文でいうと、どう言った意味でしょうか?

    • Jun より:

      Nanaさん

      こんにちは!ここで使われる「You」は「あなた」ではなく、「一般の人」を指す意味合いが込められています。

  2. Rie より:

    こんにちゎ!毎日HAPA英会話にお世話になってます✨

    She wants to find use for her time that are most productive than, for example, watching のshe wants to find use のfind use を続けて使うことはできるのですか?
    教えてくださいっ

    • Jun より:

      Rieさん

      こんにちは!いつもHapa英会話で学習していただき、ありがとうございます。ここでの「use」は動詞の「use」ではなく、名詞の「use(使用・利用)」なので問題ありません。Find use for/in はお決まりのフレーズとして使われますので覚えておくといいでしょう!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト